2050 (1)
さて、1年ぶりの再訪。

2050 (2)
なかなか予約の取れない、ミシュラン1つ星の寿し處あま野です。

2050 (3)
ビールは小瓶のみ。キリン、アサヒ、サッポロの3択。

2050 (4)
すぐに出てくるもずく。

2050 (5)
煮あわび。めちゃめちゃ薄味。柔らかくて素材の風味抜群です。
1年ぶりに来たけど、この店、錆びてないな。

2050 (6)
蛸の低温調理。半生です。

2050 (7)
鯛の刺身。湯引きした皮つき。文句なし。

2050 (8)
大分の赤貝。
ちょっと心配でしたけど、紐まで食べましたがアレルギーにはならず。

2050 (9)
ここで芋焼酎お湯割り登場。

2050 (10)
天然のシマアジを生姜醬油で。

2050 (11)
アマダイの焼き物。中は半生。実に美味!

2050 (12)
口替りにキャベツぽん酢。

2050 (13)
茶碗蒸しです。

2050 (14)
今回は河豚でした。いい風味出ますね。

2050 (15)
筋子の味噌漬けの炙り。もうちょっと炙って欲しかった。

2050 (16)
くちこ。ナマコの卵巣を塩漬けにして干した珍味です。炙ってあります。
他のお客さんには出てなかったけど、コソっと出してくれました。
これ、めっちゃヤバいわ。お酒が進みます。

2050 (17)
ここの店のガリです。蓮根のガリ、意外とハマります。

2050 (19)
ここから梅酒ロック。

2050 (18)
ここからにぎり。剣先いか。

2050 (20)
サヨリ。

2050 (21)
赤身のヅケ。柵ごと漬けてあります。

2050 (22)
中トロ。旨いね。

2050 (23)
コハダ。前回同様、コハダはイマイチ。時期もあるんだろうけど。

2050 (24)
ヅケ車海老。秀逸。

2050 (25)
ウニ。この時期にしては上出来です。

2050 (26)
そしてアラで出汁を取ったお吸い物。通常はネギが入ります。

2050 (27)
筋子は最履修。こんどはよく炙ってもらった。
やっぱこのほうが香ばしくて旨い。

2050 (28)
穴子。

2050 (30)
追加でトロタク。

2050 (29)
最後に止め玉です。

ここの親方はいい仕事してます。素材も含め、手を抜いてませんね。
必ずまた来ます。しかし、これだけ食べて飲んで、お勘定安い!