支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろって!思いますよね。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、どうかゆっくりしておくれやす(#^.^#)

弁天町

交通科学博物館3@大阪市.弁天町

交通科学博物館3
さて、屋外展示を見てみましょう。

交通科学博物館3 (1)
80系電車。排気口の支柱が邪魔です。

交通科学博物館3 (2)

旧国鉄初の本格的な長距離電車として登場し、今日の電車時代の草分けとなった車両。
今ではおなじみのオレンジ色と緑色のツートンカラーの車体は、当時の注目を集め、
東海道線東京〜小田原・沼津間に使われたため「湘南電車」の愛称で親しまれました。

交通科学博物館3 (3)
先頭車のクハ86形のほかに、中間車のモハ80形も保存・展示しています。

交通科学博物館3 (4)
マロネフ59形寝台車です。

交通科学博物館3 (5)
1938 (昭和13) 年に皇族、貴賓専用車としてマイロネフ37290形が3両製造されました。
3年後の1941 (昭和16) 年に、称号改正でマイロネフ38形となり、
戦後には米軍に接収されました。返還後はスイロネ37形の3号機として
当時の皇太子殿下の非公式用として使用されました。
現在の形式であるマロネフ59形になったのは1955 (昭和30) 年のことです。

交通科学博物館3 (6x)
1933 (昭和8) 年にスロシ38000形としてつくられた、食堂と2等座席の合造車です。
1962 (昭和37) 年に、中を全て食堂車に改造しました。
当時まだ冷房はなく、窓を開けて風を入れていました。そのため風と一緒に、
窓から蒸気機関車のばい煙 (黒いすす) が入ってこないように網戸が付けられています。

交通科学博物館3 (6)
食堂の内部です。いまどきのデコラ仕上げと違い、
ニス塗り仕上げされた内装は、いまとなってはかえってゴージャスに感じます。

交通科学博物館3 (7)
反対側です。

交通科学博物館3 (8)
C62とD51の並びです。

交通科学博物館3 (9)
キハ81形です。

交通科学博物館3 (10)
1960 (昭和35) 年に東北本線特急「はつかり」としてデビューしました。
日本最初の特急ディーゼル動車です。
これにより非電化区間も含め、全国特急網が形成された記念すべき車両です。

交通科学博物館3 (11)
さて、このD51の後ろなんですが・・・

交通科学博物館3 (12)
ナシ20形食堂車です。これについて詳細UPします。



  • 「交通科学博物館3@大阪市.弁天町」へのコメントはコチラから (0)
  • 交通科学博物館2@大阪市.弁天町

    交通科学博物館2
    さて、ブースの奥に第2展示場への連絡通路があります。

    交通科学博物館2 (1)
    キター! アワワワ((((゚ □ ゚ ) ゚ □ ゚))))アワワワ
    DD13とDF50が仲良く鎮座しております。

    交通科学博物館2 (2)
    特にDF50は萌えるねぇ〜 現存してたんですね。

    1957 (昭和32) 年、蒸気機関車を置き換えるため、
    エンジンなどに外国の技術を取り入れて作られた最初の量産形ディーゼル機関車です。
    DF50形は、エンジンで発電機を回し、モーターで走る電気式ディーゼルカーです。

    交通科学博物館2 (3)
    一番奥にはDD54も単機でありました。
    DD54形ディーゼル機関車は1971 (昭和46) 年につくられた
    亜幹線用液体式ディーゼル機関車で、主に山陰、福知山線で活躍しました。
    当時、すでに大型・小型機関車ともに国産化していましたが、
    西ドイツのメーカーからライセンス供与を受けて技術を導入。
    他の機関車と異なる技術が多く使用されました。



  • 「交通科学博物館2@大阪市.弁天町」へのコメントはコチラから (0)
  • 交通科学博物館1@大阪市.弁天町

    交通科学博物館1
    弁天町の駅から見えます、交通科学博物館です。

    交通科学博物館1 (1)
    4月6日にて52年の幕を閉じます。

    交通科学博物館1 (2)
    ここが入口です。

    交通科学博物館1 (3)
    さすがに週末だけあって、親子連れが目立ちます。

    交通科学博物館1 (4)
    閉館までのカウントダウンです。

    交通科学博物館1 (5)
    それでは館内をご案内しましょう。

    交通科学博物館1 (6)
    元祖リニアモーターカーです。
    正式名称は「ML-500形リニアモーターカーマグレブ」って長い。

    交通科学博物館1 (9)
    JNRのロゴ入りです。このロゴ、いまでも斬新ですよね。

    交通科学博物館1 (7)

    リニアモーターカー・マグレブは磁気の力で浮いて走る、
    騒音や振動の少ない超高速鉄道です。
    この「ML500」は1979 (昭和54) 年に宮崎浮上鉄道実験センターで時速517kmを記録し、
    未来の超高速鉄道の実用化にめどを付けました。その後、「MLU001」がつくられ、
    有人走行実験が行われるなど、現在でも実用化にむけて研究が続けられています。


    交通科学博物館1 (8)
    道床に磁界コイルを敷き詰めたんですね。

    交通科学博物館1 (10)
    奥には0系新幹線です。

    交通科学博物館1 (11)
    0系の先頭車は2本あります。
    0系は2007 (平成19) 年に機械遺産に認定され、
    2008 (平成20) 年には鉄道記念物に指定されました。

    交通科学博物館1 (13)
    こだまのヘッドマークをつけたボンネット489系。

    交通科学博物館1 (14)
    運転席にも入ることができます。

    交通科学博物館1 (15)
    221系のトレインシュミレーター。

    交通科学博物館1 (16)
    101系もあります。

    交通科学博物館1 (17)
    明治時代の駅を再現。

    交通科学博物館1 (18)
    客車です。

    交通科学博物館1 (19)
    シートが畳になっています。

    交通科学博物館1 (20)
    EF52です。

    1928 (昭和3) 年に当時の鉄道省と4つの民間会社の協力で誕生した
    最初の国産大型電気機関車で、東海道線の急行列車などに使われました。

    交通科学博物館1 (21)
    しかもトップナンバー。

    交通科学博物館1 (22)
    運転席です。

    交通科学博物館1 (23)
    電車のほかに、飛行機やクルマもあります。

    交通科学博物館1 (24)
    これは高速ハイウェイバスの初代ドリーム号です。

    名神、東名高速線を走る高速夜行バス「ドリーム号」として1969 (昭和44) 年に登場。
    東京-大阪間の移動としては、当時の夜行列車より速く、
    長時間の移動に備えてトイレが付くなど、サービスが充実していました。
    また、値段が安いこともあり、大変人気がありました。



  • 「交通科学博物館1@大阪市.弁天町」へのコメントはコチラから (0)
  • 地下鉄で弁天町へ

    DSC_1087
    地下鉄で本町で乗り換えて弁天町へ。

    image

    image
    お目当ては今春で閉館となる大阪交通科学博物館。

    image
    あとでゆっくりレポします。


  • 「地下鉄で弁天町へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 8月のちーちくりん♪#
    ちーちくりん
    こっち向いて♪

    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫<br>
へ
    ポチっとclickお願いします
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    葉月
     先月末で梅雨も明け、灼熱の8月に突入しました。もう、近所歩くだけで汗だくになります。
     8月って・・・ウニが美味しいくらいしかメリット無いような(^_^;)アセアセ... 来月には東急の催事があるので鋭意準備を進めております。あと、決算書提出も今月。なんとなく忙しい8月なのです。とにかく、暑さがニガテな支配人♪ではございますが、今月もちーちくりん共々宜しくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
                 
    月別アーカイブ
    訪問者数♪

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      全国のお天気
      東京の週間天気予報
      GPV
      カテゴリ♪
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索