支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

博物館

おもちゃと人形 自動車博物館

1138 (1)
珍宝館から、さきほどのおもちゃと人形 自動車博物館に戻って来ました。

1138 (2)
ここで他の皆さんに合流します。

1138 (3)
大きなテディイベアがお出迎え。

1138 (4)
ここ、真面目に見たら1〜2時間はかりますけど、
遅れているので快速運転。でもブロガーはしっかり写真は撮る。

1138 (5)
なんか、おもちゃと人形 自動車博物館というよりは・・・

1138 (6)
昭和博物館って感じ。

1138 (7)
横丁を再現。

1138 (8)

1138 (9)

1138 (10)
ブロマイド・・・ってもう死語じゃない?
百恵ちゃんからフィンガーファイブまであります。拡大出ます。

1138 (11)
ここから、自動車博物館。

1138 (12)
ホンダ キャロル

1138 (13)
ホンダ バモス(初代)

1138 (14)

1138 (16)

1138 (17)
マツダ RX-7 頭文字D仕様

1138 (18)
日産 セドリック。

1138 (19)
トヨタ パプリカ

1138 (20)
日産 スカイライン1500

1138 (21)
ダイハツ ベルリーナ

1138 (22)
日産 ダットサン

1138 (23)

1138 (24)
日産 スカイラインGTR 1971

1138 (25)
日産 スカイラインGTR 1973

1138 (26)
トヨタ スポーツ800

1138 (28)
トヨタ 2000GT

1138 (29)
ダットサン・フェアレデー SPS212

1138 (30)

1138 (31)
ドンペリニョンのコレクション。

1138 (32)
ぐんまちゃんも。

1138 (33)

1138 (34)

1138 (35)
最後はイタリアで時間が無くて見れなかった・・・

1138 (36)
真実の口で〆。


  • 「おもちゃと人形 自動車博物館」へのコメントはコチラから (0)
  • 群馬県・伊香保の名所「珍宝館」

    1105 (1)
    ここがかの有名な珍宝館。

    1105 (2)
    これが案内図。

    1105 (3)
    ひぇ〜、1,300円も取るんだ!

    1106 (1)
    ここが館内入口。

    1106 (2)
    夫婦石があります。

    1106 (3)
    これも凄いよね(^_^;)アセアセ... 

    1106 (4)
    これが拝みどころ。上の石は天然石。
    館長が言うには、下の石はさすがに天然でこんな形のものは無く、
    夫がわたしのを眺めながら彫ったということです。
    このモニュメントの前で、入場者全員館長に股間を触られます。
    わたくし、館長に「あら、陥没してるわね」って言われました

    1106 (5)
    それでは館内へ。

    1106 (6)
    まず、第一会場。

    1106 (7)
    ここです。

    1106 (8)

    1106 (9)

    1106 (10)
    ただいま館長のエロ講義中。

    1106 (11)
    この絵の中に女体がいくつあるか分かりますか? 拡大出ます。

    1106 (12)

    1106 (13)
    これ、ノーパンしゃぶしゃぶって言われた。

    1106 (14)
    下から見て下さいって。

    1106 (15)
    これがべべ観音。

    1106 (16)
    これを拝むと女性が下の病にかからないとか。

    1106 (17)
    続いて、子宝観音。

    1106 (18)
    かなり年季が入ってますね。

    1106 (19)

    1106 (20)

    1106 (21)

    1106 (22)
    そのほか、色々なコレクションがあります。

    1106 (23)
    続いて第二会場。第二会場は館長の案内はありません。

    1106 (24)
    こんなオブジェがあります。

    1106 (25)

    1106 (26)

    1106 (27)

    1106 (28)

    1106 (29)

    1106 (30)

    1106 (31)

    1106 (32)

    1106 (33)

    1106 (34)
    これ、普通の着物に見えますが・・・

    1106 (35)
    四十八手がプリントしてある。

    1106 (36)
    ダッチワイフのコレクション。

    1106 (37)
    珍宝館のプリクラ。

    1106 (38)
    一見、普通の猫ですが・・・

    1106 (39)
    下から見ると・・・

    1106 (41)
    最後に、売店。

    1106 (42)

    1106 (43)

    1106 (44)

    1106 (45)

    1106 (46)

    1106 (47)

    1106 (48)

    1106 (49)
    館長いわく、サイズが合わなかったら返品・交換できますって。
    ただ、返品されたものは洗って再販するとのこと。

    1106 (40)
    以上、珍宝館でした。まあ、一回行けばいいわな。


    この動画、詳しく紹介しております。


  • 「群馬県・伊香保の名所「珍宝館」」へのコメントはコチラから (0)
  • ナポリ国立考古学博物館

    1443 (1)
    ん?

    1443 (2)
    これがナポリ国立考古学博物館っぽい。

    1443 (3)
    いま、大規模改修中。

    1443 (4)
    入ってみましょう。

    1443 (5)

    1443 (6)

    1443 (7)
    暴君誅殺者。

    1443 (8)
    アルテミーデ。

    1443 (9)
    こっちはスマホで撮影。

    1443 (10)
    ファルネーゼのヘラクレス。カラカラ浴場発掘。

    1443 (11)
    ファルネーゼの皿。

    1443 (12)
    ファルネーゼの雄牛。母の恨みを晴らそうと、
    兄弟が雄牛を使って拷問するシーン。

    1443 (13)
    踊る牧神像。シッポあるんだ。

    1443 (14)
    ポンペイの豪邸からの出土品。

    1443 (15)

    1443 (16)
    なんだかわからないけど、重要っぽいので。

    1443 (17)
    1443 (18)
    ネオと妻の肖像。

    1443 (19)
    フローラ。

    1443 (20)
    メナンドロスの喜劇。
    モザイク画。ポンペイんからの出土品。

    1443 (21)
    メメント・モリ。邸宅の床に描かれていた。

    1443 (22)
    アレクサンドロ大王の戦い。
    583x313cmという大きなモザイク画。

    1443 (23)
    今回、改装中で見れないブースと作品が多数あった。

    1443 (24)

    1443 (25)
    以上、ナポリ国立考古学博物館でした。


  • 「ナポリ国立考古学博物館」へのコメントはコチラから (0)
  • 国立故宮博物院展示物

    1255 (1)
    写真だけ貼るので、勝手に見て下さい。

    1255 (2)

    1255 (3)
    これ重要。

    1255 (4)

    1255 (5)

    1255 (6)

    1255 (7)

    1255 (8)
    玉熊。見つけられない。

    1255 (9)
    あった!

    1255 (10)
    ちっちぇ〜♪

    1255 (11)
    2cm四方くらいですかね。

    1255 (12)
    これも重要。

    1255 (13)
    大きな軽量カップです。

    1255 (14)

    1255 (15)

    1255 (16)

    1255 (17)

    1255 (18)

    1255 (19)

    1255 (20)

    1255 (21)
    これ重要。

    1255 (22)

    1255 (23)
    赤いの鬼なんだよね。

    1255 (24)

    1255 (25)

    1255 (26)

    1255 (27)

    1255 (28)

    1255 (29)

    1255 (30)

    1255 (31)

    1255 (32)

    1255 (33)

    1255 (34)

    1255 (35)

    1255 (36)

    1255 (37)

    1255 (38)

    1255 (39)

    1255 (40)

    1255 (41)

    1255 (42)

    1255 (43)

    1255 (44)

    1255 (45)

    1255 (46)

    1255 (47)

    1255 (48)

    1255 (49)

    1255 (50)

    1255 (51)

    1255 (52)
    これ重要。

    1255 (53)

    1255 (54)

    1255 (55)

    1255 (56)

    1255 (57)
    これやや重要。

    1255 (58)

    1255 (59)

    1255 (60)

    1255 (61)
    印鑑。左下は眠り猫。

    1255 (62)

    1255 (63)
    これやや重要。

    1255 (64)
    これ重要。

    1255 (65)

    1255 (66)
    これ、見つけられない。

    1255 (67)
    これなんだ。

    1255 (68)
    見る角度によって様々。

    1255 (69)
    水墨画とかもあったんですが、興味ない。

    1255 (70)
    以上、国立故宮博物院展示物でした。


  • 「国立故宮博物院展示物」へのコメントはコチラから (0)
  • 国立故宮博物院の白菜と角煮

    1252 (1)
    国立故宮博物院で一番の注目物件、翠玉白菜。

    1252 (2)
    残念ながら、台中の故宮花蝶館で出張展示だってさ。

    1252 (3)
    ナンバー2の肉形石はというと・・・

    1252 (4)
    オーストラリアに貸し出し中だって。

    no title
    ナンバー1とナンバー2がいないって、どゆこと?


  • 「国立故宮博物院の白菜と角煮」へのコメントはコチラから (0)
  • リバーサイド・ミュージアム

    1618 (1)
    ケルビングローブ美術館からバスに乗ってPARTICK駅へ。

    1618 (2)
    徒歩でリバーサイド・ミュージアムへ。

    1618 (3)

    1618 (4)

    1618 (5)
    一風変わった建物です。

    1618 (6)
    入ってみましょう。入場無料です。

    1618 (7)

    1618 (8)

    1618 (9)

    1618 (10)

    1618 (11)

    1618 (12)

    1618 (13)

    1618 (14)

    1618 (15)

    1618 (16)

    1618 (17)

    1618 (18)

    1618 (19)
    どうやらこれはグレンフィナンで走ってたらしい。

    1618 (20)
    フォートウィリアムでの絵画や、、、

    1618 (21)
    グレンフィナン橋を渡っている写真も展示されています。

    1618 (22)

    1618 (23)

    1618 (24)
    SLの運転室も見ることができます。

    1618 (25)

    1618 (26)

    1618 (27)

    1618 (28)
    これ、ただの馬車じゃないんです。

    1618 (29)
    後ろに人、乗れないじゃんって思ったら・・・

    1618 (30)
    棺桶入ってるし(^_^;)アセアセ... 

    1618 (31)

    1618 (32)

    1618 (33)

    1618 (34)

    1618 (35)

    1618 (36)
    ここの博物館は交通に関係するものをたくさん集めています。
    展示物件が多いのはいいのですが、少々詰め込みすぎかと。


  • 「リバーサイド・ミュージアム」へのコメントはコチラから (0)
  • 大厩舎の馬の博物館へ

    1707 (1)
    さて、17:15の最終入場前に大厩舎へ。

    1707 (2)
    シャンティイ城と17ユーロの共通券で入れます。

    1707 (3)
    リアルに馬がいます。

    1707 (4)
    なんかこの子、めっちゃオーラ感じた。

    1707 (5)

    1707 (6)
    なんか、当たり障りの無いエキシビジョンになっちゃって。。。
    かつては、寄生虫とか剥製とか、内臓のホルマリン漬けとか、
    結構エグいのあったんですけどねー。

    1707 (7)

    1707 (8)
    はっきり言って、カネ出してまで見る内容ではありません。
    以前は併設のカフェもこじんまりしてて、なかなかいい博物館でした。


  • 「大厩舎の馬の博物館へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 新宿消防博物館

    1119 (1)
    四谷三丁目の交差点に来ました。

    1119 (2)
    新宿消防博物館へ。

    1119 (3)

    1119 (4)

    1119 (5)

    1119 (6)

    1119 (7)

    1119 (8)
    消防車がいっぱい展示されております。

    1119 (9)
    白木屋の火事の救助で使われたロープ。

    1119 (10)
    江戸時代の消火の様子です。

    1119 (11)
    当時、消防車なんぞありませんから、破壊消火なんです。
    燃えてる家の風下の家は容赦なく取り壊します。
    当時の火消しは家を壊すことからトビが中心でした。
    隣家の出火のお陰で、買い物から帰ると家が取り壊されていたなんてこと
    実際にあったそうです。

    1119 (12)
    江戸時代の火消しのコス。
    赤穂浪士の討ち入りの時、大勢でもこれを着ることで
    怪しまれないようにしたらしいです。

    1119 (13)
    火消し棒の数々。

    1119 (14)
    特徴のあるデザインを使うことにより、
    どこの組が消火を担当しているか分かりやすくしたらしいです。


  • 「新宿消防博物館」へのコメントはコチラから (0)
  • 新宿歴史博物館へ

    0942 (1)
    さて、きょうは地区協の「歩こう・知ろう!若松 新宿」企画で、
    新宿歴史博物館へ来ております。

    0942 (2)
    四ツ谷税務署から徒歩3分くらいでしょうか。

    0942 (3)
    でわでわ、入ってみましょう。

    0942 (4)
    1階と地下があります。

    0942 (5)

    0942 (6)
    ボランティアの方が説明してくれます。

    0942 (7)
    これ何だか分かりますか?

    0942 (8)

    0942 (9)
    どうでしょう? 分かりましたか??

    0942 (10)
    これなら分かるかな?

    0942 (11)

    0942 (12)
    ロマンスカーの運転台です。これ、小田急NSEなんです。

    0942 (13)
    ドアもあります。

    0942 (14)
    シートです。もちろん、リクライニングしません。

    0942 (15)
    いやぁ〜、こんなところでNSEを見れるなんて。

    0942 (16)

    0942 (17)

    0942 (18)

    0942 (19)

    0942 (20)

    0942 (21)

    0942 (22)

    0942 (23)
    すごろくやカルタなどの展示がありました。

    0942 (24)
    新宿歴史博物館は1988年創立です。


  • 「新宿歴史博物館へ」へのコメントはコチラから (0)
  • ヨークの国立鉄道博物館

    1130 (7)
    でわでわ、ヨークの国立鉄道博物館に入ってみましょう。

    1140
    ここがエントランス。

    1140 (1)

    1140 (2)

    1140 (3)
    大宮の鉄道博物館との姉妹提携について書かれたプレートです。
    姉妹提携って英語で Sister relationship なんですね。

    1140 (4)

    1140 (5)

    1140 (6)

    1140 (7)

    1140 (8)
    エリザベス女王が使ったサロンです。

    1140 (9)

    1140 (10)

    1140 (11)

    1140 (12)
    まんま風呂じゃん!

    1140 (13)

    1140 (14)

    1140 (15)

    1140 (16)

    1140 (17)
    機関車にはロイヤルスコットと入ってます。

    1140 (18)
    ここからは一般車。

    1140 (19)

    1140 (20)

    1140 (21)

    1140 (22)
    郵便車。日本で言うクモユニみたいなもんです。

    1140 (23)

    1140 (24)

    1140 (25)

    1140 (26)

    1140 (27)

    1140 (28)

    1140 (29)

    1140 (30)

    1140 (31)

    1140 (32)

    1140 (33)
    ここんちのSLはレイアウト的に撮りにくいです。

    1140 (34)

    1140 (35)
    ここでは本格的アフタヌーンティーが味わえます。

    1140 (36)
    グレートホールへ。

    1140 (37)
    おぉ〜! 0系とユーロスターが向き合ってるぞ!

    1140 (38)
    ユーロスターです。

    1140 (39)
    ユーロスターの機関車の後ろ側ってなかなか見る機会がないですよね。

    1140 (40)
    特大の消火器が入ってます。

    1140 (41)
    しかし0系ってカッコイイですよねー。

    1140 (42)
    このフォルム、ステキです。

    1140 (43)

    1140 (44)
    英国に渡ったのはQ2編成。

    1140 (45)

    1140 (46)
    1997年まで、広島〜博多間のこだま運用に就いておりました。
    Q2編成はこだま用4両編成でしたので、東京寄りの先頭車に4の文字があります。

    1140 (47)

    1140 (50)

    1140 (51)

    1140 (52)

    1140 (49)

    xx

    1140 (53)

    1140 (54)

    1140 (55)
    海を渡って英国にお興し入れしました。大事にされているようです。

    1140 (57)
    コイツもカッコイイ! 流線型蒸気機関車ダッチェス・オブ・ハミルトン号です。

    1140 (58)
    SLとは思えない、ステキなフォルムですよね。

    1140 (59)

    1140 (60)
    ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道で活躍し、現役引退後に博物館へ。

    1140 (61)

    1140 (62)
    そして、青いレコードホルダー、マラード号です。

    1140 (63)

    1140 (64)
    マラード号は時速203 km という蒸気機関車の世界最高速度記録を持ちます。

    1140 (65)

    1140 (66)

    1140 (67)

    1140 (68)

    1140 (69)

    1140 (70)

    1140 (71)

    1140 (72)

    1140 (73)
    ジョージ・スチーブンソンです。
    蒸気機関を使った公共鉄道の実用化に成功した、鉄道の父です。

    1140 (74)

    1140 (75)

    1140 (76)
    以上、ヨークの国立鉄道博物館でした。


  • 「ヨークの国立鉄道博物館」へのコメントはコチラから (0)
  • 8月のちーちくりん♪#
    ちーちくりん
    こっち向いて♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    葉月
     先月末で梅雨も明け、灼熱の8月に突入しました。もう、近所歩くだけで汗だくになります。
     8月って・・・ウニが美味しいくらいしかメリット無いような(^_^;)アセアセ... 来月には東急の催事があるので鋭意準備を進めております。あと、決算書提出も今月。なんとなく忙しい8月なのです。とにかく、暑さがニガテな支配人♪ではございますが、今月もちーちくりん共々宜しくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索