JR東海

2017年04月03日

1232 (1)
名古屋に到着。きょうは一眼レフ持ってきてないんですけど・・・

1232 (2)
特急ひだ。こりゃ手抜きすぎか(^_^;)アセアセ... 

1232 (3)
では、反対側ホームから特急ひだ。

1232 (4)
特急しなの。

1232 (5)
特急南紀。

これから仕入れがあるんで、ゆっくり撮ってられん。
しかし、JR東海って、CO2排出する特急多いねぇ〜。
新幹線で儲かってるんだから、電化すればいいのに。
まあ、新幹線以外はお荷物事業なんでしょうけど。

鉄道コムへ12:32個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線以外 

2016年12月03日

0701 (3)
三島駅に到着。

0701 (1)
ここが沼津側先端。

0701 (2)
望遠使うとインカーブで撮れます。

0701 (4)
浜松方面に向けて折り返し列車が逆走してゆきます。

0716 (1)
そろそろ甲種が来る時間帯なんですけど・・・来ない。

0716 (2)
来ない。

0716 (3)
まだ来ない・・・

11
1時間弱待ったけど、どうも来そうにない。
もらってたスジだと、東武500系甲種は2日に神戸を出発して、
3日に東京に到着する予定でしたが・・・静岡貨物でのツイートも上がってない。
当初、1便は3両の予定でしたが、明日から9両まとめて移動するみたいで・・・
今朝の早起きはなんだったんだろうか(o-_-)o


鉄道コムへ07:01個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線以外 

2016年11月26日

1614
そろそろ甲種が沼津を出たあたりで、211系5B登場。これはいい練習電だわ。
さっきまで逆光が強くてどーにもならなかったのだが、
日没直前になってなんとかバランスが取れてきました。 

鉄道コムへ16:14個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線以外 

2016年07月31日

1030 (1)
さて、ここが2階です。

1030 (2)

1030 (3)

1030 (8)
2階の目玉、ミニリニアです。めっちゃ長蛇の列。

1030 (9)
親子で乗ることもできるみたいです。

1030 (10)
これが電磁石とコイル。

1030 (11)

1030 (12)

1030 (13)
まあ、見学センターらしい技術展示がいっぱいあります。

1030 (4)
ここは3階。

1030 (5)

1030 (6)

1030 (7)
テラスからは試験走行線が見えます。

1030 (14)

きょうは生憎、試験走行の日ではありませんでした。。。(lll __ __)
以上、リニア見学センターでした。

鉄道コムへ10:30個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR東海 
1010 (1)
ML100
リニア誘導モータ駆動の4人乗り展示車両。
磁気浮上のMagnetic Levitationを略してML、100は鉄道100周年に由来。

1010 (2)
1972年10月14日の鉄道記念日に鉄道技術研究所構内の480 mの実験線で展示され、
60km/hでの有人浮上走行に成功した。全長7m、幅2.5m、高さ2.2m、重量3.5t。
外部への公開用であったため、白地に赤いラインの入った丸いカバーを取り付けた。
実物は国分寺市の鉄道総合技術研究所に保管されている。

1010 (3)
ML-500
500は500km/hを意味し、1977年に1台だけ試作された無人実験車両。
この車両から宮崎実験線での実験となった。全長13.5m、幅3.7m、高さ2.9m、重さ10t。
逆T字形のガイドウェイにまたがるように載っている。
1979年12月21日に当時の世界最高速度517km/hをマーク。

2017 (2)
2014年の閉館まで、大阪市の交通科学博物館に展示されていたが、
閉館後は国分寺市にある鉄道総合技術研究所で保存されている。

1010 (4)
MLU001
1980年から宮崎実験線のU字型軌道用として導入された。
MLUのUはU字型軌道をあらわしている。
強い磁力を発生させる超電導電磁石を搭載し、浮上と推進に同一コイルを使用。
車両の小型化に貢献した。先頭車両が2両、中間車両が1両製造された。
両先頭車は全長10.1m、中間車は8.2mで、幅は3m、高さは3.3m、重量は10t。
定員は先頭車が8人、中間車が16人で、最大32人の座席を備えていた。
1982年9月に宮崎実験線での初めての有人走行実験に成功。
1986年に3両連結で352 km/h、1987年に2両連結で405km/hを達成している。

1010 (5)
MLU002
1987年3月に導入された実用車両を視野にいれ、実験車両として1両だけ試作。
全長は22m、幅3m、高さ3.7m、重量17t。この車両から台車に超電導電磁石を搭載。
両端を流線形状とし、客室スペースも広く取り入れ44人分の座席を確保していた。
MLU001に備えられていなかった車内の空調設備が導入されており、
一般からの試乗体験が考慮されていた。国鉄最後の実験車として貴重な存在であったが、
1991年10月、実験走行中に補助支持車輪のパンクを再現する機構が誤作動してロックし、
牽引車両で引き上げる際に摩擦でマグネシウムホイールから出火し、焼失してしまった。

1010 (6)
MLU002N
1993年1月に導入された実験車両。MLU002とほぼ同様の外形であるが、
正面窓が省略されている。ディスクブレーキ、空力ブレーキなどが追加。
当然ながらMLU002焼失に対する反省から難燃化も行われた。
この車両で、1995年1月に宮崎実験線での有人走行最高速度記録、411km/hを達成。
液体ヘリウムの消費量も激減してほぼクローズサイクルで運転できるようになった

1010 (7)
MLX-01
1996年(平成8年)から導入された山梨の実験線用に開発された車両。
Experiment(実験)のXが名前に付けられた。
大量輸送に向けた実用実験を行うため、本格的な客室スペースが用意された。
先頭車両の形状は空気抵抗の効果確認のため、2種類が用意された。
車体長は先頭車が28m、標準中間車が21.6m、長尺中間車が24.3m、
幅は2.9m、高さ3.32m。車両の連接部には連接台車が採用されている。
空気抵抗を減らすため正面断面積がなるべく小さくなるように低床車体を採用。
トンネル走行時にかかる外圧変動にも耐えることができる設計となっている。
 
1537 (7)
MLX01-1(ダブルカスプ型先頭車・甲府方)は愛知万博(愛・地球博)での展示の後、
名古屋市港区に腐食試験のため留置。
その後、2011年に開館したJR東海管轄の「リニア・鉄道館」で展示されている。

1010 (8)
MLX01-2
2003年に山梨実験線で当時の世界最高速度581km/hを記録。

1010 (9)
MLX01-901
2002年製造、同年6月18日に搬入された超ロングノーズ型先頭車。
先頭車が1両のみであるため単独で編成を組めない。
2009年に改造、車号末尾に A が追加された。

Y (1)
ちなみに、リニアの研究は1962から行われたみたいで。。。早っ!

Y (2)
生きてるうちに乗れればいいんですけどね。

鉄道コムへ10:10個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR東海 
1000 (1)
ここがリニア見学センターのエントランスホール。

1000 (2)
リニアモーターカーMLX01-2が展示してあります。

1000 (3)

1000 (5)

1000 (6)

1000 (7)

1000 (8)

1000 (9)

1000 (10)

x

1000 (11)
2011年まで試験走行で活躍しました。

鉄道コムへ10:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR東海 
0950 (1)
まもなく、山梨県立リニア見学センターです。

0950 (2)
実験線が見えてきました。

0950 (3)
ここをリニアが通るんですけど・・・

0950 (4)
きょうは残念ながら運転日ではないんです。

0950 (5)
山梨県立リニア見学センターに到着しました。

0950 (6)
どきどきリニア館です。

0950 (7)
ここにリニアの展示があります。

0950 (8)
入ってみましょう。

 ☆この記事へ頂いたコメント☆

1. Posted by 静岡のK   2016年08月01日 05:57
わたしも行きましたよ。
と、言っても4ヶ月も前の話ですが。
(途中までですがリンク貼りました)
わたしが行った日はみぞれまじりのとても寒い日でした。ピーカンで、ってか暑そうですね
お疲れ様でした。

2. Posted by 支配人♪   2016年08月01日 06:36
わくわくやまなし館・・・そんなのあったのか(汗

鉄道コムへ09:50個別ページコメント(2)トラバ(0)
JR東海 

2016年07月18日

1606 (1)
40分待って、新大阪始発の384Aをチョイス。
40分待たないと、通路側の席しかないのである。

1606 (2)
1606 (3)
1606
数本見送って、なんとか窓側取れましたけど、やっぱり満席です。

鉄道コムへ16:06個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線 

2016年07月03日

0733 (1)
名古屋に到着。

0733 (2)
ここで「のぞみ」から・・・

0733 (3)
「ひかり」にスイッチ。

0733 (4)
あ、トイレ済ましておかないと・・・

鉄道コムへ07:33個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線 
0600 (1)
朝6時前、東京駅なう。

0600 (2)
14番線から、のぞみ1号が出ます。

0600 (3)
この時間、まだグランスタを開いてないので、ここで弁当買うしかない。

0600 (4)
さあ、急げ!

0600 (5)

0600 (6)

0600 (7)
これから名古屋まで向かいます。

鉄道コムへ06:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
JR海-新幹線 
   過去の記事へさかのぼります



presented by 支配人 with 時々ちーちくりん