1248
さて、土曜・日曜と2日間にわたってカメラ催事が行われましたが、
次回出ることがあるかもしれませんので、振り返っておきました。

一番気に入らなかったことは、初日の商品の陳列が間に合わなかったこと。
この写真の一番上の段の左側、ガラガラですよね。
そう、陳列し切れなかったんです。この状態で開場を迎えたんです
お恥ずかしい(/o\)
当初10時にはショーケースが完成しているはずなんですが、
実際に商品を置き始めたられたのは10時40分ごろ。
少しフライングの12時48分に開場ですから、
実質上2時間しか商品を並べる時間がありませんでした。
やっぱり、あれだけのアイテム数を2時間で並べるのは到底無理です。
松屋の時は前日搬入でゆっくりやったにせよ、
11時に入って18時までかかりましたからね。
キレイに並んでいないのはお客様に対して失礼だと思いますし、
自分としても納得いかないんです。売上げへの影響も大きかったと考えます。
だって見やすい陳列でないと、
探している商品を見落とされることもありますから、
カテゴリ別に整然と並べておかないといけないんです。

1310x
銀座の時と比べると、平均単価もそうですが、
出る商品の毛色も大きく違いました。
コニカ(L/M)、オリンパスOMがよく売れたのに対して、
国産スクリュー(キヤノン、タナー、東京光学など)が
あまり人気がなかったことです。
キヤノンEFのLレンズは安定して売れました。
しかしサンニッパなどの大口径の実用系レンズの出足も悪かったですね。
逆にロシア系や少々難アリなどの、単価の安い品物はよく売れるみたいです。
カビありのプラナー50mmを数本持っていったのは秒殺完売でした。
それでもI.C.Sのページで告知した3種類の高額商品はお陰様で完売しました。
また、外国人の層もかなり少なかったです。ヨーロッパはいなかったかな。
それに、20代の若い人や、カメラ初心者、女性(業者除く)は散見程度で、
どちらかというとコアなお客様の比率が高かったように感じます。

しかし有楽町は休憩するのが難しいというか・・・
週末の周辺カフェは混雑店ばかりで、
とにかく座ることすらできないので、足がパンパンです。
土曜日は搬入して設置してガンガン売る、
日曜日は売って片付けて搬出する・・・
とにかく超絶過酷な2日間でした。

あと内輪話です(備忘録ですみません
つり銭は100円棒1本、500円玉10枚程度、予備で50円玉数枚欲しい。
千円札50枚、五千円札20枚あれば十分すぎ。
(意外とキャッシュでの利用が少ない為)
客数は,Fに満たず、手提げもそのくらいで。プチプチ袋は大小欲しかった。
布ガム、延長コード、ガラスクリーナー、電卓人数分、カルトン5枚、
輪ゴム、白手袋、会場イエデンは大変便利でした(問い合わせも数件あり)。
3ケースならセロテープは2台欲しい。
ハサミは大きいの2つ(プチプチ裁断用)。
有楽町はアブストがぜんぜん目立たない。
テーブル2台(レジ用、梱包用)、イスと平台不要、以上です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。