支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろ!
って思いますよね。ほとんどカメラ記事書きません。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

世界遺産

浦上天主堂

1718
ここは外から拝観。内部の写真も撮れないし、ここからで十分。


  • 「浦上天主堂」へのコメントはコチラから (0)
  • グラバー邸とハートストーン

    1633 (1)
    さて、最後に残されたグラバー邸を。

    1633 (2)
    青空をバックに。

    1633 (3)
    ここ、混んでいるので人のいない瞬間ってなかなかないのですよ。

    1633 (4)
    では、旧グラバー住宅、見てみましょう。

    1633 (5)
    その前に・・・

    1633 (6)
    邸宅すぐ前にハートストーンがあります。

    1633 (7)
    では、入ります。

    1633 (8)

    1633 (9)

    1633 (10)
    このサンルーム・・・

    1633 (11)
    前からあったようです。

    1633 (12)

    1633 (13)
    これがトーマス・ブレーク・グラバーの像。

    1633 (14)
    開港後まもない長崎に移り、2年後にはグラバー商会を設立し貿易業を営む。
    当初は生糸や茶の輸出を中心として扱ったが、政変後の政治的混乱に着目して
    討幕派の藩、佐幕派の藩、幕府問わず、武器や弾薬を販売した。
    また、薩摩藩の海外留学、長州五傑のイギリス渡航の手引きもしている。

    1633 (15)

    1633 (16)

    1633 (17)

    1633 (18)
    散ったサクラもまた美しい。

    1633 (19)

    1633 (20)
    見落とされそうですが、ここにも・・・

    1633 (21)
    ハートストーンがあります。

    1633 (22)

    1633 (23)

    1633 (24)
    ようやく出口です。広い敷地でした。

    1633 (25)

    1633 (26)
    ハートストーン絡みのお土産もあります。

    1633 (27)
    以上、グラバー園およびグラバー邸でした。


  • 「グラバー邸とハートストーン」へのコメントはコチラから (0)
  • サクラが見事な春のグラバー園

    1537 (1)
    さて、これからグラバー園に入園。

    1537 (2)
    うわぁ、サクラが見事。

    1537 (3)
    ここが入口なんですが・・・

    1537 (4)
    ガチさくらです。

    1537 (5)
    エスカレーターに乗って、上まで向かいます。

    1537 (6)
    またサクラ!

    1537 (7)
    エスカレーターの乗り継ぎは満開の桜が迎えてくれます。

    1537 (8)
    2つ目の長いエスカレーターに。

    1537 (9)
    見事です。

    1537 (10)
    ここからも・・・

    1537 (11)
    サクラが。

    1537 (12)
    上に着くと、ドックハウスです。満開の桜と共に。

    1537 (13)
    ドックハウスの前は池になっていて・・・

    1537 (14)
    鯉が飼われています。

    1537 (15)
    2階へ上がってみます。

    1537 (16)
    ドックハウスのバルコニーからの眺め。

    1537 (17)
    上から池を見下ろします。

    1537 (18)
    旧長崎地方裁判所長官舎は現在大改修中。

    1537 (19)
    向かいの建物は・・・

    1537 (20)
    旧ウォーカー住宅です。

    1537 (21)

    1537 (22)

    1537 (23)
    新しいスマホだとワイドがあるので撮りやすい。

    1537 (24)
    坂を下って次の建物へ。

    1537 (25)
    自由亭。今回はスルー。

    1537 (26)
    売店前。

    1537 (27)
    あ、コスプレ女子。

    1537 (28)
    旧リンガー邸です。

    1537 (29)

    1537 (30)

    1537 (31)

    1537 (32)

    1537 (33)
    次は旧オルト邸です。

    1537 (34)
    鬱蒼としてますね。

    1537 (35)

    1537 (36)
    建築様式や噴水など、当時の優雅さが伺えます。

    1537 (37)

    1537 (38)

    1537 (39)

    1537 (40)

    1537 (41)

    1537 (42)
    ステンドグラスも。

    1537 (43)

    1537 (44)

    1537 (45)

    1537 (46)
    続いて、旧スティール・アカデミー。

    1537 (47)
    まあ、それほど面白みはありません。

    1537 (48)
    あ、猫ちゃんいた!

    1537 (49)
    こっち向いたぞ!

    1537 (50)

    1537 (51)

    1537 (52)
    猫の振り向きポーズっていいですよね。


  • 「サクラが見事な春のグラバー園」へのコメントはコチラから (0)
  • グラバー坂の途中で皿うどん

    1458 (1)
    グラバー坂を上がります。カミサン、膝痛いんでしんどそう(^_^;)アセアセ...

    glaver (1)
    坂の入口にあるANAクラウンプラザ。

    glaver (3)
    ここのトルコライス食べたかったんですが、14:30でオーダークローズ。
    もうすぐ15時なんで、残念!

    1500 (1)
    上まで上がると・・・

    1500 (2)
    大浦天主堂です。

    1500 (3)
    2018年に登録されたばかりの、ホヤホヤの世界遺産です。

    1458 (2)
    天主堂のすぐ前に、お土産屋さん兼、レストランがあります。

    glaver (2)
    これ、食べたかったんですが、レストランはコロナ禍で閉鎖中でした。

    1506 (1)
    で、坂の途中に引き返して・・・もみのきこあNさんへ。

    1506 (2)
    ここ、売店あるんです。

    1506 (3)
    ここでなんか食わないと絶食だよな。朝から食べてないので。

    1506 (4)
    出来上がりを待っている間、お土産を物色。

    1506 (5)
    来ました、皿うどんです。普通に美味しかったです。


  • 「グラバー坂の途中で皿うどん」へのコメントはコチラから (0)
  • グラバー邸(旧グラバー住宅)

    1547 (1)
    さて、最後に残しておいたグラバー邸です。

    1547 (2)
    これがグラバー邸。

    1547 (2x)
    貿易商のトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築。

    1547 (2y)
    数多い洋風建築の中でも独特のバンガロー風様式。

    1547 (3)
    鎖国が終了したことによる副産物とも言えましょう。

    1547 (4)

    1547 (5)

    1547 (6)

    1547 (7)

    1547 (8)

    1547 (9)
    これより内部です。

    1547 (10)
    もちろん、撮影OKです。

    1548 (1)

    1548 (3)

    1548 (5)

    1548 (7)

    1548 (8)
    トーマス・グラバーは造船、採炭、製茶などの貿易を通して
    我が国の近代化に大きく貢献。国産ビール育ての親でもあり、
    キリンビールのキリンのヒゲは、グラバーのヒゲとも言われています。


  • 「グラバー邸(旧グラバー住宅)」へのコメントはコチラから (0)
  • グラバー園(旧三菱第2DH, 旧ウオーカー邸, 旧リンガー邸, 旧オルト邸)

    1456 (1)
    さて、大浦天主堂から更に坂を上がると・・・

    1456 (2)
    すぐ左にグラバー園の入口があります。
    グラバー園の「グラバー」は、スコットランドの貿易商人、
    トーマス・ブレーク・グラバーの邸宅が園内にあることからが由来。

    1456 (3)
    また階段かよ。もう、脚が攣りそう。

    1456 (4)
    天主堂が17時までなんですけど、こちらは18時まで。
    土曜日は20:30までやってます。

    1456 (5)
    坂道をずっと上がってきたので、正直エスカレーターは有難い。

    1456 (6)
    ここもエスカレーター。

    1456 (7)
    ずっと上へ向かいます。

    1456 (8)
    エスカレーター左手にさきほどの大浦天主堂が見えます。

    1456 (9)
    長崎市内展望です。

    1456 (10)
    さらにエスカレーターを乗り継ぎます。

    1456 (11)
    園内、かなり広いです。

    1456 (12)
    これから旧三菱第2ドックハウスを見学します。
    ドックハウスって犬小屋? いえいえ、
    船舶が修繕中でドック入りしている間、その船員たちの待機施設です。

    1456 (13)
    飽の浦に建っていたこの建物を1972年(昭和47年)に
    三菱造船より長崎市が寄贈を受けてここに移築復元されました。

    1456 (14)
    階段もクラシカルです。

    1456 (15)
    2階から見下ろすと池があります。

    1456 (16)

    1456 (17)

    1456 (18)
    鯉のエサがガチャで売ってます。

    1456 (19)
    エサを撒くと鯉が大騒ぎです。

    1456 (20)
    ドックハウスと池の全景。

    1456 (21)
    この洋風建築は1896年(明治29年)頃とされています。

    1456 (22)
    ドックハウスが高台の一番上。順路はここから徐々に下って行きます。

    1456 (23)
    噴水の前を通過。この噴水、特記は無いんですよね。

    1456 (24)
    次は旧長崎地方裁判所長官舎へ。

    1456 (25)
    これが旧長崎地方裁判所長官舎。かつて八百屋町にあった木造建築。
    原爆で数多くの建物が失われたにもかかわらず、
    洋風の官庁として唯一残った貴重な建築物でしたのでここに移築。

    1456 (26)
    現在、中には入れないようです。

    1456 (27)
    旧長崎地方裁判所長官舎の向かいにある建物。

    1456 (28)
    これが旧ウォーカー住宅です。
    ウォーカー商会を設立したロバート・ニール・ウォーカーJrの旧邸宅。
    もとは大浦天主堂付近にに建てられていたものが、ここに移築されました。

    1456 (29)

    1456 (30)

    1456 (31)
    旧ウォーカー住宅は内部も見学でき、家具などから当時の様子が伺えます。

    1456 (32)
    次は旧リンガー住宅いきます!

    1456 (33)
    ここが旧リンガー住宅。大浦海岸通りにあったものを、
    グラバー園内に移築しています。

    1456 (34)
    明治初期の日本における西洋式建築の代表的な姿です。
    わが国に例の少ない石造りの洋風住宅で重厚かつ優美な洋館です。

    1456 (35)
    この家にはイギリス人のフレデリック・リンガー(1838-1907)一家が
    明治から昭和にかけて住んでいました。

    1456 (36)

    1456 (37)
    ウォーカー邸より建物が大きく、優雅な暮らしだったことが伺えます。

    1456 (38)
    次に旧オルト住宅です。

    1456 (39)
    これが旧オルト住宅。

    1456 (40)
    正石造円柱が列ぶベランダの中央に妻切屋根のポーチがあり、
    軒高の堂々たる偉容を誇る幕末明治洋風建築の中でも出色の建築です。

    1456 (41)
    邸宅はもちろん、この噴水も重要文化財に指定されています。

    1456 (42)
    この家にはイギリス人のウィリアム・ジョン・オルト(1840〜1908)が
    1865(慶応元年)〜1868(明治元年)の3年の間だけ住んでいました。
    その後大阪で1年半、横浜に2年間滞在しています。

    1456 (43)

    1456 (44)
    他の邸宅とはまた違った内装。なにより天井が高い。

    1456 (45)
    お次は旧スティール・アカデミー。

    1456 (46)
    今はというと・・・

    1456 (47)
    写真撮影?

    1456 (48)
    こんなコスプレをして、園内で撮影できるそうです。


  • 「グラバー園(旧三菱第2DH, 旧ウオーカー邸, 旧リンガー邸, 旧オルト邸)」へのコメントはコチラから (0)
  • 大浦天主堂

    1427 (1)
    さて、世界遺産の大浦天主堂を見学します。

    1427 (3)
    国旗があるところが料金所。見学料金は1,000円と割りと高め。

    1427 (2)
    そもそも天主堂って呼び名がスゴいですよね。今で言う教会です。

    1427 (4)
    これは正面にある日本之聖母像。白亜のマリア像です。

    1427 (5)
    この像は「日本に多くの潜伏キリシタンがいる」というニュースが
    全世界に伝えられた際に、フランスから記念として贈られたもの。

    1427 (6)
    ここから先、撮影ができないので・・・これをトリミングおよび加工。

    1427 (7)
    ゴシック様式の教会内です。

    1427 (8)
    ヨーロッパに渡ればこの規模のカテドラルは星の数ほどありますが、
    日本では珍しい部類になります。

    1427 (9)
    カテドラル側面から。

    1427 (10)
    併設の博物館にあるカテドラルの模型。かつての装飾です。

    1427 (11)
    お前はキリシタンかぁ〜!

    1427 (12)
    こんなの踏まされてました。水虫うつるよね。

    1427 (13)
    博物館の螺旋階段。

    1427 (14)
    フラッシュ禁止にして撮影OKにしてくれればいいのに。
    1,000円も出して、めっちゃコスパ悪いじゃん!

    1427 (15)
    以上、大浦天主堂でした。次はグラバー園に行ってみるかな。


  • 「大浦天主堂」へのコメントはコチラから (0)
  • 銀閣寺

    1618 (1)
    16:18 銀閣寺に到着。

    1618 (2)
    間に合った!

    1618 (3)
    16時50分までってのが微妙だよね。

    1618 (4)
    ちょっと登る坂道を上がると・・・

    1618 (5)
    入口です。

    1618 (6)
    入場券を払うとすぐに枯山水。

    1618 (7)
    いいっすね。

    1618 (8)
    おー! びゅーちふぉー!! やっぱ金より銀だね。

    1618 (9)
    この建物、一度も焼けないで残ったオリジナルです。

    1618 (10)
    池と絡めて。

    1618 (11)
    風が止んだので、映して。

    1618 (12)
    ちょっと上に上がってみます。

    1618 (13)
    向かいの山の上から。

    1618 (14)
    お庭とのコントラストがいいですね。

    1618 (15)
    途中、苔もいい味。

    1618 (16)
    さて、そろそろ出ないと。

    1618 (17)
    終了時刻の16:50です。

    1618 (18)
    知ってます? 銀閣寺のお堂の上には・・・

    1618 (19)
    青銅の鳳凰がいます。

    1618 (20)
    名残惜しいですが・・・

    1618 (21)
    最後まで拝観させて頂きました。

    1618 (22)
    わたしたちが出ると、即刻クロースでした。
    ちなみにどの写真にも人が写ってなかったでしょ?
    ほぼ貸切に近い形で拝観できたのは、まさにコロナのお陰でしょうか。


  • 「銀閣寺」へのコメントはコチラから (6)
  • ☆この記事へ頂いたコメント☆

    1. Posted by ヨワロング小林   2021年02月04日 16:43

     私も銀閣は好きで必ず最後は銀閣寺の湯(本当の地元の人が集まる銭湯)に入り
     ホテルにバスで帰るってやってました。京都もだいぶ壊れたって感じがしますが

    4. Posted by 支配人♪   2021年02月04日 18:50
    > 私も銀閣は好きで必ず最後は銀閣寺の湯
    そこはノーマークだったなぁ。次回、要チェックですね。

    2. Posted by はしっこ   2021年02月04日 18:55
    銀閣寺、金閣寺よりいいですね!京都、人が少なめでいいと思うのですが、はしっこの好きな南禅寺順正さん、湯豆腐が好きなのですが、今回のコロナ禍でしばらく休業するそうで残念です。いい写真見させて頂きありがとうございます。

    5. Posted by 支配人♪   2021年02月04日 20:10
    > 京都、人が少なめでいいと思うのですが、
    いま、めっちゃ少ないです。不謹慎ですが(^_^;)アセアセ...

    > はしっこの好きな南禅寺順正さん、湯豆腐が好きなのですが、
    ホームページ見ました。湯豆腐、いいっすねー。

    > 今回のコロナ禍でしばらく休業するそうで残念です。
    はしっこさん推奨の湯豆腐はしばらくお預けですね。

    3. Posted by ぎら   2021年02月04日 20:15
    当に日本式庭園の元祖ですな、銀閣寺は。 足利義政は政治家としては落第でしたが、パトロンとしての目は優れてましたね。

    6. Posted by 支配人♪   2021年02月04日 23:28
    > 当に日本式庭園の元祖ですな、銀閣寺は。
    全てのレイアウトがマッチしていて、
    お堂を含めたお庭全体がが総合的に素晴らしいですね。

    > 足利義政は政治家としては落第でしたが、
    > パトロンとしての目は優れてましたね。
    いいものを後世に残してくれました。まさに文化人!

    平等院鳳凰堂

    1406 (1)
    平等院にやって来ました。

    1406 (2)
    平成7年に世界遺産に登録されました。

    1406 (3)
    ここが入口。

    1406 (4)
    世界遺産に来てまで、タバコ吸わんでえーやろ。

    1406 (5)
    ここで入場券を買います。

    1406 (6)
    日曜日なのに混んでない。

    1406 (7)
    でわ、参ります。

    1406 (8)
    入ってすぐ右側の寺務所へ。

    1406 (9)
    ここにコインロッカー(使用後硬貨返却)があります。

    1406 (10)
    荷物を預けます。

    1406 (11)
    平等院キター!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
    スマホのパノラマモードで。

    1406 (12)
    10円玉です。

    1406 (13)
    スマホの通常モードだとこんなもん。

    1406 (14)
    一眼レフ24mmにて。左手に土手が写り混んでしまいます。
    以前は大きい池だったのに…
    おそらく、平均の大改修で池の形状が変わったのでしょう。

    1406 (15)
    マジか。ってことで、中に入れず。

    1406 (16)
    このくらいの少人数で15分限定での見学です。

    しかしあの池には萎えた。
    かつての平等院が良かったのに…


  • 「平等院鳳凰堂」へのコメントはコチラから (0)
  • ベレンの塔

    1755 (5)
    すぐ向こうにベレンの塔が見えるんだけど・・・近いようで遠い。

    1755 (6)
    電車の線路を陸橋で渡らないといけないんだ。これが遠回り。

    1822 (1)
    ベレンの塔です。

    1822 (2)
    一応これ、世界遺産なんです。

    1822 (3)
    川辺なんで、風が凄いんだよね。もう、びっちょ濡れ(>_< )


  • 「ベレンの塔」へのコメントはコチラから (0)
  • ジェロニモス修道院@ベレン

    1445 (1)
    さて、雨の中、世界遺産のジェロニモス修道院へ。

    1445 (2)
    ここが入口なんだけど、チケットは考古学博物館だって。

    1445 (3)
    サンタ・マリア教会はチケット無しで入れます。

    1445 (4)
    祭壇飾りは宮廷画家ローレンソの作。

    1321 (11)

    1445 (7)
    チケットを買って入場。

    1445 (8)
    中庭には立派な回廊があります。

    1445 (9)

    1445 (10)
    フランス人の建築家ポイタックによるもの。

    1445 (11)
    完成度の高さからマヌエル様式の傑作といわれている。

    1445 (12)
    2階へ。

    1445 (13)

    1445 (14)
    サンタ・マリア教会を2階から。

    1445 (15)
    まあ、ここはどーってことないかな。


  • 「ジェロニモス修道院@ベレン」へのコメントはコチラから (0)
  • ムーアの遺跡に入ります

    1611 (1)
    ムーアの遺跡に来ました。

    1611 (2)
    ここが入口。

    1611 (4)
    敷地内は結構広いんです。

    1611 (3)
    いざ突入!

    1611 (5)
    あぁ〜。ネコちゃんいたんだけど、逃げられた(T_T)

    1611 (6)

    1611 (7)

    1611 (8)

    1611 (9)
    こんな建物、17年前には無かったぞ。

    1611 (12)
    ここが入場門。係りの人がいて、チケットコントロールがあります。

    1611 (13)
    あ、ネコちゃん!

    1611 (14)
    お前も入るか?

    1611 (15)

    1611 (33)

    1611 (34)
    以前には無かった売店やトイレが追加されています。

    1611 (35)
    城壁なんですけど・・・なんか不自然にキレイでしょ。
    聞いたら2012年に遺跡を大規模リニューアルしたそうです。
    以前は瓦礫の山というか、完全な廃墟でした。

    1611 (10)

    1611 (11)
    ちょっとしたエキシビジョンが追加されています。あ、これニセモノっす。





    1611 (16)

    1611 (17)

    1611 (18)
    高所恐怖症にはチトつらい。

    1611 (19)

    1611 (20)
    レガイラ宮殿が見えます。

    1611 (21)
    綺麗な城壁と見張り塔です。

    1611 (22)

    1611 (23)
    プチ万里の長城って感じです。あ、プチですからね。
    1611 (24)

    1611 (29)

    1611 (25)
    さっき行って来たペーナ宮殿。

    1611 (26)

    1611 (28)

    1611 (32)
    エレベーターなんてありませんから、足腰ガタガタになります。


  • 「ムーアの遺跡に入ります」へのコメントはコチラから (0)
  • シントラのペーナ宮殿

    1413 (1)
    ムーアの遺跡前で降りちゃったから、ちょっと歩いて宮殿入口へ。

    1413 (2)
    木々の向こうに見えるアレです。

    1413 (3)

    1413 (4)
    なんか水が沸いてるけど、飲めないっぽい。

    1413 (5)

    1413 (6)
    結構な坂を上がります。

    1413 (7)

    1413 (8)

    1426 (1)

    1426 (2)
    しかし派手だね。

    1426 (3)

    1426 (4)
    ここが宮殿群への入口。

    1426 (5)
    ぜいぜいいいながら上がってきています。

    1426 (6)
    さらに進みます。

    1426 (7)

    1426 (8)
    上の方がガスってきました。

    1426 (9)

    1426 (9x)

    1426 (10)

    1426 (11)

    1426 (12)

    1426 (12a)

    1426 (12b)
    ムーアの遺跡を見下ろします。

    1426 (13)

    1426 (15)

    1426 (16)

    1426 (17)

    1426 (18)

    1426 (19)

    1426 (21)

    1426 (20)

    1426 (22)

    1426 (23)

    1426 (24)
    17年ぶりに来ましたが、保存状態は大変良好です。


  • 「シントラのペーナ宮殿」へのコメントはコチラから (0)
  • サン・ミゲル礼拝堂@コインブラ大学

    1636 (1)
    さて、仕上げは・・・

    1636 (2)
    サン・ミゲル礼拝堂。

    1636 (2x)
    美しいです。

    1636 (3)
    礼拝堂の両脇がアズレージョなんです。

    1636 (4)
    タイルって美しいですね。

    1636 (5)

    1636 (6)
    天井です。

    1636 (7)

    1636 (8)
    これらも金泥細工なんでしょうか。

    1636 (9)
    最後に塔に挑戦しましたが・・・きょうも閉鎖。天気が良いときだけ開くらしい。

    1636 (10)
    名残惜しく中庭の回廊を見て・・・

    1636 (11)
    コインブラ大学を後にします。


  • 「サン・ミゲル礼拝堂@コインブラ大学」へのコメントはコチラから (0)
  • 宮廷の帽子の間@コインブラ大学

    1549 (1)
    コインブラ大学の旧校舎へ。

    1549 (2)
    きょうこそ、念願の宮廷。

    1549 (3)
    入れました。

    1549 (4)

    1549 (5)
    窓からさっきのカフェが見えます。

    1549 (6)
    1549 (7)
    1549 (8)
    これが帽子の間。スマホだとこれが限界。

    1549 (9)
    ミラーレスにて。

    1549 (10)
    1549 (11)
    1549 (12)
    最奥にあるお部屋。名前は分からん。


  • 「宮廷の帽子の間@コインブラ大学」へのコメントはコチラから (0)
  • 5月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん♪
    みゃ〜♪
    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫
へ ポチッとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    エイプリル
     世の中的に新年度に入りました。3月末からのサクラもそろそろ見納めですね。まん防も解除になって、また皆さんハメ外して感染者増えて、それでまたまん防。日本人って進歩ないよねー。
     円安の影響で微妙に景気がいいはずなんだけど、なんかあんまり体感できなくて。お金は入ってきてもすぐ右から左。もう、まいっちゃうわよ。
     花粉もそろそろピークを過ぎて落ち着いてきたし、今月も飛び回ろうかと思っております。それでは、ちーちくりん共々よろしくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      累計アクセス
      • 今日:
      • 累計:

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      GPV
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      所要時間
      金沢八景
      初台南〜幸浦 65min

      中華街
      初台南〜横浜公園 45min

      北浦和
      飯田橋〜浦和南 40min

      新木場
      西神田〜新木場 25min

      田園調布
      下道 30min

      五反田
      下道 25min

      瀬田
      下道 25min

      府中本町
      初台〜稲城
      30min

      越谷T
      下道4号
      45min

      昭和島
      西神田〜平和島
      出たら直進して
      右車線のスロープ
      30min
      苦手なもの
      x
      ドア位置
      x
      カテゴリ♪
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索