サンモリッツから鉄道とバスを乗り継いで1時間半。
イタリアの国境に近いミュスタイア村に着きました。
ここには世界遺産に登録されている、聖ヨハネ・パブティスト修道院があります。

 
カテドラルの外観は地味なのですが、
礼拝堂に描かれているフレスコ画は1100年以上前のものです。
絵の内容は聖書の場面なんですが、机の上に首が乗っかってるような・・・
聖書の中のストーリーをビジュアル化したものなんでしょうけど、
キリスト教徒ではない私にとっては意味不明です。