支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

博物館

きょうで大阪弁天町の交通科学博物館は閉館しました

2014-04-06
春休み最後のきょう、大阪弁天町の交通化学博物館が52年間の長い歴史に幕を引きました。

交通科学博物館 (1)
これからご覧頂くのは、3月26日に訪問した時のレポートです。

交通科学博物館
大阪市営地下鉄で弁天町に到着。

交通科学博物館 (2)

交通科学博物館 (3)
4番出口を出ると交通科学博物館です。

交通科学博物館 (4)
雨が降る中、交通科学博物館に行ってきました。
 
交通科学博物館 (5)

交通科学博物館 (6)
おやおや、こっちまで並んでいますよ(^_^;)アセアセ...

交通科学博物館 (7)

交通科学博物館 (8)
 
交通科学博物館 (9)

交通科学博物館 (10)
やっぱ食堂車、人気だわぁ〜。

交通科学博物館 (11)

交通科学博物館 (12)
とりあえず、中に入ってみた。春休みなので、ガキどもでいっぱい。

交通科学博物館 (13)

交通科学博物館 (14)
0系は混んでて、撮るのに時間かかりました。

交通科学博物館 (15)
ビジネス特急こだま。東京からの大阪出張を日帰りで可能にしました。

交通科学博物館 (17)
当時、音速で走る乗り物が研究されていたのが分かります。

交通科学博物館 (16)
先端部を見てみると・・・

交通科学博物館 (18)
500系はその流れを継いでいるものと思われます。

交通科学博物館 (26)
ヘッドマークを撮ってみました。

交通科学博物館 (19)

交通科学博物館 (20)

交通科学博物館 (21)

交通科学博物館 (22)

交通科学博物館 (23)

交通科学博物館 (24)

交通科学博物館 (25)

交通科学博物館 (27)

交通科学博物館 (28)

交通科学博物館 (31)

交通科学博物館 (29)
屋外にはD51の展示があります。

交通科学博物館 (30)
ここにあるのは2号機。梅小路に1号機がありますが、この2号機の去就は・・・

交通科学博物館 (32)
C62には、「さよなら交通科学博物館」のヘッドマークが飾られました。

交通科学博物館 (33)

交通科学博物館 (34)

交通科学博物館 (35)
食堂車のお弁当です。

交通科学博物館 (36)

交通科学博物館 (37)

交通科学博物館 (38)
 
交通科学博物館 (39)
2016年に京都の新しい鉄道博物館として甦ります。


  • 「きょうで大阪弁天町の交通科学博物館は閉館しました」へのコメントはコチラから (0)
  • 交通科学博物館2@大阪市.弁天町

    交通科学博物館2
    さて、ブースの奥に第2展示場への連絡通路があります。

    交通科学博物館2 (1)
    キター! アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ
    DD13とDF50が仲良く鎮座しております。

    交通科学博物館2 (2)
    特にDF50は萌えるねぇ〜 現存してたんですね。

    1957 (昭和32) 年、蒸気機関車を置き換えるため、
    エンジンなどに外国の技術を取り入れて作られた最初の量産形ディーゼル機関車です。
    DF50形は、エンジンで発電機を回し、モーターで走る電気式ディーゼルカーです。

    交通科学博物館2 (3)
    一番奥にはDD54も単機でありました。
    DD54形ディーゼル機関車は1971 (昭和46) 年につくられた
    亜幹線用液体式ディーゼル機関車で、主に山陰、福知山線で活躍しました。
    当時、すでに大型・小型機関車ともに国産化していましたが、
    西ドイツのメーカーからライセンス供与を受けて技術を導入。
    他の機関車と異なる技術が多く使用されました。



  • 「交通科学博物館2@大阪市.弁天町」へのコメントはコチラから (0)
  • 交通科学博物館1@大阪市.弁天町

    交通科学博物館1
    弁天町の駅から見えます、交通科学博物館です。

    交通科学博物館1 (1)
    4月6日にて52年の幕を閉じます。

    交通科学博物館1 (2)
    ここが入口です。

    交通科学博物館1 (3)
    さすがに週末だけあって、親子連れが目立ちます。

    交通科学博物館1 (4)
    閉館までのカウントダウンです。

    交通科学博物館1 (5)
    それでは館内をご案内しましょう。

    交通科学博物館1 (6)
    元祖リニアモーターカーです。
    正式名称は「ML-500形リニアモーターカーマグレブ」って長い。

    交通科学博物館1 (9)
    JNRのロゴ入りです。このロゴ、いまでも斬新ですよね。

    交通科学博物館1 (7)

    リニアモーターカー・マグレブは磁気の力で浮いて走る、
    騒音や振動の少ない超高速鉄道です。
    この「ML500」は1979 (昭和54) 年に宮崎浮上鉄道実験センターで時速517kmを記録し、
    未来の超高速鉄道の実用化にめどを付けました。その後、「MLU001」がつくられ、
    有人走行実験が行われるなど、現在でも実用化にむけて研究が続けられています。


    交通科学博物館1 (8)
    道床に磁界コイルを敷き詰めたんですね。

    交通科学博物館1 (10)
    奥には0系新幹線です。

    交通科学博物館1 (11)
    0系の先頭車は2本あります。
    0系は2007 (平成19) 年に機械遺産に認定され、
    2008 (平成20) 年には鉄道記念物に指定されました。

    交通科学博物館1 (13)
    こだまのヘッドマークをつけたボンネット489系。

    交通科学博物館1 (14)
    運転席にも入ることができます。

    交通科学博物館1 (15)
    221系のトレインシュミレーター。

    交通科学博物館1 (16)
    101系もあります。

    交通科学博物館1 (17)
    明治時代の駅を再現。

    交通科学博物館1 (18)
    客車です。

    交通科学博物館1 (19)
    シートが畳になっています。

    交通科学博物館1 (20)
    EF52です。

    1928 (昭和3) 年に当時の鉄道省と4つの民間会社の協力で誕生した
    最初の国産大型電気機関車で、東海道線の急行列車などに使われました。

    交通科学博物館1 (21)
    しかもトップナンバー。

    交通科学博物館1 (22)
    運転席です。

    交通科学博物館1 (23)
    電車のほかに、飛行機やクルマもあります。

    交通科学博物館1 (24)
    これは高速ハイウェイバスの初代ドリーム号です。

    名神、東名高速線を走る高速夜行バス「ドリーム号」として1969 (昭和44) 年に登場。
    東京-大阪間の移動としては、当時の夜行列車より速く、
    長時間の移動に備えてトイレが付くなど、サービスが充実していました。
    また、値段が安いこともあり、大変人気がありました。



  • 「交通科学博物館1@大阪市.弁天町」へのコメントはコチラから (0)
  • 文部科学省

    1549
    霞ヶ関からバスに乗るんですけど、バスまで時間があったんで、
    文部科学省の中にある「情報ひろば」に行ってみた。

    1549 (1)
    展示は3階なんですけど、エレベーターはいまどき指針式のアナログ。珍しいですね。

    1549 (2)
    あ、ありました。「情報ひろば」です。

    1549 (3)
    これは文化財扱いになっている、かつての文部大臣の応接セット。

    1549 (4)
    かつての学校のエキシビジョン。

    1549 (5)

    1549 (6)

    1549 (7)
    こんなの使ってましたね。

    1549 (8)
    ここからは給食のエキシビジョン。

    1549 (9)
    小学生でこれでは不満ですけど、いまなら大満足な内容です。

    1549 (10)

    1549 (11)

    1549 (12)
    60年代前半でビビンバの給食なんてあった?
    ちなみにわたくし、給食でゴハンって一度も食べたことがありません。


  • 「文部科学省」へのコメントはコチラから (0)
  • 帰りに博物館へ

    1745
    帰りに、1つ手前のマルティニ・ブール駅で下車。

    1745 (1)
    カミサンがまたここ寄りたいって。

    1745 (2)
    わたしゃ退屈です。

    1745 (3)
    このセントバーナード、お腹が膨らんだり凹んだりします。
    息をしているよう。ちーちくりんに買ってったら、怖がるだろうなぁ〜。


  • 「帰りに博物館へ」へのコメントはコチラから (0)
  • MUSEE et CHIENS du Saint-Bernard

    1626
    MUSEE et CHIENS du Saint-Bernard です。
    マルティニはスイスのフランス語圏なので、
    ミュゼ エ シアン ドゥ サン・ベルナールと読みます。
    ミュゼは博物館、シアンは犬、
    サン・ベルナールは英語読みすればセントバーナードです。
    つまり、セントバーナード犬の博物館ってやつですね。

    1626 (1)
    入口は大きなぬいぐるみがお迎え。

    1626 (2)

    1626 (3)
    いかにも、博物館っていうエキシビジョンです。

    1626 (4)

    1626 (5)

    1626 (6)
    ここで何匹かのセントバーナードが飼われています。
    これで1歳ですよ。すぐデカくなっちゃいます。
    大型犬だから飼うのはもちろん大変ですが、
    それ以上に寒い気候でないと飼えないんです。
    なので、日本で飼うのは至難の業なんです。
    だいたい持ってる人ってお金持ちでしょ?

    1626 (7)
    グッズも豊富に置いてます。


  • 「MUSEE et CHIENS du Saint-Bernard」へのコメントはコチラから (0)
  • スイスの交通博物館・・・飛行機館3

    1645
    クルマの次は飛行機です。

    1645 (1)

    1645 (2)
    やっぱスイスだけあって、スイスエアーですよね。

    1645 (3)

    1645 (4)
    座席です。まずはエコノミー。

    1645 (5)
    これは現行のビジネスです。

    1645 (6)
    素晴らしいフラットシートですね。これ、ファーストではなくビジネスですよ!
    欲を言えばプライバシー性がイマイチですね。丸見えですから。

    1645 (7)
    ビジネスのフラットシートのモックです。

    1645 (8)
    このように複雑なギア構造によって成り立っています。

    1645 (9)
    いつかは乗りたいファーストクラス。

    1645 (10)
    でも、そんなに体格が大柄ではないので、ビジネスで十分かも。

    1645 (11)
    これがファーストのシートのリセット時です。

    1645 (12)
    この機内にも入れます。

    1645 (13)
    ここから搭乗です。

    1645 (15)
    キャビンです。

    1645 (17)
    まずはエコノミークラス。

    1645 (16)
    2−3配列のナローボディです。

    1645 (18)
    カーテンで仕切られた前方キャビンに入ってみましょう。

    1645 (19)
    2−2配列のファーストクラスです。この当時はまだ2クラス制です。

    1645 (20)
    サロンなんかもあったりします。

    1645 (21)
    コックピットです。

    1645 (14)
    トイレもあったりします。


  • 「スイスの交通博物館・・・飛行機館」へのコメントはコチラから (0)
  • ランボルギーニ・ミウラ その25

    1610
    館内に置かれているクラシックカーの検索システムです。

    1610 (20)

    1610 (1)
    ランボルギーニ・ミウラをピックアップ。

    1610 (2)
    ランボルギーニ・ミウラ P400 です。

    1610 (3)

    1610 (4)

    1610 (5)

    1610 (6)

    1610 (7)

    1610 (8)

    1610 (9)

    1610 (10)

    1610 (11)

    1610 (12)

    1610 (13)

    1610 (14)

    1610 (15)

    1610 (16)

    1610 (17)

    1610 (18)

    1610 (19)
    ミウラ・・・いいっすねー(*^o^*)

    Golf1100GF
    そのほか、フォルクスワーゲンゴルフ 1100 GL

    ChevroletCorvetteStingRayC2Coupe
    シボレー コルベット スティングレイ C2 クーペ

    Ferrari365GTBデイトナ

    Ferrari365GTBデイトナ (1)

    Ferrari365GTBデイトナ (2)
    フェラーリ 365GTB デイトナ・・・などなどあります。


  • 「ランボルギーニ・ミウラ その2」へのコメントはコチラから (0)
  • ランボルギーニ・ミウラ その15

    1456
    さて、スイスの交通博物館なんですが、鉄道ばかりではなくクルマもあるんです。

    1456 (1)

    1456 (2)

    1456 (3)
    クラシックカーや往年のスーパーカーが勢揃い。

    1456 (4)
    ん?

    1456 (5)

    1456 (6)

    1456 (7)
    コイツはもしかして・・・

    1456 (8)
    1968年・・・ランボルギーニミウラ?

    1456 (9)
    やっぱミウラだわ。

    1456 (10)

    1456 (11)
    この黄色いのでクルマを引っ張り出せるらしいので、「ミウラ見せて」って・・・
    いまはテクニカルプロブレムだって。隣でオニーサンが必死で修理しています。

    1456 (12)
    なんか黄色いのが動いています。

    1456 (13)
    あれ、ミウラの下に入った(^^;

    1456 (14)
    お゛ーーーーーーーーーーーミウラが出てきた!

    1456 (15)
    どうやらテスト駆動をしているらしく、わざわざミウラでやってくれたみたいです。

    1456 (16)

    1456 (17)

    1456 (18)

    1456 (19)

    1456 (20)

    1456 (21)

    1456 (22)

    1456 (23)

    1456 (24)

    1456 (25)

    1456 (26)

    1456 (27)
    カウンタックもいいけど、やっぱミウラもいよねー。しかも保存状態良好!
    できればイオタも見たかったけど。

    1456 (28)

    1456 (29)

    1456 (30)

    1456 (31)
    テストのデモンストレーションを終え、格納庫に戻ってゆきます。

    1456 (32)

    1456 (33)

    1456 (34)
    なんか、感動しましたわー。スーパーカー世代なもんで。


  • 「ランボルギーニ・ミウラ その1」へのコメントはコチラから (0)
  • ルツェルンの交通博物館4

    1430
    ルツェルンの鉄道博物館をご案内します。

    1430 (1)
    近年大改装されました。

    1430 (2)
    でわでわ、参りましょう。

    1430 (3)

    1430 (4)

    1430 (5)

    1430 (6)

    1430 (7)

    1430 (8)

    1430 (9)
    ここは?

    1430 (10)
    トレインシュミレーターもあります。

    1430 (11)
    スイスの赤鬼です。

    1430 (12)

    1430 (14)
    蒸気機関のケーブルカーです。

    1430 (15)

    1430 (16)

    1430 (17)

    1430 (18)

    1430 (19)
    子供たちに大人気のミニSLです。


  • 「ルツェルンの交通博物館」へのコメントはコチラから (0)
  • 12月のちーちくりん♪#
    ちーちくりん
    暖かくしてね♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    師走
     いよいよ師走を向かえ、2018年も終わろうとしています。12月ったって普通の一ヶ月なんですけど、何となく忙しいというか、そういう雰囲気になっちゃうんですよね。みなさん忘年会のご予定は? 色々とお誘いがあって忙しいですよね。行きたい忘年会、行きたくない忘年会、色々ありますけどね。
     今月前半は1人で香港に飛ぶ予定。このブログではまだ出てきたことのないJAL機で行きます。日本航空に乗るのは20年ぶりくらいでしょうかね。
     今月末は平成最後のクリスマス。ご覧の皆様、楽しいクリスマスをお過ごし下さい。それでは今月も、なんとか年を越せそうなちーちくりん共々宜しくお願い申し上げます。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      四季島3泊4日スジ
      上野1140
      赤羽1152
      大宮1207
      古河1235
      宇都1311-19
      鹿沼1333-36
      今市1357
      日光1411-1700
      鹿沼1727-28
      宇都1744-49
      黒磯1840-43
      福島2016-21
      仙台2143-45
      花巻2351

      ☆.。.:*・°

      矢幅0008
      盛岡0020-26
      函館0618-1228
      登別1608

      回送

      登別1610
      新札1911
      ☆.。.:*・°
      東室0930

      東室0950
      青森1638-2113
      大館2253-2300

      ☆.。.:*・°

      秋田0048-53
      酒田0235-0450
      鶴岡0518-32
      あ温0600-0734
      村上0840
      新津0934-1150
      東三1218-30
      浦佐1325
      越湯1401-03
      水上1438-40
      渋川1510
      新前1520
      高崎1527-45
      深谷1606
      吹上1621
      宮原1642
      大宮1647
      浦和1654
      赤羽1704
      上野1717-1800
      四季島1泊2日スジ
      上野0915
      大宮0940
      SW-BACK
      大宮0953
      西浦1002
      新座1009
      新秋1017
      国立1032
      八王1044-46
      大月1125
      塩山1150-1209

      回送
      甲府1227-1543
      塩山1602中

      塩山1627中
      甲府1645-46
      上諏1755-56
      松本1831-36
      坂北1907-08
      篠井2000中下

      回送
      篠井2014
      聖高2103-13
      姨捨2125-34
      長野2204-06
      妙高2256-58
      直江2340-42
      ☆.。.:*・°
      長岡0057-0112
      新津0200-0330
      喜多0616-0712
      会若0730

      会若1122
      猪苗1154-59
      郡山1239-44
      黒磯1343-49
      宇都1438-40
      小山1508
      古川1521
      大宮1556
      浦和1604
      上野1623
      TWL-EXP瑞風 山陽下りA
      宮原0910
      長岡0930
      向日0935-1000
      京都1012-22
      島本1036
      高槻1040
      大阪1054-1102
      尼崎1112
      芦屋1120
      神戸1130
      舞子1140
      魚住1152
      姫路1209-10
      網干1216
      相生1230
      三石1255
      岡山1341-47
      倉敷1403-1506
      中庄1512-52
      倉敷1558-1802
      福山1832-33
      尾道1910
      三原1934
      広島2330-40
      五日2353

      ☆.。.:*・°

      五日0614
      柳井0740-0810
      岩国0901-15
      西広0956-1005
      由宇1111-44
      南岩1200-09
      岩国1215-23
      南岩1230
      大富1259
      徳山1332-36
      小月1500
      下関1520-59
      TWL-EXP瑞風 山陽上りB
      下関1028
      宇部1110
      徳山1212-16
      岩国1327-33
      大竹1650
      広島2253-56
      中野2311

      ☆.。.:*・°

      三原0017-23
      糸崎0028-0346
      三原0350-0406
      安登0517-20
      三原0753-58
      尾道0814-1201
      福山1220
      倉敷1256
      中庄1300
      岡山1325-28
      和気1350-1405
      相生1445
      姫路1500-05
      明石1526
      神戸1538
      三宮1540
      夙川1550
      尼崎1555
      大阪1600-1620
      高槻1637
      京都1645

      回送
      京都1715
      島本1731
      高槻1735
      千里1745
      岸辺1743
      東淀1748
      宮原1753
      TWL-EXP瑞風 山陰下りC
      宮原0948
      塚本0950
      大阪0955-1018
      岸辺1029
      山崎1040
      京都1048-54
      円町1101
      胡麻1142
      山家1210-30
      福知1250-52
      和田1323
      八鹿1333-41
      江原1348-49
      豊岡1358-1401
      城温1411-55
      豊岡1511-1629
      城温1639-58
      香住1724-1803
      浜坂1822-34
      岩美1851
      鳥取1918-20
      倉吉2010
      米子2150-2154
      揖屋2246

      ☆.。.:*・°

      松江0030
      出雲0102
      浜田0532-38
      益田0647-50
      戸小0701-26
      木与0802-08
      東萩0840-0950
      長門1022-1106
      萩 1133-1208
      東萩1213-22
      阿川1351-1400
      湯玉1430-40
      吉見1506
      下関1532-1559
      TWL-EXP瑞風 山陰上りD
      下関1028
      宇部1110
      徳山1212-16
      岩国1327-33
      西広1442-1505
      由宇1613-23
      大竹1650
      宮島1703-33
      岩国1847-54
      広島2253-56
      中野2311

      ☆.。.:*・°

      三原0017-23
      糸崎0028-0346
      三原0350-0406
      広島0535-0600
      三原0753-58
      尾道0814-1201
      倉敷1256
      岡山1325-28
      和気1350-1405
      姫路1500-05
      明石1526
      神戸1538
      芦屋1550
      尼崎1555
      大阪1600-1620
      高槻1637
      京都1645-1715
      島本1731
      岸辺1743
      宮原1753
      TWL-EXP瑞風 周遊コース
      宮原----
      大阪0923
      島本0940
      京都1012-22
      大阪1054-1102
      尼崎1106
      須磨1135
      姫路1204
      和気1313
      岡山1341-47
      中庄1358-1414
      倉敷1420-1506
      中庄1512-47
      岡山1602-05
      瀬戸1620-1703
      岡山1718-1726
      倉敷1739-52
      金光1801
      福山1835
      尾道1852
      広島2017
      新山2255

      ☆.。.:*・°

      幡生0105
      益田0440
      宍道0822-36
      松江0851-57
      来待0908-12
      荘原1436-43
      松江1503-1657
      出雲1738
      米子2010-2022
      淀江2056-2103
      米子2116

      ☆.。.:*・°

      米子0036
      鳥取0814-31
      豊岡1408
      綾部1540
      下山1604-09
      船岡1623-36
      京都1717-23
      桂川1729
      向日1733-54
      岸辺1812
      宮原----
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索