スポーツ

2016年08月21日

1
みなさん、オリンピック観てますか? 夜更かししなくても、ダイジェストでやってますね。
今回、やっぱり一番印象的だったのは、女帝の吉田沙保里の銀メダルでしょうか。

3
伊調馨はアテネ、北京、ロンドンに続いて4連覇を達成できましたが、
吉田沙保里は残念ながら決勝で精彩を欠き、4連覇を阻まれました。
伊調も吉田も、共通して言えることは、技を研究し尽くされているということ。
今回初めてオリンピックに出場した若い選手の鮮やかな勝ちが目立つ中、
伊調も吉田もどちらかというと見ていて地味な戦い。完全に攻略されてます。

4
勝ったヘレン・マルーリスは過去2回、吉田と対戦するも、いずれもフォール負け。
アメリカでは敵なしの彼女は、どうしても吉田に借りを返したかったのである。
オリンピックで吉田と戦うためには2キロ減量という厳しいハードルがある。
金メダルを狙って練習するということは、吉田個人を攻略すること。
なんどもなんども吉田の試合のVTRを見たんでしょうね。
決勝ではマルーリスの強さはもちろん、執念を強く感じました。  

5
オリンピックに出ることではなく、金だけが目標だった吉田沙保里。
表彰台での表情が冴えません。やっぱ銀じゃ笑えないのかな。
コーチにオリンピック前に実践を勧められるも、
断ったことから8ヶ月も実践の無かった吉田。
これがどう影響したのかはわかりません。とにかく、お疲れ様でした。

23:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2016年06月14日

DSC04690
ワールドプロレスリングの録画を見てるんですけど、
今年の新日本のスーパージュニアは、
イギリスから初出場のウィル・オスプレイが見事初優勝しました。
なんとなく、イギリス繋がりなんでしょうか。 

23:55個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2016年01月05日

0230 (1)
深夜からやってました、1.6東京ドームの試合です。
注目はオカダカズチカ vs 棚橋弘至のIWGP選手権試合。
オカダは今回ドロップキックを多様に使ってきました。
連発できた低空ドロップキック。

0230 (2)
そして、試合の流れを大きく変えた、下からの迎撃ドロップキック。
ハイフライフローに来た棚橋のどてっ腹に打ち込んだのが決め手となりました。
両者お互いの必殺技を受け切るような試合で、なかなかの内容でした。

0230
逆にこっちは・・・八百長かい? AJと中邑の白いベルトを賭けた一戦。
なんでここでスタイルズクラッシュを打たない?
このあと、トップロープへ行ったAJがかえって自爆。
ボマイエ連発を受けて沈んでしまうのですが、どうも納得がきません。
中邑自身もインタビューを聞いた感じだとどうも納得してないみたいでした。

02:30個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2015年11月29日

0300
土曜深夜のワールドプロレスリングで、
2週間前に行われた天龍源一郎の引退試合が放送されました。

0300 (1)
対戦相手はオカダ・カズチカです。

0300 (2)
しかしすごい報道陣ですね。カメラマンがリングを囲んでいます。

0300 (3)
喉元に逆水平。

0300 (4)
カチ上げるような天龍ラリアット。

0300 (5)
しかし、オカダは御年65歳の天龍にも容赦ない高角度ドロップキック。

0300 (6)
そして延髄斬り。

0300 (7)
どうしても打ちたかったパワーボムですが、腰が限界のようで投げっぱなしの形に。

0300 (8)
試合中何度も出したグーパンチ。本来グーは反則技ですが、
なぜか天龍だけに許された技なんです。

0300 (9)
そして最後はレインメーカーの洗礼。

0300 (10)
天龍源一郎、引退試合を飾れず。

0300 (11)
セエモニーにはスタン・ハンセンや・・・

0300 (12)
テリー・ファンクも駆けつけてくれました。

0300 (13)
愛娘の紋奈さんもリングに上がって、父にかわって挨拶。

0300 (14)
「腹いっぱいのプロレス人生でした」

0300 (15)
そして10カウントゴング。

0300 (16)
また1つの時代が終わりました。
今は亡きジャイアント馬場、ジャンボ鶴田 などと戦った生き証人でした。

03:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2015年08月24日

2330
さて、北斗星祭りも終わったところで、ゆっくりプロレス見ますか。
G1クライマックス25決勝戦 棚橋 vs 中邑です。

2330 (1)
決勝戦はハイフライフロー祭り。
まず1発目はコーナーポストから場外へ向けたハイフライフロー。

2330 (2)
2発目は中邑に交わされ不発。

2330 (3)
3発目は立ち上がる中邑を待たずしてハイフライフロー。

2330 (5)
さらに中邑は続けて4発目を食らうが、カウント2で跳ね返す。
2連発のハイフライフローをもらって返したのはこの中邑が初めて。

2330 (6)
5発目のハイフライフローはうつ伏せの中邑の背中に向けて。

2330 (7)
そして動けない中邑に6発目のハイフライフローがトドメとなる。

2330 (8)
G1クライマックス25は棚橋が8年ぶり2回目の優勝。

2330 (9)
棚橋は中邑とがっちり握手。

2330 (10)
棚橋お約束の「愛してまーす」。

2330 (11)

AブロックはAJか棚橋かといったところだったが、
直接対決を強引に制した棚橋に軍配。
ディフェンディングチャンピオンの内藤は今年は精彩を欠いた。

2330 (12)

Bブロックは中邑とオカダの対決が注目されたが、
直接対決を制した中邑に軍配。
オカダを初戦で下した後藤にも注目が集まったが、
永田戦を取りこぼしたのは痛かった。

23:30個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2015年01月06日

0200
正月の東京ドームでのIWGPヘビー級選手権試合、棚橋vsオカダ。

0200 (1)
序盤からレインメーカーを食らってしまった棚橋。
一瞬ヒヤッとするシーンであった。

0200 (2)
勝負の明暗を分けたこのシーン。
棚橋は執拗にドラゴンスクリュー連発でオカダの脚を攻める。
このロープ際でのドラゴンスクリューがオカダの命取りであった。

0200 (3)
ロープ際でドラゴンスクリューを受け、動きを封じられたオカダに、
棚橋は速攻でまさかの強引なハイフライフロー。
オカダはロープに脚を取られ、受身を取れずに浴びることになる。
これがほぼ決定打といってもいいだろう。

0200 (4)
ダメージの残るオカダに間髪入れずにハイフライフローを連発。

0200 (6)
さらにダメ押しとばかり3発目のハイフライフロー。
オカダはよけたり膝を立てることもせず・・・モロに食らってしまった。

0200 (7)
オカダは天を仰ぐばかりで、ピクリとも動けなかった。
こんな負け方をしたオカダを初めて見ました。
きょうは勝ちたい気持ちが棚橋のほうが断然勝っていましたね。

0200 (5)
外道の肩を借りて退場するオカダ。
泣き崩れるシーンもあり、メンタル的に大きなダメージが伺えます。
ここでオカダが撃沈するとはとんだ想定外でした。
この挫折をバネに、まだまだ強くなって欲しいですね。

02:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2014年08月17日

2014G1CLIMAX
先週終わって、もう結果知ってますが、それでも放送が楽しみです。
深夜にテレ朝で、待ちに待ったG1決勝戦の放送です(*^o^*)

2014G1CLIMAX (1)
決定打になったオカダのドロップキックが後頭部にめり込む。
この一撃が試合を左右したと言っても過言ではない。

2014G1CLIMAX (2)
ドロップキックについでツームストンPD。中邑はぐにゃっと落ちた。

2014G1CLIMAX (3)
オカダはレインメーカーのポーズ。

2014G1CLIMAX (4)
真輔はレインメーカーをかわして飛びつき式逆十字に。

2014G1CLIMAX (5)
際どいところまで持ち込むもオカダはエスケープ。

2014G1CLIMAX (6)
逆十字から間髪入れず、後頭部にボマイエ。

2014G1CLIMAX (7)
ドロップキックで流れを変えたオカダだが、2発目はかわされる。

2014G1CLIMAX (8)
そして完璧なボマイエ。これで決まったかに見えた。

2014G1CLIMAX (9)
オカダはカウント2.99で返す。オカダはまだまだ底を見せない。

2014G1CLIMAX (10)
こんどはコーナーポストからのボマイエと、中邑は執拗に攻める。

2014G1CLIMAX (11)
コーナーから対角線にボマイエを狙うクネクネ真輔だが・・・

2014G1CLIMAX (12)
対角線に走ってくる真輔に瀕死のオカダが起死回生のドロップキック。
誰がここでオカダが立ち上がると予測できただろう。
意表を突かれ、真輔はカウンターでまともに喰らってしまった。

2014G1CLIMAX (13)
オカダの真っ逆さまに落ちる高角度ジャーマン。

2014G1CLIMAX (14)
そしてジャーマンのクラッチを解かぬまま、レインメーカーへ。

2014G1CLIMAX (15)
すると、真輔はヒザ蹴りで迎撃。

2014G1CLIMAX (16)
ナックルパートで流れを変える。このあと、ランドスライトにいくが・・・

2014G1CLIMAX (17)
真輔のランドスライドを阻止すると、オカダは後ろに回り、逆さ押さえ込み。

2014G1CLIMAX (18)
逆さ押さえ込みから立ち上がると、
真輔の右手をロックしたままで間髪入れずレインメーカー。

2014G1CLIMAX (22)
腕のクラッチを解かずに続けて2発目のレインメーカー。

2014G1CLIMAX (23)
ダメ押しの3発目は回転を加える正調レインメーカー。

2014G1CLIMAX (20)
真輔のカラダは一回転した。

2014G1CLIMAX (21)
ここでカウント3。

2014G1CLIMAX (24)
オカダ・カズチカがG1を2年ぶり2度目の優勝です。

04:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ 

2014年08月10日

DSC01737
さて、G1クライマックス2014、まずはAブロック決勝。
棚橋が勝てば決勝進出、負ければ中邑が進出。

DSC01736
棚橋は善戦するもスミスJr.のパワーに圧倒され、最後はブルドックボム葬。

DSC01738
続いてBブロック決勝。
オカダが勝てば自力進出、負ければAJが進出。

DSC01740
鈴木のねちっこい攻めに手を焼くも、最後はレインメーカー。

DSC01741
2014年G1クライマックス決勝戦は中邑真輔とオカダカズチカに決定。

splash_img_06
今年の決勝は西武ドームで開催。
3位決定戦として棚橋vsAJ戦も行われる。

 ☆この記事へ頂いたコメント☆

1. Posted by AX好き   2014年08月11日 18:07
こんばんは。
退院して直ぐの頃「プロレス見ていると痛い」状況は今は治りました〜(^^)
棚橋大好きですし、オカダはルチャリブレからスタート、ここまでメジャーに成るのは正直予想していませんでした。ドロップキックのフォームの美しさは驚愕します。
段々プロレス好きに戻りつつ有ります!!(^人^)
私もなかなかプロレス好き身近に居ないので宜しくお願いしますm(__)m

2. Posted by 支配人♪   2014年08月11日 23:09
> 段々プロレス好きに戻りつつ有ります!!(^人^)
それはよかったじゃないですか。
かつてはG1千秋楽はいつも東京にいらしてたのに。

> 私もなかなかプロレス好き身近に居ないので宜しくお願いしますm(__)m
こちらこそ(*^o^*)

3. Posted by AX好き   2014年08月14日 18:20
こんばんはm(__)m
Yahooニュース見ていましたら、「新日本の中西&永田選手、謎の銅像特訓」て…
彼等は、大丈夫でしょうか?…特に中西選手ノリノリみたいで…(((^^;)

4. Posted by 支配人♪   2014年08月14日 22:14
> 彼等は、大丈夫でしょうか?…特に中西選手ノリノリみたいで…(((^^;)
永田は現役続ける意味あるけど、中西はどうかなぁ。。。

03:00個別ページコメント(4)トラバ(0)
スポーツ 

2014年03月25日

1247
さて、2時間くらい滑って、そろそろ下山します。

1247 (1)
大斜面を下ります。昨日と雪質が雲泥の差。

1247 (2)

1247 (3)
これで今シーズンは滑り納めです。

12:47個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ | レジャー
1051
平日ですが、春休みのせいか子供さんでいっぱいです。

1051 (1)
とりあえず、ゴンドラで上に上がります。

1051 (2)

1051 (3)
昨日と同じで天気はいいですが、雪質はちょっと落ちます。

1051 (4)

1051 (5)
きょうはここはやめておきます。

1051 (6)

1051 (7)
しっかり安牌でいきます。

1051 (8)

1051 (9)
でわでわ、少し滑ってきます。

10:51個別ページコメント(0)トラバ(0)
スポーツ | レジャー



presented by 支配人 with 時々ちーちくりん