支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

付き添い(義父)

きょう退院しました

0930 (1)
慶応義塾大学病院へ。

0930 (2)
きょうは退院する義父をお迎えに。

0930 (3)
診察はお休みです。

0930 (4)
家族1名しか病棟には入れないって。

0930 (5)
妹さんが先に行っているので、エレベーターホール前で待機します。


  • 「きょう退院しました」へのコメントはコチラから (0)
  • HCUでご対面

    1100 (1)
    この4Cというエリア。

    1100 (2)
    HCUとは「High Care Unit」の頭文字をとったもので「高度治療室」のことです。
    分かりやすく言うとレベルの高い ICUのことです。

    1100 (3)
    面会できるということで・・・

    1100 (4)
    HCUへ。義父はまだウトウトしておりましたが、元気なのを確認できました。
    林田先生、ありがとうございました m(_ _)m


  • 「HCUでご対面」へのコメントはコチラから (0)
  • 手術完了

    x
    待合室に入って1時間後、手術を終えた林田先生がお見えになりました。
    ってことは、手術時間は正味1時間を切ってたってことです。
    早い、めっちゃ早すぎる! 

    1000 (1)
    すぐに手術の画像を見せてくれました。

    1000 (2)
    人工弁のステントが見えます。

    1000 (3)
    カテーテルでの挿入時の状況です。

    1000 (4)
    内側にあるバルーンを利用して徐々に広げます。

    1000 (5)
    カテーテル右側からバルーンに空気が入ってゆきます。

    1000 (6)
    かなり広がってきました。

    1000 (7)
    設置完了。ここでバルーンを抜いて…

    1000 (8)
    これで弁置換および留置完了。

    1000 (11)
    人工弁はこんな感じです。

      no title
    義父には右脚ブロックという症状がありました。
    洞結節から発せられる鼓動のための電気信号が
    右心室を囲む右脚と左心室を囲む左脚の2経路から
    心筋に伝達されるのですが、片方(右脚)が機能していません。
    左脚を傷つけてしまうと、心不全を起こしてしまうので、
    人工的に信号を発するペースメーカーを入れなくてはなりません。
    それを回避するため、先生は人工弁を通常より3mm上に設置。
    左脚からやや離すことにより、リスクを軽減しました。

    1000 (9)
    昨今、世界的にカテーテル手術件数が上昇。
    反比例して弁置換術による院内死亡率は下がっています。
    このグラフで見ると、開胸手術はやはりリスクが大きいし、
    逆にカテーテルでの置換術は回復が早い上に低リスクなのです。

    1000 (10)
    今回、エドワーズライフサイエンス社のサピエン3を使いました。
    牛の心のうを使った最新型で、4サイズあります。

    1000 (12)
    最新型は下部にアウターリングスカートが装着され、
    石灰化した大動脈弁の上から装着した場合、
    弁と人工弁とのギャップ(すきま)からの逆流を大きく防ぐ役割があります。


  • 「手術完了」へのコメントはコチラから (0)
  • ICUラウンジ

    0911 (1)
    手術中はこの「ICUラウンジ」で待ちます。

    0911 (2)
    仕切りのあるブースで、家族で待つことが出来ます。


  • 「ICUラウンジ」へのコメントはコチラから (0)
  • 朝からカミサンと慶応義塾大学病院へ

    0830 (1)
    朝から朝からカミサンと慶応義塾大学病院へ。

    0830 (2)
    きょうは義父の手術の立会いです。

    0830 (3)
    1号館へ。

    0830 (4)
    コロナの影響で病室には入れず。
    しかし手術室へ行く義父と束の間会うことができました。


  • 「朝からカミサンと慶応義塾大学病院へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 慶応義塾大学病院に入院

    0930 (1)
    タクシーで慶応義塾大学病院へ。

    0930 (2)
    着きました。

    0930 (3)
    ここが特設入口。検温します。

    0930 (4)
    まずは入院受け付けへ。

    0930 (5)
    先日のPCR検査でシロだったので、義父は晴れて入院なのです。

    0930 (6)
    今回はガチで個室です。猛プッシュしました。

    0930 (7)
    相部屋だと外の共同トイレを使いますが、見舞いや付き添いの人も使うので、
    やはり個室の専用トイレが安全かと。1泊44,000円でございます。
    ちなみに、左側がシャワーで、シャワー使うと床が水浸しに。
    なんかこれ、イタリア式ですよね?

    0930 (8)
    落ち着いたら相談室へ。主治医の林田先生から説明を受けます。
    林田先生は心臓弁置換術TAVI の権威でございます。


    開胸をせずにこんな手術をします。

    先生が言うには、いまコロナ真っ最中なんで、
    重篤な患者さんだけ声をかけているそうです。
    うちのお父さんは重症を通り越して超重症なんだと。
    めっちゃ元気でパワフルなんですけどね。
    「じゃあ、今年の秋冬は越せなかったかもね」って言ったら、
    先生が「そこまで持たない」って。ひぇ〜((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))
    お義父さん、マジでビビってました。でも、気付いてよかったです。
    毎日一緒に住んでて気付かなかったら責任重大でした。

    みなさんのお知り合いに、最近息切れしやすいって方、いませんか?
    放置しておくと2年以内に突然死する可能性が高いのです。
    ちょっとでも気になったらお医者さんに行って下さいね。
    いまは開胸せず、1時間程度のカテーテル手術で回復できます。


  • 「慶応義塾大学病院に入院」へのコメントはコチラから (0)
  • PCR検査を受けに慶応義塾大学病院へ

    0953 (1)
    義父を連れて慶応病院へ。この画像の突き当りがいつもの入口なんだけど閉鎖。

    0953 (1x)
    こっち側から入れって。入ってすぐマスク着用確認と非接触での体温測定。

    0953 (2)
    晴れて院内に入れます。

    0953 (3)
    待合室もガラガラ。

    0953 (4)
    この一般細菌検査というのがPCR検査。
    これから先、入院するためにはPCR陰性なのが条件なのです。

    0953 (5)
    なんかすごーく古い建物(2号館)に振られます。
    この先で検査なんですけど、わたくしは付き添いなのでここで待機。

    0953 (6)
    まさに昭和な病棟。

    0953 (7)
    メモの台なんですけど・・・

    0953 (8)
    市内局番3ケタだし(^_^;)アセアセ... 

    0953 (9)
    PCR検査が終わったら胸部CT。肺炎を起こしていないかもチェックされます。

    義父にPCR検査って何やったの?って聞いたら、
    長〜い綿棒で鼻の奥をこしょこしょやるだけみたいです。

    コロナが白なら晴れて入院して待ちに待った大動脈弁置換術。
    これやらないと2年以内に突然死の可能性大なので、
    こんな時期ですけど早めにやりましょうと
    病院側からオファー頂きました。まあ、すいてていいけどね。
    ちなみにコロナが黒だったら・・・どうなっちゃうんだろ(^_^;)アセアセ...

    ちなみに義父だけPCR検査をしておりますが、
    濃厚接触者のわたくしも検査しないと全く意味ないと思いますけど?
    まあ、そこはザルなんですよ。


  • 「PCR検査を受けに慶応義塾大学病院へ」へのコメントはコチラから (0)
  • クスリを分包

    2359 (1)
    さて、きょうもらってきた義父のクスリ。

    2359 (2)
    これ、1回分に分包しないと・・・

    2359 (3)
    カミサンと二人でチームワークで。5月いっぱいまで完了。


  • 「クスリを分包」へのコメントはコチラから (0)
  • クスリもらってきた

    1415
    義父のクスリ、やっと揃ったみたいなのでもらってきました。
    種類が多いので在庫切れだったりとか。とりあえず90日はこれで安心。
    ブログに上げとくと、咄嗟の時にすぐ見れるので便利です。


  • 「クスリもらってきた」へのコメントはコチラから (0)
  • 帰りに飯田橋の東京新宿メディカルセンターへ

    1304 (1)
    さて、北千住でランチしてから・・・

    1328 (1)
    飯田橋へ。

    1328 (2)
    JCHO(東京新宿メディカルセンター)へ向かいました。

    1328 (3)
    実は義父のクスリがもうすぐ切れてしまうので。

    1328 (4)
    義父の担当医師は月、木、金。

    1328 (5)
    きょうは電話で診察という医師とは非接触。処方箋だけもらって帰ります。


  • 「帰りに飯田橋の東京新宿メディカルセンターへ」へのコメントはコチラから (0)
  • 診療キャンセル

    1502 (1)
    さきほど、慶應義塾大学病院から電話がありまして…
    明日の診療予約をキャンセルするとの連絡でした。
    明日2日から8日まで、外来患者を一切遮断するそうです。
    弁膜症のオペ、頓挫せざるを得ない状況ですが、
    2年以内に突然死のリスクがあるので、のんびりもしてられないのです。


  • 「診療キャンセル」へのコメントはコチラから (0)
  • 診察が終わりました

    1042 (1)
    お会計です。先日の入院費用が入っています。

    1042 (2)
    慶応病院を後にします。

    1042 (3)
    いやぁ、コロナは恐いね。見えない敵はなかなか防ぎようがありません。


  • 「診察が終わりました」へのコメントはコチラから (0)
  • 今、話題の慶応病院へ

    0934 (1)
    いま話題の慶応病院へ。

    0650 (3)
    系列病院からのもらいコロナで話題沸騰。

    0934 (2)
    きょうは義父の予約外来の付き添い。
    マスクをしていないと院内に入れません。

    0934 (3)
    口腔外科です。

    0934 (4)
    まあ、歯科外来なので、入院棟とは離れているので、
    コロナの影響はまだ無いと思いますけどね。


  • 「今、話題の慶応病院へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 早起きして慶応病院へ

    0916 (1)
    早起きして慶応病院へ。ここのドアが閉まってるって珍しい。

    0916 (2)
    きょうは検査入院からの退院の日。朝9時半にお迎えです。


  • 「早起きして慶応病院へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 検査入院

    0911 (1)
    朝から慶応病院へ。

    0911 (2)
    きょうから義父の検査入院です。

    0911 (3)
    病棟に入ります。

    0911 (4)
    無事、入院完了。あとは看護士さんにお任せ。


  • 「検査入院」へのコメントはコチラから (0)
  • 5月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    ピンクのお鼻♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫
へ ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    皐月
     五月に入りました。毎日毎日コロナ漬けというか、テレビつければコロナ情報の嵐です。結局、香港も行けず(行けるわけ無い)で終了。6月のパリも行けそうにありません。航空券予約しっぱなんですが、旅行社に電話しても臨時休業。まあ、放置プレイしますか・・・
     最近、外食がほとんど出来ない状態なのでブログネタに困っております。こんな時にちーちゃんいればネタ的に助かるんですけどね。
     常日頃から書いているブログですが、皆様の自宅待機時の暇つぶしにでもなれば幸いです。今月もちーちくりん共々宜しくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索