支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

    終点のツェルマットで乗り換えてゴルナーまで4

    氷河急行がツェルマット駅に到着。
    約8時間の長い旅を終えました。






    ここからGGB
    (ゴルナーグラートバーン)
    に乗ります。
    山へ上るけど、下り最終電車です。




    マッターホルンです。
    GGBの車窓から撮影。
    雲がかなりかかってますね。
    明日の朝に期待しませう。




    ゴルナーグラート展望台に着きました。
    ここに一軒宿のホテルがあります。
    クルムホテル・ゴルナーグラートというホテルで、
    ここはわたくしイチオシです。
    寝そべりながらマッターホルンが見えます。
    ただ、高度3100mなので、高山病に注意です。


  • 「終点のツェルマットで乗り換えてゴルナーまで」へのコメントはコチラから (0)
  • 氷河急行の食事です5

















    クール駅に着くと、窓全開の一般車輌は切り離されます。
    この車輌の窓のお陰でランドヴァッサー橋の撮影ができました。
    終点までこれに乗りたいのですが、
    イヤでもパノラマ車輌に乗らなければなりません。
    パノラマ車輌は乗車券の他に指定料金3000円。
    ぼったくぅりぃ〜。

    氷河急行には一部を除いて食堂車がありません。
    そのかわり、席まで温かい食事を運んでくれる
    ケータリングサービスがあります。
    これもプチぼったくり。
    1人あたり約4100円です。
    おー、スイスプライス!!
    ほとんどの人が食事を頼むので、
    食事がないとちょっとひもじいです。

















    クール駅を出るのは、ちょうどお昼を過ぎたあたり。
    お食事タイムとなります。
    座席番号ごとに予約されるので、
    自分の席に戻らないと食いっぱぐれます。

















    さてさて、まずは前菜のミックスサラダです。
    今日はフレンチドレッシングでした。

















    メインは子牛とキノコのクリーム煮、麦飯と温野菜添え
    アツアツに温められたお皿が出てきたと思うと、
    すぐに3人のお給仕が交代できて3種の料理を順に盛ります。
    最初はちょっとずつ盛られますが、
    お代わりをサーブしに再度来てくれます。

















    デザートはラズベリーソースの入ったレアチーズケーキ
    甘すぎない上品なお味でした。
    ちなみにコーヒーは別料金です。


  • 「氷河急行の食事です」へのコメントはコチラから (0)
  • 今日は氷河急行を全線制覇です5

    今日はサン・モリッツからツェルマットを経由して
    ゴルナーグラート展望台まで大移動です。
    サンモリッツからツェルマットまで氷河急行で約8時間。
    氷河急行全線を制覇します。
    ゴルナーまで今日中に行くには、
    サン・モリッツ10時04分発が最終になります。















    さて、氷河急行のパノラマカーを予約しました。
    っていうか、パノラマカーしかないんです。
    ちょっと聞こえのいい展望車輌なんですが、
    日除けも荷棚もないし、窓も開きません。
    ガラス張りなので、晴れたらただの温室です。
    1等でも席はリクライニングしないし。
    私は理系なので、列車の強度とか考えてしまいます。
    ほとんどがガラスなので、何かあればグニャっと・・・
    (結構嫌ってますね・・・)

    サン・モリッツからクールまでは普通車を弊結しているので、
    それまで普通車に乗ります。
    普通車の窓は一段下降窓で、ヘソの位置まで下がるので、
    窓から乗り出して撮影するにはもってこいです。

    今日のミッションは車窓から通過中のランドヴァッサー橋を撮ることです。
    当然、パノラマ車輌からの撮影はできないに等しいです。
    さて、一般車の2等車に移動。
    これから撮影まで待機です。
    橋はツェルマットに向かって進行方向に左カーブなので、
    進行方向左側に席を取ります。

    サンモリッツからちょうど一時間。
    最寄のフィリズール駅を出るとすぐトンネルに入ります。
    トンネルを出てすぐブリッジなので、
    トンネルの中で窓を開けたままカメラを構えて待機します。

    トンネルを出るとすぐランドヴァッサー橋です。
    明るく開けたと同時にもう橋の上です。
    必至でシャッターを押しました。
    もうすこし広角で撮りたかったのですが、
    乗り出した前の人を画面に入れないように
    焦点距離50〜70mm付近で撮影。
    出来栄えは、まあまあかな(^o^)q




























































    ちなみに氷河急行は今年、世界遺産に登録されるか否かユネスコによって決定されます。


  • 「今日は氷河急行を全線制覇です」へのコメントはコチラから (0)
  • トラブル発生!1

    8c9c06bc.JPG緊急事態発生!
    5Dのミラーが外れやした。
    ひぇ〜ってカンジです。
    とりあえずガムテで応急処置しますが・・・
    ピンセット持ってきてヨカッタ。
    まったく、ツイてないです(>_<)


  • 「トラブル発生!」へのコメントはコチラから (0)
  • 氷河急行名物の橋を・・・

    4382f3bb.JPG
    今日は氷河急行の名物地点、 ランドヴァッサー橋の撮影に行きます。
    川床から65mもあり、 フランスのポンデュガールなどの水道橋を想わせます。
    スイスの観光パンフには、必ずと言っていいほど出ています。
    スイスの鉄道の代名詞とも言える氷河急行。
    文字通り、昔は氷河スレスレを通ったのですが、 豪雪地帯ということで、
    フルカトンネルというトンネルを掘りました。
    通過するのに15分もかかる長いトンネルです。
    これを通ることによって氷河の前を通ることはなくなっちゃいました。
    氷河急行ってのは今は名ばかりなんです。
    氷河を通らないこの列車のハイライトと言えば、 やっぱりこの橋です。
    撮影地点に到達できるかどうかが微妙。
    まず、一番の最寄駅のフィリズールに向かいます。
    ここの駅員さんに聞いたら、意外と簡単に行けるそうです。
    橋の上からのアングルだと徒歩20分、 橋の下は延々と谷を下って40分です。
    まあ、ちょっとしたハイキングですね。 

    4382f3bb.JPG
    これは橋の下から。 マジ結構遠いです。 でも鉄ちゃんにはたまらないアングルです。
    青いお空が出ていれば最高なんですが・・・ まあ、そうそう全てうまくはいかないですね。
    でも、とってもエンジョイできました。 また撮影しに来たいです。


  • 「氷河急行名物の橋を・・・」へのコメントはコチラから (0)
  • 記念撮影?3

    サンモリッツのピッツネイルにロープウェイで行きました。
    あっという間に3025mです。
    ラクチン(^_-)です。
    有名なシュタインボックの像と一緒に記念撮影。
    私ってミーハー?
    やっぱり、青いお空はいいですねー。


  • 「記念撮影?」へのコメントはコチラから (0)
  • 今日の夕食4

    今日はベルニナ線に乗って、日帰りでイタリアまで往復しました。
    車内でかなりテンション高かったので、ドッと疲れました。
    これから泊まっているホテルのレストランで夕食です。

    d3cf9f19.JPG















    写真はサーモン&クリームソースのタリアテッレです。
    カミサンとはんぶんこです。
    結構ウマウマでした。


  • 「今日の夕食」へのコメントはコチラから (0)
  • ベルニナ線でイタリアへ5


















    まずこの写真、どうでしょうか?
    ベルニナ号が勾配を上がってくるところを山をバックに撮りました。
    結構自己満足です。
    白い山と赤い電車、そして青い空の取り合わせが気に入ってます。


















    私はベルニナ急行ではなく鈍行に乗りました。
    ベルニナ線の終点であるイタリアのティラノまで行きますが、
    鈍行でも所要時間はそんなに変わりません。
    急行はパノラマ車輌で窓は開きませんが、
    鈍行に使う一般車は窓が腰の位置まで開くので、ご覧の通りの写真が撮れます。
    雪原を赤い車輌が冷たい空気を切り裂いて通り抜けます。


















    人口湖のラーゴ・ビアンコ(白い湖)の前を通り過ぎます。
    岩石の様々な成分が溶け出してこういった色になるそうです。


















    この路線の後半の名物のオープンループ橋です。
    ループ状に旋回することで高低差を克服しています。
    この路線は2時間〜2時間半ほどの短い路線ですが、
    氷河急行より見どころが詰まっているオススメ路線です。
    鉄ちゃんは窓が開く鈍行に是非乗って下さいね。


  • 「ベルニナ線でイタリアへ」へのコメントはコチラから (2)
  • ☆この記事へ頂いたコメント☆

    1. Posted by ひでひで   2015年01月09日 21:26
    どの写真も凄く格好良いです

    2. Posted by 支配人♪   2015年01月09日 23:04
    > どの写真も凄く格好良いです
    この路線、ペルニナ急行のパノラマ車両ではなく、
    窓が大きく開く旧型車両に乗って下さい。
    40過ぎたいいオトナがはしゃぐくらい盛り上がります。

    朝ゴハンを食べたらベルニナ線に3

    80c96a06.JPG















    おはようございます。
    朝ゴハンくらいは質素にいかないと。
    カロリーセーブです。
    これを食べたらベルニナ線に乗ります。

    80c96a06.JPG













    サンモリッツの5番、6番ホームです。
    このホームはベルニナ線専用。
    日本語でサン・モリッツって書いてありますね。
    姉妹鉄道の箱根登山鉄道からの寄贈なんです。
    ベルニナ号って愛称をシェアしています。

    80c96a06.JPG













    さてさて、大きい葛篭と小さい葛篭、どっちをお持ちになりますか?
    じゃなかった、右側の一般車、左側の新型パノラマ車輌、
    あなたならどっちに乗りますか?


  • 「朝ゴハンを食べたらベルニナ線に」へのコメントはコチラから (0)
  • エビさんのゴハン添え4

















    今日の夕食です。
    カミサンはスパゲティーです。
    まあ、スイスといってもイタリア圏なので。

    私は写真のエビさんの串焼きガーリック風味、ライス添え。
    エビはカチカチじゃなくて、もうプリップリなんです!

    ヨーロッパに来てライス食ってるおバカな日本人です。
    でも、なんかお米食べると力が出るんですよねー。
    (肉食ったほうが力出るって!)
    メニューうんぬんより、〜のライス添えとかあると、ついつい。
    チャンスがあればライスを頼んでしまってるなぁ。
    ああ、悲しき日本魂(^_^;)


  • 「エビさんのゴハン添え」へのコメントはコチラから (0)
  • ミュスタイアの聖ヨハネ・バプティスト教会4


    サンモリッツから鉄道とバスを乗り継いで1時間半。
    イタリアの国境に近いミュスタイア村に着きました。
    ここには世界遺産に登録されている、聖ヨハネ・パブティスト修道院があります。

     
    カテドラルの外観は地味なのですが、
    礼拝堂に描かれているフレスコ画は1100年以上前のものです。
    絵の内容は聖書の場面なんですが、机の上に首が乗っかってるような・・・
    聖書の中のストーリーをビジュアル化したものなんでしょうけど、
    キリスト教徒ではない私にとっては意味不明です。


  • 「ミュスタイアの聖ヨハネ・バプティスト教会」へのコメントはコチラから (0)
  • サンモリッツで朝を迎えました3















    おはようございます。
    同じホテルに泊まっている日本の方が言うには、
    昨日はすごいドカ雪が降ったとか。
    どーりで凄い雪だったんですね。
    サンモリッツでこの時期にここまで降るのは珍しいとか。
    スーツケースも車輪が雪だとスリップして回らないので、
    けっこう困りました。

    写真は氷河急行停車中のサンモリッツ駅です。
    部屋の窓(3号室)から撮影しました。
    スイスの国旗をあしらったデザインがいいですね。
    ご覧の通り、線路一面に雪が積もっていいます。
    きょうはこれからミュスタイアに日帰りで行ってきまーふ。


  • 「サンモリッツで朝を迎えました」へのコメントはコチラから (0)
  • サンモリッツぅ〜、サンモリッツぅ〜、終点でぇーす。2















    いま夜10時です。
    シャフハウゼンから5時間弱のロングラン移動完了。
    着いたらひぇ〜〜〜ってカンジです。
    冬支度なんかしてきこなかったよぉー。
    まだ10月上旬でしょ。

    この雪いったいなんなのさっ!
    温暖化もなんのそのってカンジです。b
    さぶぅ〜(>_<)

















    でも、ホテルは駅に直結なんでラクチン。
    地球の歩き方にも載ってるベラバルってホテルです。
    ここはとっても便利なのにすっごく安宿なんです。
    レセプションのカウンターの上で黒猫ちゃんがお出迎えしてくれました。
    猫好きには超ハッピーです
    女の子なんだけど、名前はカリメロなんだって。
    プリシラじゃないの?


  • 「サンモリッツぅ〜、サンモリッツぅ〜、終点でぇーす。」へのコメントはコチラから (0)
  • Mix-box5

















    今日はこれから5時間ほどの大移動です。
    さきほどシャフハウゼンを出て、
    いまチューリッヒ駅で乗り換え中です。
    これからクールを経由してサンモリッツまで向かいます。

    チューリッヒの駅の中にノルトゼーという、
    チェーン展開しているシーフードレストランがあります。
    ここの店頭で売っている "ミックスBOX" がヤバイです。

    エビ、イカ、白身魚のフライの盛り合わせなんですが、
    これにソースをたっぷり付けて食うと、
    これがまたウマイんだわ(#^.^#)
    ソースは2種類あって、
    私はタルタル、カミサンはサウザンです。

    でもね。でもね。でもね。
    後が怖いんですねー。
    カロリーも特盛りなんですねー。
    あ、見れば分かるって。
    こりゃ失礼しました。
    メタボ増進食だけど、まあ・・・今日だけってことで。
    あー、うまうまです(^_-)


  • 「Mix-box」へのコメントはコチラから (0)
  • シャフハウゼン・・・ラインの滝を見てきました

    シャフハウゼン・・・なんか、ドイツのソーセージみたいな名前ですが、
    一応スイスの街なんです。
    駅はドイツとの国境駅になります。















    これはラインフォールといって、文字通りライン川の滝です。
    ドイツのライン川がスイスで滝になっています。
    ヨーロッパでは屈指のスケールです。
    水飛沫というか、天然ミストがすごいです。
    マイナスイオンをしっかり浴びてパワーアップp(^o^)q


  • 「シャフハウゼン・・・ラインの滝を見てきました」へのコメントはコチラから (0)
  • 8月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    朝日が眩しいにゃぁ♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    葉月
     今月1日にようやく梅雨明け。今年は梅雨が長かったですね。お陰でなかなか写真を撮りに行けず。
     相変わらずコロナは収束する動きは無く、むしろ活発に。まったく、困ったものです。しかし不思議なことに、うちの店の売上げはもちろん景気がいいわけではないですが、コロナってことを考えれば、まーまー我慢できるレベルなのかと。観光や飲食関係は大きな打撃ですね。お見舞い申し上げます。
     これから、猛暑が待っているのかどうか分かりませんが、皆様コロナも含めましてどうか健やかにお過ごし下さい。今月もちーちくりん共々宜しくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!

    現状品販売専門 じゃんくの掟
               
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索