支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

ガウディ建築

サン・パウ病院からサグラダファミリアへ

1742
さて、サン・パウ病院から回れ右すると・・・

1742 (1)
そこはガウディ通り。そして向こうには・・・

1742 (2)
そう、サグラダファミリアが見えるんです。

1742 (3)

1742 (4)

1742 (5)

1742 (6)
だんだん近くなってきます。

1742 (7)
これで、今回の旅でのサグラダファミリア大聖堂は見納めです。

1742 (8)
サグラダファミリア駅から地下鉄で帰ります。


  • 「サン・パウ病院からサグラダファミリアへ」へのコメントはコチラから (0)
  • これからお出かけ

    1412
    きょうは朝からどんよりお天気です。

    1412 (1)
    きょうはカサ・バトリョの前の地下鉄入口から出発。

    1412 (2)
    きょうはあんまり並んでいないですね。まあ、天気イマイチですからねー。


  • 「これからお出かけ」へのコメントはコチラから (0)
  • ガウディ作「キリストの復活」

    キリストの復活

    キリストの復活 (1)

    キリストの復活 (2)

    キリストの復活 (3)

    キリストの復活 (4)

    キリストの復活 (5)

    キリストの復活 (6)

    キリストの復活 (7)

    キリストの復活 (8)

    キリストの復活 (9)

    キリストの復活 (10)

    キリストの復活 (11)

    キリストの復活 (12)

    キリストの復活 (13)

    キリストの復活 (14)

    キリストの復活 (15)

    キリストの復活 (16)

    キリストの復活 (17)

    キリストの復活 (18)
    ガウディ作「キリストの復活」です。
    処刑されたキリストが3日後に復活するストーリーを、
    岩肌をくり貫いてモニュメントを作り表現しています。


  • 「ガウディ作「キリストの復活」」へのコメントはコチラから (0)
  • サンタ・コパにあるガウディ作「キリストの復活」へ

    1444
    さて、これからガウディ作「キリストの復活」を見に行きます。

    1444 (1)

    1444 (13)
    サンタ・コパ方面に向かいます。フニクレールを降りて、向かって右方向です。

    1444 (3)
    下ってゆきます。

    1444 (4)

    1444 (2)
    途中、このようなモニュメントが計15箇所あります。

    1444 (5)
    さらに進みます。

    1444 (6)

    1444 (7)
    まだまだ進みます。

    1444 (8)

    1444 (9)
    下から見上げたモンセラットの岩山と修道院です。

    1444 (10)
    もうちょっと進みます。ずーっと下りです。帰りがコワイ(^_^;)アセアセ...

    1444 (11)
    ありました!

    1444 (12)
    これがガウディ作「キリストの復活」です。


  • 「サンタ・コパにあるガウディ作「キリストの復活」へ」へのコメントはコチラから (0)
  • これからお出かけです

    1117

    1117 (1)

    1117 (2)
    きょうもカサ・バトリョの前から地下鉄に乗ります。

    1117 (3)
    スペイン広場へ。


  • 「これからお出かけです」へのコメントはコチラから (0)
  • サンタ・パシア教会の床面タイルのモザイク(再撮)

    1712
    17時を過ぎてようやく開きました。

    1712 (1)
    でも17時ですからね、暗いでしょう。

    1712 (2)

    1712 (3)
    やっぱり・・・(>_<)

    1712 (4)
    かなり暗いです。肉眼だともっと暗いんですよ。

    1712 (5)
    そこで神父さん登場! 電気をつけてくれました。

    1712 (6)
    ガウディのデザインのモザイクのタイルです。

    1712 (7)

    1712 (8)

    1712 (9)

    1712 (10)

    1712 (11)

    1712 (12)

    1712 (13)
    ホワイトバランスを変えてきました。

    1712 (14)

    1712 (15)

    1712 (16)

    1712 (17)

    1712 (18)

    1712 (19)

    1712 (20)

    1712 (21)

    1712 (22)

    1712 (23)

    1712 (24)

    1712 (25)

    1712 (26)

    1712 (27)
    パイプオルガンの修繕費を募っておりました。
    電気もつけて頂いたので、少し寄付をさせて頂きました。

    1712 (28)
    美しいタイルを保ってくれた教会に感謝。


  • 「サンタ・パシア教会の床面タイルのモザイク(再撮)」へのコメントはコチラから (0)
  • カサ・ベリェスグアルド(フィゲーラス邸)のガイドツアーを終えて

    1435x
    さて、きょうは12時からのスペイン語のガイドツアーに参加しました。
    何言ってるかさーっぱり分かりませんでしたけど。

    1435
    庭、1階(GF)のエントランス、それから上の階を見学し、最後は屋上に上がります。
    ラウンドタイムは概ね1時間です。

    フィゲーラス邸 (61)
    ちなみにこれ、ドラゴンをイメージして作ったとか。
    窓が目、煙突が尻尾という感じです。ここだけ英語で別個に説明してくれました。

    1435 (1)
    庭園には飲み物の自販機があります。

    1435 (2)
    一息ついています。

    1435 (3)
    キレイなトイレもあります。

    1435 (4)
    場所は地図を参照。延々と続く高台なので、歩いていくことはお勧めしません。

    1435 (5)
    フィゲーラス邸の見学時間は地球の歩き方にも載っていなかったので、掲載しておきます。

    5月1日〜10月31日
    月〜金 10〜19時
    土曜日 10〜15時

    11月1日〜4月30日
    日曜を除く 10〜15時

    オーディオガイドは日本語にも対応。

    ガイドツアー
    営業日の11時(英語)、12時(スペイン語)
    ガイドツアーでは建物内部を見学できます。


  • 「カサ・ベリェスグアルド(フィゲーラス邸)のガイドツアーを終えて」へのコメントはコチラから (0)
  • カサ・ベリェスグアルド(フィゲーラス邸)のガイドツアー

    フィゲーラス邸 (1)

    フィゲーラス邸 (2)

    フィゲーラス邸 (3)

    フィゲーラス邸 (4)

    フィゲーラス邸 (5)

    フィゲーラス邸 (6)

    フィゲーラス邸 (7)

    フィゲーラス邸 (8)

    フィゲーラス邸 (9)

    フィゲーラス邸 (10)

    フィゲーラス邸 (11)

    フィゲーラス邸 (12)

    フィゲーラス邸 (13)

    フィゲーラス邸 (14)

    フィゲーラス邸 (15)

    フィゲーラス邸 (16)

    フィゲーラス邸 (17)

    フィゲーラス邸 (18)

    フィゲーラス邸 (19)

    フィゲーラス邸 (20)

    フィゲーラス邸 (21)

    フィゲーラス邸 (22)

    フィゲーラス邸 (23)

    フィゲーラス邸 (24)

    フィゲーラス邸 (25)

    フィゲーラス邸 (26)

    フィゲーラス邸 (27)

    フィゲーラス邸 (28)

    フィゲーラス邸 (29)

    フィゲーラス邸 (30)

    フィゲーラス邸 (31)

    フィゲーラス邸 (32)

    フィゲーラス邸 (33)

    フィゲーラス邸 (34)

    フィゲーラス邸 (35)

    フィゲーラス邸 (36)

    フィゲーラス邸 (43)

    フィゲーラス邸 (44)

    フィゲーラス邸 (45)

    フィゲーラス邸 (46)

    フィゲーラス邸 (47)

    フィゲーラス邸 (48)

    フィゲーラス邸 (50)

    フィゲーラス邸 (51)

    フィゲーラス邸 (52)

    フィゲーラス邸 (37)

    フィゲーラス邸 (38)

    フィゲーラス邸 (39)

    フィゲーラス邸 (40)

    フィゲーラス邸 (41)

    フィゲーラス邸 (42)

    フィゲーラス邸 (49)

    フィゲーラス邸 (53)

    フィゲーラス邸 (54)

    フィゲーラス邸 (55)

    フィゲーラス邸 (56)

    フィゲーラス邸 (57)

    フィゲーラス邸 (58)

    フィゲーラス邸 (59)

    フィゲーラス邸 (60)

    フィゲーラス邸 (61)

    フィゲーラス邸 (62)

    フィゲーラス邸 (63)

    フィゲーラス邸 (64)

    フィゲーラス邸 (65)

    フィゲーラス邸 (66)

    フィゲーラス邸 (67)

    フィゲーラス邸 (68)

    フィゲーラス邸 (69)

    フィゲーラス邸 (70)

    フィゲーラス邸 (71)

    フィゲーラス邸 (72)
    フィゲーラス邸 (73)

    フィゲーラス邸 (74)

    フィゲーラス邸 (75)

    フィゲーラス邸 (76)

    フィゲーラス邸 (77)

    フィゲーラス邸 (78)

    フィゲーラス邸 (79)

    フィゲーラス邸 (80)

    フィゲーラス邸 (81)

    フィゲーラス邸 (82)

    フィゲーラス邸 (83)

    フィゲーラス邸 (84)

    フィゲーラス邸 (85)

    フィゲーラス邸 (86)

    フィゲーラス邸 (87)

    フィゲーラス邸 (88)

    フィゲーラス邸 (89)

    フィゲーラス邸 (90)
    1回目は日曜日に行ってしまったんで入れず。
    2回目は見学できたんですけど、建物の周囲のみ。
    そして3回目はガイドツアーに参加して、内部を見学できました。
    ここは私邸ですので、決められた時間だけ見学が許されています。
    日曜日に見学ができないのは、オーナー一族がここに集まるからです。
    ガイドツアーは日曜日を除く11時(英語)と12時(スペイン語)の2回です。


  • 「カサ・ベリェスグアルド(フィゲーラス邸)のガイドツアー」へのコメントはコチラから (0)
  • またまたフィゲーラス邸へ

    1143
    さて、ホテルからタクシーに乗りました。フィゲーラス邸へ再び。これで3度目。

    1148

    1148 (1)
    ステキな建物ですよね。

    1148 (2)
    なんとか12時前に着きました。


  • 「またまたフィゲーラス邸へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 朝の自然光の中でのカサ・バトリョ

    カサ・バトリョの自然光撮影
    朝9時前のオープン前に1人で来ました。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (1)
    今朝はたったのこれだけ。お買い得?

    カサ・バトリョの自然光撮影 (2)
    なので入ってみます。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (3)
    皆さん、オーディオガイドを聞きながらエントランスで立ち往生。
    なので、皆さんが来ないうちに2階のホールへ。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (4)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (5)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (6)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (7)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (8)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (9)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (10)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (11)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (12)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (13)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (14)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (15)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (16)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (17)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (18)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (19)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (20)
    窓、開くんです。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (22)
    天井へ伸びるワイヤーがバランサーと繋がっています。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (21)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (23)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (24)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (25)
    本来、体の不自由な方用のエレベーターですが、
    朝は使われていなかったんで、乗って屋上まで上がりました。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (26)
    屋上、貸切です(^O^)v  ありえないくらいの贅沢です。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (27)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (28)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (29)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (30)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (31)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (32)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (33)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (34)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (35)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (36)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (37)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (38)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (39)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (40)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (41)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (42)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (43)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (44)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (45)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (46)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (47)
    かつてはここからサクラダファミリア大聖堂が見えたんですが、
    いまは銀行のビルが邪魔になり、先端だけしか見えません。

    カサ・バトリョの自然光撮影 (48)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (49)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (50)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (51)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (52)

    カサ・バトリョの自然光撮影 (53)
    40分ほどで見学を終えましたが、並んでいる人はゼロ。
    長蛇の列の日もあれば、こんな日もあるんですねぇ。


  • 「朝の自然光の中でのカサ・バトリョ」へのコメントはコチラから (0)
  • カサ・ミラ前のショー開幕です

    2042

    2042 (1)

    2042 (2)

    2042 (3)

    2042 (4)

    2042 (5)

    2042 (6)
    ガウディ建築かつ世界遺産の前でやっちゃうんだから、スゴいよねー。


  • 「カサ・ミラ前のショー開幕です」へのコメントはコチラから (0)
  • カサ・ミラ前でイベント

    1836
    あれ、カサ・ミラ前でなにやらイメントでしょうか?

    1836 (1)
    モデルの女の子と打ち合わせちぅ〜♪

    1836 (2)
    ファッションショーというか、モード系みたいですね。
    20:30からなんで、後で来てみましょう。


  • 「カサ・ミラ前でイベント」へのコメントはコチラから (0)
  • サンタ・パシア教会の床面タイルのモザイク

    1736

    1736 (1)

    1736 (2)

    1736 (3)

    1736 (4)

    1736 (5)

    1736 (6)

    1736 (7)
    ここの教会の床面のモザイクがガウディが担当しました。
    真っ暗だったんですけど、デジカメの高感度にモノを言わせて撮りました。


  • 「サンタ・パシア教会の床面タイルのモザイク」へのコメントはコチラから (0)
  • グエル別邸の門(バルセロナ大学薬学部のレンガの門)

    薬科大の赤門

    薬科大の赤門 (1)

    薬科大の赤門 (2)

    薬科大の赤門 (3)

    薬科大の赤門 (4)

    薬科大の赤門 (5)

    薬科大の赤門 (6)

    薬科大の赤門 (7)

    薬科大の赤門 (8)
    よく分からないんですけど、バルセロナ大学薬学部にあるレンガの赤門です。
    ガウディが作ったことは確かなんですが、詳しくは分かりません。
    かつて、グエル別邸の敷地が大きかった頃の門の1つとされています。

    1622
    この赤門に行くには、HOTEL PRINCESA SOFIA の近くなんで、
    このホテルを目指して向かえばいいと思います。ホテルを背にして左側です。


  • 「グエル別邸の門(バルセロナ大学薬学部のレンガの門)」へのコメントはコチラから (0)
  • ペドラルベス王宮の庭園にあるヘラクレスの噴水

    ガウディ作の泉

    ガウディ作の泉 (1)

    ガウディ作の泉 (2)

    ガウディ作の泉 (3)

    ガウディ作の泉 (4)

    ガウディ作の泉 (5)

    ガウディ作の泉 (6)

    ガウディ作の泉 (7)

    ガウディ作の泉 (8)

    ガウディ作の泉 (10)

    ガウディ作の泉 (9)

    ガウディ作の泉 (11)

    ガウディ作の泉 (12)

    ガウディ作の泉 (13)

    izumi
    ペドラルベス王宮の庭園にあるヘラクレスの噴水です。
    錬鉄や石から作成された、ガウディならではのデザインです。
    1884年に作成されたこの噴水は長年にわたり植生の下にひっそりと眠っており、
    100年後の1984年の大工事でようやく発見され、かなりの洗浄工事を要し復元されました。
    ドラゴンヘッドの注ぎ口がいかにもガウディらしいですね。
    大理石でできたヘラクレスの胸像が中央にあり、下がベンチになっています。

    ちなみに、この庭園はかなり危険度高いです。


  • 「ペドラルベス王宮の庭園にあるヘラクレスの噴水」へのコメントはコチラから (0)
  • 2月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    猫じゃらし♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    如月
     長文書いたんだけど、全部消えた(T_T) 頑張って書き直しております。

    ドイツのハンブルクで2月を迎えました。こっちも暖冬で暖かいというか、積雪なんか微塵も無い。温暖化が進んでますね。夏はどうなるやら、いまから頭が痛いです。
     きょう2月1日付けで英国がEUから離脱します。現地はカウントダウンのお祭り騒ぎ。離脱後も盛り下がりが懸念されますがどうでしょうか。英国は通貨をユーロにしなかった分、離脱が安易ではありますね。通過を戻すエネルギーは大変ですから。しかし旅行者としては、同じ通貨で立ち回れるのは有難いことなんですけどね。
     いま世界中で一番ホットなネタは新型肺炎でしょうか。バイ菌を世界に撒き散らして中国人バカヤローって思う人も多いでしょう。しかしもし自分が武漢に住む中国人だったら、相手国の迷惑を顧みず日本に間違いなく行ったでしょう。武漢で発症したら高い確率で死に至るも、日本にさえ行けば死は免れられる、中国人を擁護するわけではありませんが、そう考えるのが人の常。今回のことで、日本は水際対策を考えないと、さらに新型で重篤な感染症でも持ち込まれたら、そのうち国家がパンクしますね。
     今月16日から毎年恒例、松屋銀座での中古市が行われます。出店各社温度差はありますが、うちはいつでもガチです。会長に胸を借りて頑張りたいと思っております。2月初っ端からドイツで鋭意仕入れております。今年もご来場の皆様に満足頂けます様、頑張りたいと思います。今月もちーちくりん共々宜しくお願いいたします。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索