2030 (1)
北新地の真ん中にある歓楽通り。飲みすぎると陥落通りに。

2030 (2)
その、歓楽通りの真正面に「鮨ほしやま」の看板。

2030 (3)
店舗はビルの3階。

2030 (4)
カウンターのみ。キャパ8人。
予約無しで当日空きがあればと思ったら・・・1人なら入れるって。
意外と若い人と外国人が多かった。

2030 (5)
ビールは小瓶のみ。大好きな黒ラベルは嬉しい。

2030 (6)
まずは先付けにそら豆。

2030 (7)
刺身三点。青柳、アマダイの炙り、鯛。どれも秀逸。

2030 (8)
藁焼きのカツオのタタキ。これ、2切れではなく1切れをカット。
相当大きなカツオなんだけど、、、味がついてってない。イマイチ。

2030 (9)
鯵の炙り。脂も乗っててまずまず。

2030 (10)
ここで梅酒ロック。

2030 (11)
子持ちヤリイカの煮付け、蝦蛄のづけ。
子持ちヤリイカは火の通し加減が絶妙にレア。
蝦蛄は北海道産で、かなり特大サイズ。
甘い汁のづけになっているが、そのまま食べてみたかったかなぁ。

2030 (12)
ここからにぎり。鯛の昆布〆。
ここのシャリは赤酢のシャリ。芯が残っていて、とっても好きだなぁ。

2030 (13)
スミイカは塩で。

2030 (14)
コハダ。これは絶品。シャリとの相性も良く、文句なし。

2030 (15)
中トロ。

2030 (16)
天然のシマアジ。これは旨い。歯ごたえ抜群の上モノ。

2030 (17)
天然の車海老。その都度、出す直前にボイルしてくれる。
茹でるのは助手のオネーチャンなんだが、それがなかなか敏腕だよ。
中はややレアになってて、これ以上に無い火加減。脱帽です。

2030 (18)
ちょっと繋げて置いてみた。いかに大きいか分かりますね。

2030 (19)
かすごだい。

2030 (20)
マスノスケ。俗に言うキングサーモン。しっとりと、なかなかお上品なお味。

2030 (21)
北寄貝の炙り。

2030 (22)
ウニ。塩水の無添加タイプのウニなんだが、なぜか、かなり明礬臭い。
これはお店が悪いのではなく、ハズレを引いたのかと。
きょう食べた中ではお粗末でした。

2030 (23)
穴子の炙り。柔らかく、甘いツメも悪くない。

2030 (24)
これ、ここんちの玉なんです。

2030 (25)
オリジナリティを感じるお味。これでコースは終了。

2030 (26)
最後に北寄貝を生で。やっぱ北寄は生がいいわ。

2012年に開業し、翌年にはミシュラン星1つを獲得。
仕入れは全て築地から取り寄せているそうだ。
鮨の完成度はそれなりだが、不動前の岩澤には遠く及ばないか。
親方の捨てシャリ癖もちょっと気になった。