1815 (1)
目的地の鉄橋が見え隠れしている道を進みます。

1815 (2)
フォース橋の真下です。ミッジというブヨ系の蚊が多いので、
虫刺されに要注意です。

1815 (12)

1815 (3)
これがフォース橋(フォース・ブリッジ)です。

1815 (4)
列車が通過しているのが分かります。

1815 (5)
全長2,530mのカンチレバートラス橋で、1890年に完成。

1815 (6)
19世紀に強風による落橋事故が相次いだ「テイ橋の悲劇」。
スコットランドは風が強く、テイ橋は完成した翌年の1879年に強風で崩壊。
たまたま通過中だった列車がテイ湾に落ち、75名の死亡者を出す悲劇を生んだ。
設計段階で風の影響を軽視していたのと、材料が粘りに欠ける鋳鉄だったこと、
工事や管理がずさんだったことが指摘された。
このフォース橋は非常に強固な橋として設計され、2015年に世界遺産リストに登録。

1815 (7)

1815 (8)
そういえばいま思い出したんだけど、
コンタックスTvsのカタログにも、この写真載ってたね。

1815 (9)

1815 (10)

1815 (11)
結構長い時間待ってたんですけど、微妙な天気でしたね。

1815 (13)

1815 (14)

1815 (15)

1815 (16)
橋の袂にトイレがありますが・・・

1815 (17)
漁師町だけあって、男性専用でした。

1815 (18)

1815 (19)
以上、フォース橋でした。