1822 (1)
神楽坂の江戸川橋寄りへ。暗いけど、ここ営業してんの?

1822 (2)
あ、オープンって出てるわ。

1822 (3)
ピアッティ・カステリーナ、イタリアンです。

1822 (4)
きょうのメニュー。

1822 (5)
1822 (6)
店内はこんな感じ。

1822 (7)
スプマンテを頂きます。

1822 (8)

1822 (9)
まず出てきたのはトマトのパンとライ麦のパンです。

1822 (10)
一皿目のアミューズ。

1822 (11)
赤海老のタルタルとフレーゴラのカクテル。なかなかウマ(*'ー'*)

1822 (12)
前菜はスモークしたヴィシソワーズ。

1822 (13)
下から黒い竹炭が出てきます。温泉卵のコクと相まってなかなか美味。

1822 (14)
前菜2皿目、鱧と夏野菜のフリット・ミスト。

1822 (15)
中央の白いのが鱧のフリット。手前の線はゆかり塩。
泡のソースは梅酒とプラムのソースなんだが、
ちょっと甘さが勝ってしまっていてバランスが悪い。
塩で食べたほうが良さそうだ。鱧はもちろん、お野菜も美味しく頂きました。

1822 (16)
チーズのフォッカチャが出てきた。このあとのスペシャリテと共に。

1822 (17)
スペシャリテはフォアグラのフラン。これは濃厚です。
フランボワーズとハチミツのソースもなかなか合ってます。

1822 (18)
プリモプアットは子持ち鮎と焼き茄子、枝豆のタリオリーニ。
これは旨い。鮎はミキサーにかけられているので、
コクとわずかな香りだけがベースのオイルに溶け込んでいる。
素晴らしい一皿でした。

1822 (19)
アンガス牛のクロスタ。クロスタって料理の認識が無かった。
これ、テール肉をローストしたものにパン粉とチーズが乗せてあります。
結構淡白かつ繊維質な肉で、食べてて飽きてきます。
お魚料理にすればよかったですね、かなりガッカリしました。

1822 (20)
最後に、アマトリチャーナ。
バジルとニンニクで風味付けされたソースは絶品。
麺はアルデンテとはこういうものだ!という感じのゆで加減。
大変美味しく頂きました。ここんちはパスタのレベルは高いです。

1822 (21)
最後にメロンのデザート。日本酒のスパークリングをかけて頂きます。

1822 (22)
エスプレッソ。

1822 (23)
小菓子です。

駅から遠いし、リピがあるかどうかは微妙なところ。
接客レベルはかなり高く、とても楽しく食事ができました。
しかし、メインのひと皿で相当印象悪くしちゃったかなぁ。
わたくし、メインを完食せずに残しましたからね。