1100
さて、シュテリゼーで朝食を済ませたら、次はグリンジゼー(グリンジ湖)へ。
グリュンゼーグリンジゼー、名前が似てますから気をつけたいですね。

1100 (1)
一旦、来た道を戻って、最初の道標から鋭角に折り返すように進みます。

1100 (2)
こんな感じの道を延々と進みます。

1100 (3)
ここで分岐。下ってゆきます。

1100 (4)
途中、右手に雪解け水の小さな滝があります。

1100 (5)
まだまだ。

1100 (6)
グリンジゼーが出てませんが、グリュンゼーの方向に。

1100 (7)
もうちょっとです。

1100 (8)
ここはグリュンゼーグリンジゼーが併記されてますね。

1100 (9)
マッターホルンです。落葉松との組み合わせが美しいです。

1100 (10)
さて、ここで注意。左手カーブに道なりに下っていけばグリュンゼーです。
ここの道標を見落としてはいけません。

1100 (11)
これ、ややこしい道標です。左上にグリュンゼーって書いてありますけど、
グリンジゼーも書いてあるんです。拡大出ますけど、分かりますか?

1100 (12)
こんなところに書いてあるんです。わかんねー(>_< )
そう、リアルにここがグリンジゼーなんです。
スマホのGPSで見るとすぐ近くにグリンジゼーがあるのが分かります。

1100 (13)
この道標から右手へ少し上り・・・

1100 (14)
するとすぐ見えてきます。

1100 (15)
これがグリンジゼーです。

1100x
シュテリゼーと違ってこっちは細長い形状です。

1100 (16)
こんな感じの小さな湖です。

1100 (17)
どうです! 落葉松を入れて、逆さマッターホルンを撮影できます。
どちらかというと通好みな湖かもしれませんね。森と湖と名峰のコラボ・・・
地球の歩き方にも書いてありますけど、観光ポスターなどの撮影にも使われます。

1100 (18)
落葉松が多く茂っているので、撮影はその限られた隙間から。

1100 (19)
以上、こじんまりしたグリンジ湖からでした。