支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

優勝

決勝戦はハイフライフロー祭り

2330
さて、北斗星祭りも終わったところで、ゆっくりプロレス見ますか。
G1クライマックス25決勝戦 棚橋 vs 中邑です。

2330 (1)
決勝戦はハイフライフロー祭り。
まず1発目はコーナーポストから場外へ向けたハイフライフロー。

2330 (2)
2発目は中邑に交わされ不発。

2330 (3)
3発目は立ち上がる中邑を待たずしてハイフライフロー。

2330 (5)
さらに中邑は続けて4発目を食らうが、カウント2で跳ね返す。
2連発のハイフライフローをもらって返したのはこの中邑が初めて。

2330 (6)
5発目のハイフライフローはうつ伏せの中邑の背中に向けて。

2330 (7)
そして動けない中邑に6発目のハイフライフローがトドメとなる。

2330 (8)
G1クライマックス25は棚橋が8年ぶり2回目の優勝。

2330 (9)
棚橋は中邑とがっちり握手。

2330 (10)
棚橋お約束の「愛してまーす」。

2330 (11)

AブロックはAJか棚橋かといったところだったが、
直接対決を強引に制した棚橋に軍配。
ディフェンディングチャンピオンの内藤は今年は精彩を欠いた。

2330 (12)

Bブロックは中邑とオカダの対決が注目されたが、
直接対決を制した中邑に軍配。
オカダを初戦で下した後藤にも注目が集まったが、
永田戦を取りこぼしたのは痛かった。


  • 「決勝戦はハイフライフロー祭り」へのコメントはコチラから (0)
  • 2014 G1 CLIMAX24 優勝決定戦 中邑真輔 vs オカダ・カズチカ

    2014G1CLIMAX
    先週終わって、もう結果知ってますが、それでも放送が楽しみです。
    深夜にテレ朝で、待ちに待ったG1決勝戦の放送です(*^o^*)

    2014G1CLIMAX (1)
    決定打になったオカダのドロップキックが後頭部にめり込む。
    この一撃が試合を左右したと言っても過言ではない。

    2014G1CLIMAX (2)
    ドロップキックについでツームストンPD。中邑はぐにゃっと落ちた。

    2014G1CLIMAX (3)
    オカダはレインメーカーのポーズ。

    2014G1CLIMAX (4)
    真輔はレインメーカーをかわして飛びつき式逆十字に。

    2014G1CLIMAX (5)
    際どいところまで持ち込むもオカダはエスケープ。

    2014G1CLIMAX (6)
    逆十字から間髪入れず、後頭部にボマイエ。

    2014G1CLIMAX (7)
    ドロップキックで流れを変えたオカダだが、2発目はかわされる。

    2014G1CLIMAX (8)
    そして完璧なボマイエ。これで決まったかに見えた。

    2014G1CLIMAX (9)
    オカダはカウント2.99で返す。オカダはまだまだ底を見せない。

    2014G1CLIMAX (10)
    こんどはコーナーポストからのボマイエと、中邑は執拗に攻める。

    2014G1CLIMAX (11)
    コーナーから対角線にボマイエを狙うクネクネ真輔だが・・・

    2014G1CLIMAX (12)
    対角線に走ってくる真輔に瀕死のオカダが起死回生のドロップキック。
    誰がここでオカダが立ち上がると予測できただろう。
    意表を突かれ、真輔はカウンターでまともに喰らってしまった。

    2014G1CLIMAX (13)
    オカダの真っ逆さまに落ちる高角度ジャーマン。

    2014G1CLIMAX (14)
    そしてジャーマンのクラッチを解かぬまま、レインメーカーへ。

    2014G1CLIMAX (15)
    すると、真輔はヒザ蹴りで迎撃。

    2014G1CLIMAX (16)
    ナックルパートで流れを変える。このあと、ランドスライトにいくが・・・

    2014G1CLIMAX (17)
    真輔のランドスライドを阻止すると、オカダは後ろに回り、逆さ押さえ込み。

    2014G1CLIMAX (18)
    逆さ押さえ込みから立ち上がると、
    真輔の右手をロックしたままで間髪入れずレインメーカー。

    2014G1CLIMAX (22)
    腕のクラッチを解かずに続けて2発目のレインメーカー。

    2014G1CLIMAX (23)
    ダメ押しの3発目は回転を加える正調レインメーカー。

    2014G1CLIMAX (20)
    真輔のカラダは一回転した。

    2014G1CLIMAX (21)
    ここでカウント3。

    2014G1CLIMAX (24)
    オカダ・カズチカがG1を2年ぶり2度目の優勝です。


  • 「2014 G1 CLIMAX24 優勝決定戦 中邑真輔 vs オカダ・カズチカ」へのコメントはコチラから (0)
  • 2013G1クライマックスは内藤哲也が棚橋を下し優勝

    0400
    さて、先週終わってもう結果は知ってたんですけど、
    今夜テレ朝でG1クライマックス優勝決定戦の模様が放送されました。

    0400 (1)
    しかし両選手ともよく飛びましたねー。
    まずは棚橋が場外の内藤へコーナーポストからのハイフライフロー。

    0400 (2)
    2発目のハイフライフローは避けられて不発。

    0400 (3)
    内藤も負けじとスターダストプレスを放つが避けられ不発。

    0400 (4)
    3発目のハイフライフローは内藤をうつ伏せにして敢行。

    0400 (5)
    続けて4発目はトドメになるはずのハイフライフローだったが、内藤に膝を立てられ自爆。
    内藤も傷めているヒザの痛みに翻筋斗(もんどり)打つ。

    0400 (6)
    内藤はヒザの痛みに耐えながらグロリアからのスターダストプレスで棚橋との激闘に終止符。

    0400 (7)
    内藤哲也がG1クライマックス初優勝となった。

    0400 (8)
    ヒザじん帯断裂による長期欠場を乗り越え、内藤にとって価値ある優勝となった。


  • 「2013G1クライマックスは内藤哲也が棚橋を下し優勝」へのコメントはコチラから (0)
  • 真夏の祭典 G1クライマックス優勝はオカダカズチカ4

    2300
    今年のG1クライマックスはオカダカズチカが最年少で制しました。

    まず最終日、Bブロックから。
    ×中邑 vs 天山○
    ○後藤 vs 内藤×
    など、予想外の結果に。
    真壁をレインメーカーで葬ったオカダが10点で決勝進出。

    Aブロックですが・・・
    丸藤が矢野の赤霧に沈み8点に終わる。
    棚橋はアンダーソンのガンスタンに沈み、アンダーソンとタイの10点になるが、
    イーブンの場合、勝者が勝ち抜けのルールなので決勝はアンダーソンに。

    決勝にコマを進めたのはオカダカズチカとカール・アンダーソン。
    オカダは雪崩式ガン・スタン、バーナードライバーなどを食らうも、
    23分19秒、粘るアンダーソンをレインメーカーで封じた。
    きょうの両国国技館は13時の時点で満員札止め。
    文字通り、レインメーカーとなり、カネの雨を降らせた。


    あの棚橋を一発で伸した、オカダカズチカのレインメーカー、貼っておきます。

    ちなみになぜか、「オカダカズチカの彼女」で検索して訪れる人が多い。
    当日会場で彼女らしき人を見かけて誰なのか検索してるんだろうか?
    それとも、女性ファンが彼女になりたくて、いまカノがいるか検索?


  • 「真夏の祭典 G1クライマックス優勝はオカダカズチカ」へのコメントはコチラから (2)
  • ☆この記事へ頂いたコメント☆

    1. Posted by よし   September 18, 2012 14:57
    オカダカズチカの彼女で訪れる件について。

    はい。完全に後者です。

    2. Posted by 支配人♪   September 18, 2012 20:23
    > はい。完全に後者です。
    みなさん、やっぱり関心あるんですね。
    雲の上の人に感じますが、芸能人よりは身近なんでしょう。

    春場所は白鵬が全勝優勝3

    b79a35c8.JPG
    朝青龍なき春場所、下馬評通り白鵬が全勝優勝。
    千秋楽では日馬富士との熱戦を豪快な投げで下しました。

    千秋楽は満員御礼。
    把瑠都も健闘したこともあり、蓋を開けてみれば
    朝青龍がいなくてもそれなりに盛り上がったみたいですね。


  • 「春場所は白鵬が全勝優勝」へのコメントはコチラから (0)
  • 朝青龍が優勝を決めました4

    P1040763
    きょうは苦戦しましたが、下手投げで日馬富士を下しました。

    P1040764
    これで朝青龍が25回目の優勝を決めました(o^_^o)


  • 「朝青龍が優勝を決めました」へのコメントはコチラから (0)
  • 「わたしは帰ってきました」3













    支度部屋から花道への通路で、感極まるシーンも。













    麻生太郎総理大臣から総理大臣杯を受ける朝青龍。
    首相本人が直接やることは珍しいのですが、その辺はやっぱり麻生さんですね。
    総理大臣が直接手渡しするのは小泉首相が貴乃花に渡して以来。
    「おめでとうございます。数々の試練を乗り越えての優勝。やっぱり横綱は強くなくっちゃ」
    と、麻生さんからアドリブのコメントがありました。
    生放送でまたヘンなこと言わないか、ちょっとハラハラしました。













    ヒーローインタビューです。
    「わたしは帰ってきました」・・・印象的なコメントです。
    強行出場についての質問をされると、
    「朝青龍、また帰ってきました!」とお茶を濁すシーンも。
    「モンゴルに帰るなよ!」ってヤジがあり、アナウンサーがそれを拾いましたね。
    「僕は日本大好きなんで、日本の横綱なんで、そんなことありません」
    本当かよ?













    祖国の言葉でメッセージすると、手で目頭を押さえるシーンも。
    男泣きの朝青龍でした。めでたし、めでたし。

    強行出場が発表されてから朝青龍(○`ε´○)専用カテゴリまで作って、
    毎日ブログで特集しましたが、優勝できたのでわたしも報われました。
    こーゆーシナリオパターンは、ちょっと見えていたなぁ・・・って思います。
    麻薬騒動などで揺れた角界ですが、久々の明るいニュースなのではないでしょうか。


  • 「「わたしは帰ってきました」」へのコメントはコチラから (0)
  • 2月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    猫じゃらし♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    如月
     長文書いたんだけど、全部消えた(T_T) 頑張って書き直しております。

    ドイツのハンブルクで2月を迎えました。こっちも暖冬で暖かいというか、積雪なんか微塵も無い。温暖化が進んでますね。夏はどうなるやら、いまから頭が痛いです。
     きょう2月1日付けで英国がEUから離脱します。現地はカウントダウンのお祭り騒ぎ。離脱後も盛り下がりが懸念されますがどうでしょうか。英国は通貨をユーロにしなかった分、離脱が安易ではありますね。通過を戻すエネルギーは大変ですから。しかし旅行者としては、同じ通貨で立ち回れるのは有難いことなんですけどね。
     いま世界中で一番ホットなネタは新型肺炎でしょうか。バイ菌を世界に撒き散らして中国人バカヤローって思う人も多いでしょう。しかしもし自分が武漢に住む中国人だったら、相手国の迷惑を顧みず日本に間違いなく行ったでしょう。武漢で発症したら高い確率で死に至るも、日本にさえ行けば死は免れられる、中国人を擁護するわけではありませんが、そう考えるのが人の常。今回のことで、日本は水際対策を考えないと、さらに新型で重篤な感染症でも持ち込まれたら、そのうち国家がパンクしますね。
     今月16日から毎年恒例、松屋銀座での中古市が行われます。出店各社温度差はありますが、うちはいつでもガチです。会長に胸を借りて頑張りたいと思っております。2月初っ端からドイツで鋭意仕入れております。今年もご来場の皆様に満足頂けます様、頑張りたいと思います。今月もちーちくりん共々宜しくお願いいたします。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索