1838
神楽坂の「たんたか」さんに来ています。
ここは日曜定休なんですけど、特別に貸切で開けてもらいました。

1838 (1)
金箔で誂えた「黄金の間」です。

1838 (2)
まずはアミューズというか先付け。鮑の柔らか煮です。本当に柔らかいです。

1838 (3)
前菜の盛り合わせキター! アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ
みなさん、テンション上がりまくりです。

1838 (4)
ちょっと変わった盛り合わせです。

1838 (5)
インゲン豆のゼリー寄せ、自家製厚焼き玉子、車えびの煮しめなど。

1838 (6)
山芋の海鼠腸かけです。

1838 (7)
白子ポン酢。

1838 (8)
数の子。

1838 (9)
次は椀です。

1838 (10)
霙汁に鮟肝の蒸し物です。

1838 (11)
お造り。寒ぶりです。

1838 (12)
焼き物。ブリの山芋乗せ。

1838 (13)
次は炊き合せ。

1838 (14)
聖護院蕪と水菜、ゆず味噌添え。

1838 (15)
最後にお食事。鯛めしと赤出汁。

1838 (16)
デザートその1、昔ながらのプリンです。これ特注。

1838 (17)
その2、蒸し饅頭。山芋ともち米の粉が入っています。