1200 (1)
さーて、病院の帰りに鮨つきうださんに直行。
お酒をセーブしても良くならないんだから、とことん飲むぞ!



1200 (2)
こんなテーブルウェア。

1200 (3)
シャンパン、入れちゃいました。

1200 (4)
でわでわ、がっつりいきたいと思います。

1200 (5)
ランチコース、スタートです。

1200 (6)
まずは突き出し。

1200 (7)
蛸の柔らか煮。

1200 (8)
白海老と酒盗のあわせ。これは酒が進む。

1200 (9)
平目のお刺身。

1200 (10)
オリジナルのタレにつけて頂く。塩と昆布の出汁ですね。これは新しい!

1200 (11)
蝦蛄のヅケ。

1200 (12)
ん? なんだ、なんだ?? 固形燃料で炙りながら頂くようで・・・

1200 (13)
煮鮑が来ました。

1200 (14)
なるほどこれを浸けて食べます。
うん、お出汁に鮑の肝が溶いてあるんですね。なかなかのアイディア。
これで終わりかと思ったら・・・

1200 (15)
親方が鮑の肝のポットに馬糞ウニのにぎりを投入。

1200 (16)
スプーンですくって頂きます。

1200 (17)
クエ。まだ若いクエ、しっかりとプリプリ感があります。
寝かせても美味いけど、少し若いのもいいなぁ。

1200 (18)
次、生ビール。

1200 (19)
太刀魚の炙りのにぎり。

1200 (20)
帆立のにぎり。たまり醤油と柑橘系のフレーバーで。

1200 (21)
こはだ。

1200 (22)
タイラ貝の磯部。

1200 (23)
アジ。

1200 (24)
カマス。

1200 (25)
かぼちゃの漬物。サクサクです。

1200 (26)
マグロのヅケ。山葵と和からしで。

1200 (27)
ムラサキウニ。

1200 (28)
土瓶蒸し。

1200 (29)
どれどれ・・・

1200 (30)
松茸、銀杏、三つ葉。アクセントに鶏肉少々。素晴らしい。

1200 (31)
のどぐろの巻物。これ、美味すぎて逮捕されます。

1200 (32)
焼酎お湯割り。

1200 (33)
スミイカのキャビア乗せ。

1200 (34)
ミニいくら丼。

1200 (35)
車海老。ボイルしたてです。

1200 (36)
そして穴子。煮あがりかと思いきや、そうではないって。
そのくらい柔らかくてアツアツ。これはすばらしい技術を感じます。

1200 (37)
マグロのヅケ。

1200 (38)
お味噌汁。ここんちの出汁は最高です。基本だけど一番難しい。

1200 (39)
大トロ。

1200 (40)
〆は毛がにとウニの巻物。最後に玉は出ません。

1200 (41)
デザートは最中に挟んだ抹茶アイス。

なかなか美味しかった。次の予約、入れちゃいました。
また外来の帰りです。