1844 (1)
地下鉄三宮から県庁前に向かって緩やかな上り坂を進むと、
大きな交差点の角近くにシックな佇まいのお店がある。

1844 (2)
ミシュラン1ッ星を獲得した寿司「伏見」さんです。
1名飛び入りで入れるということでブッキング。

1844 (3)
六角形を半分にした檜のカウンターで頂きます。まずはお湯割り。

1844 (4)
先付けです。

1844 (6)
ミル貝。おろした柚子の風味がアクセント。美味い。

1844 (5)
蛸の柔らか煮。冷蔵庫から出てきてそのままなので、ちょっと冷たい。

1844 (7)
渡り蟹。

1844 (8)
蟹味噌たっぷり。ウマ(*'ー'*)

1844 (9)
親方が直々に炙る白子。これはヤバいねぇ。

1844 (10)
ん? なんだ? ナマコは分かるが....

1844 (11)
この赤いの、ホヤでした。
ホヤって美味いの食ったことありませんでしたが、これは実に美味い。
美味しいホヤなんて存在するんですね。

1844 (12)
北寄貝のぬた。

1844 (13)
こりゃなんだ?

1844 (14)
穴子の肝を生姜と醤油で煮たものです。なかなかの珍味ですね。

1844 (15)
焼酎おかわり。

1844 (16)
なんじゃこりゃ?

1844 (17)
反対側から見るとよく分かる。
カワハギの炙り、カワハギの肝、下に敷かれてるのは虎ふぐの皮。
もう、贅沢すぎ(>_< )

1844 (18)
お刺身です。左からシマアジ、縁側、ヒラメ、真鯛。

1844 (19)
そして人肌に温めた鰆のスモーク。

1844 (20)
ここで梅酒登場。

1844 (21)
甘酸っぱいガリ。

1844 (22)
鯖の棒寿司。もう、これヤバすぎ(>_< ) グルタミン酸ナトリウムの塊。
おかわりしたかったけど、お腹に溜まるからなぁ。

1844 (23)
箸休めのお新香。

1844 (24)
炙り帆立のにぎり。アツアツ。

1844 (25)
煮蛤。

1844 (26)
穴子の炙り。とっても肉厚。もう、旨すぎ。

1844 (27)
最後にツブ貝。
まだマグロ、イワシ、赤貝を食べたかったのですが、もうお腹一杯。

1844 (28)
最後に止め玉で〆。

ここはどこにも価格が書いてないし、コース料金明記もない。しかもお任せ。
ミシュラン1ッ星ということで、お勘定は張るんじゃないかと.......
しかし、めっちゃ安い。高級寿司店相場より3割は安いと思います。
また近くへ来た時は寄ってみたいですね。