1809
神楽坂に来ています。

1809 (1)
毘沙門天の脇を入って・・・

1809 (2)
神楽坂の焼鳥の名店、文ちゃんへ。

1809 (3)
階段を下って地下へ。

1809 (4)
お寿司屋さんみたいな1枚板の素敵なカウンターです。

1809 (5)
ビールはエビスあります(o^-')b

1809 (6)
前菜にサラダと大根おろし。

1809 (7)
砂肝。食感、歯ざわり、めっちゃ感動的です。
当たり前の砂肝は当たり前ではない・・・

1809 (8)
皮です。ぜーんぜん脂っこくない。

1809 (9)
つくね。こんな肉汁出てくるじゅ〜すぃ〜なつくねは初めてです。

1809 (10)
さっぱりと鳥わさ。

1809 (11)
手羽先。焼き加減、最高です。
またパーツも大きすぎず、ちょうどいいサイズです。

しかし勘定が想定外でして・・・
おなか一杯食べたら、予算は1人1枚くらいかなぁ。。。
高級焼鳥店です。でも、鳥はブロイラーの安物ではありませんよ。
鴨も出ますし、野菜も一級品です。
あともうひとつ想定外。親方が職人気質の難しい人だと思いきや、
とても気さくな方で、楽しく食事できました。
う〜ん、高いけどまた行っちゃう!