1355 (1)
秩父神社を出発した聖火は、秩父駅から長瀞駅まで、
秩父鉄道の五輪カラーのデキが牽引する列車によって聖火輸送が行われ、
聖火は長瀞でライン下りの舟へとスイッチ。

1355 (2)
その後、長瀞から武川まで引き続き五輪デキの牽引する
12系客車4両の団体臨時列車が運転されました。

1355x (1)
電気機関車は前から赤506号、

1355x (2)
緑505号、

1355x (3)
黒201号、

1355x (4)
黄色502号、

1355x (5)
そして青302号と、五輪カラーに彩られています。

1355x (6)
5台の電気機関車がパンタ10個をフルで上げる姿は壮観です。

1355 (3)
ぶだう色の12系客車。

後続電で引き続き追跡します。