神楽坂

2016年11月16日

1137 (1)
厚生年金病院の帰りに、徒歩で神楽坂へ。

1137 (2)
神楽坂上交差点近くにある、魚河岸どまん中へ。

1137 (3)
拡大出ます! これぜーーーーーーーーーーんぶ1,000円なんです!!

1137 (4)
さて、店内へ。

1137 (5)
1人、2人でも落ち着けるシートです。

1137 (6)
さて、こんなのもありあますが・・・

1137 (7)
やっぱりここに来たら本日の地魚刺身定食でしょ〜♪

1137 (8)
刺身が山ほど、どれも鮮度よくてウマ(*'ー'*)

鉄道コムへ11:37個別ページコメント(0)トラバ(0)
お昼ゴハン / ランチ | 神楽坂グルメ

2016年10月10日

1900 (1)
さて、見舞いを終えて、厚生年金病院から本多横丁を通って神楽坂へ。

1900 (3)
で、お友達とバッタリ。 zioというお店へ。

1900 (1)
イタリアン逝きます!

1900 (2)
ロゼのスパークリング。

1900 (3)
ウマ(*'ー'*)

1900 (4)
アミューズ。リゾットの冷製。

1900 (5)
前菜の盛り合わせ。

1900 (6)
なかなか。

1900 (7)
アナゴと野菜のフリット。

1900 (8)
カジキマグロのアラビアータ。

1900 (9)
ペスカトーレ風リングイネ。

1900 (10)
具だくさんです。

1900 (11)
最後に生ハムのピッツァ。

1900 (12)
薄焼きなんだけど、結構ボリュームありますね。

鉄道コムへ19:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
晩ゴハン | 神楽坂グルメ

2016年07月04日

1315 (1)
さて、神楽坂のラリアンスを13:15に予約。

1315 (2)
相変わらずの人気店で、ランチのテーブルは満席。

1315 (3)
(^O^)v 

1315 (4)
ワイン2杯がランチ料金に含まれてるんですけど、やっぱシャンパン飲みたいし。

1315 (5)
エドシック・モノポール・ブルートップでした。

1315 (6)
まずはアミューズ。ブイヤベースのゼリーって感じです。

1315 (7)
温かいパンです。

1315 (8)
瀬戸内海の幸のエスカベッシュ、オクラのソース サラダ仕立て。
このサラダはなかなかウマウマ(#^.^#) 

1315 (9)
冬瓜のスープ。薄味だと思ったら、めっちゃ濃厚。

1315 (10)
魚料理はソイのポワレ、夏野菜のラグー、フロマージュブランとサバイヨンソース。
なかなか脂が乗ってて、美味しいソイでした。皮もパリっと焼けてます。

1315 (11)
梅酒のグラニテで口の中をリセット。

1315 (12)
カミサンの肉料理。オーストラリア牛フィレ肉のロティー、淡路島の玉ねぎとともに。
ちょっと火を通しすぎっぽかったって。

1315 (13)
わたくしの肉料理。香川県産オリーブ豚ロース肉のロティ、淡路島の玉ねぎとともに。
そう、いつもいつもビーフなんで、たまには豚にしてみようかと思って。

1315 (14)
ソースをかけて頂きましたけど・・・これがたいそうな豚肉でして。
「オリーブを食べて育った香川県のブランド豚。
甘味があり脂質をおさえたさっぱりした味わいが特徴です。
かたまりをロティすることでお肉が本来もっている味わいをお楽しみいただけます」
とのことだったんですが・・・普通かそれ以下だった(>_<)
ちょっと火を通しすぎなのか、結構パサパサしてましたね。

x
以前、フランス語のお教室でここに来たとき、
牛肉を食べられないマダムがおりまして・・・それで出てきたのがこれ。
古河産 ラブポークの香草パン粉付けソテー(写真は当時のです)
蜂蜜ヴィネガー風味ソース、旬野菜添え。 これ豚肉だけどさぁ、牛より旨そうでしょ? 
焼き加減も良さそうだし。 

1315 (15)
デザートのワゴンです。

1315 (16)

1315 (17)
バースデープレートにしてくれました。

今回のラリアンス、ちょっと平均点低いかな。
まあ、そういう時もあるんで、また行ってみようかと思います。
あ、お友達も呼ぼうかと思ったんだけど、今回呼ばなくてよかったわ。 

鉄道コムへ13:15個別ページコメント(0)トラバ(0)
ミシュラン店 | 神楽坂グルメ

2016年03月28日

1250 (4)
毘沙門天まで来ちゃいました。

1300
毘沙門天の前に看板が出ております。

1300 (1)
やっぱきょうは和食かなぁ〜。

1300 (2)
あ、ここの2階です。

1300 (3)
これ見本。きょうの刺身は鮪、白ミル貝、方々です。

1300 (4)
よし、入るぞ!

1300 (5)
まずは前菜のサラダ。生のマッシュルームが入ってます。よ〜し、掴みはいいぞ。

1300 (6)
きました、食彩一番お魚御前です。

1300 (7)
お魚と春野菜の天ぷらです。

1300 (8)
鰯の塩焼き。これめっちゃウマ(⌒-⌒)

1300 (9)
お刺身。ミル貝も美味しかったけど、方々の鮮度がハンパない!
方々って一晩で垂れちゃうから、これは確実に今朝入荷したものです。
ランチにこれ出しちゃうかなぁ〜。企業努力に脱帽です。

そのほかご飯、味噌汁(お出汁が神でした)、切干大根などなど、
ひとつひとつが丁寧に作られており、この定食の完成度の高さは筆舌に尽くし難い。

1300 (10)
さいごにデザート。パンナコッタとショコラのパウンドケーキです。

鉄道コムへ13:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
お昼ゴハン / ランチ | 神楽坂グルメ

2016年03月13日

1927
神楽坂の毘沙門天のすぐ近く、肉寿司へ。
きょうはジェリクールさんにお呼ばれ(^O^)v 
前から行きたかったんですけど、やっと入れた。 

1927 (1)
カウンターかと思いきや、奥に通されちゃった(>_<)

1927 (2)
肉といっても牛ではなく、馬肉のお寿司なんです。

1927 (3)
まずは酒の肴。酢もっちゃん。ホルモンの酢漬けでしょうか。
コラーゲン系で、意外とサッパリ。

1927 (4)
べっこう玉。味付けした黄身です。これは濃厚だわ。

1927 (5)
松阪ポークのメンチカツ。これは旨い。半分ずつで十分。

1927 (6)
きました。肉寿司。

1927 (7)
カルビ肉。

1927 (8)
ロースですかね。

1927 (9)
ローストビーフ。じゃなくって、ローストホース?

1927 (10)
タタキ。

1927 (11)
これなんだっけ? ウニみたいなの・・・

1927 (12)
刺身でいいとこ頂きました。

1927 (13)
馬肉のユッケです。

1927 (14)
最後に、合鴨のにぎり。これ外した。もうちょっとレアかと思った。

鉄道コムへ19:27個別ページコメント(0)トラバ(0)
神楽坂グルメ | 外食 / 飲み

2016年01月27日

2123
仕事が終わってから神楽坂の睦(むつみ)へ。

2123 (1)
お通し。胡麻和えと聖護院蕪蒸し。

2123 (2)
これ、薄味で誤魔化しのきかない味だよね。ウマ(*'ー'*)
たかがお通しですが、めちゃくちゃ手間暇かかってます。

2123 (3)
お刺身の盛り合わせ。どれもめっちゃ鮮度いい。
結構厚切りなんで、鮮度悪いのかと思ったよ。噛むのに一苦労。
白身はもうちょっと薄切りのほうが嬉しかったかなぁ。
手前から時計回りに、ホウボウ、コチ、カツオのタタキ、金目鯛、カレイ、マグロ中トロです。

2123 (4)
白身は塩で頂きます。

2123 (5)
ツブ貝のやわらか煮です。

2123 (6)
鱈の白子ポン酢。ウマ(*'ー'*)

2123 (7)
穴子の一本揚げ。

2123 (8)
烏賊の一夜干し。内臓入ってて、めっちゃ濃厚。

2123 (9)
自家製メンチカツ。見た目通り、粗めのパン粉でサクッと揚がってます。

2123 (10)
牛蒡の唐揚げ。

2123 (11)
最後の〆にもり蕎麦。

2123 (12)
ここの蕎麦、どんだけウマいんだよ! もしかして蕎楽亭のかい??

色々と食べましたが、ハズレというものはなく、
どれも高得点というか、おそらくどれを食べても美味しいと思います。
ここ、リピありです!!

鉄道コムへ21:23個別ページコメント(0)トラバ(0)
神楽坂グルメ 

2015年11月19日

1900R
神楽坂地区の納戸町にあるフレンチレストランLe Mange Tout (ル・マンジュ・トウー)です。

1900R (1)
1階がキッチン、2階がホールです。

1900R (2)
これがテーブルセット。

1900R (3)
きょうはカミサンの??回目の誕生日です。
カミサンの親友をサンプライズで呼んで、3人で乾杯( ^_^)/□☆□\(^_^ ) カンパーイ!

1900R (4)
きょうのシャンパンはダニエル・デュモンです。

1900R (5)
アミューズです。フォアグラとドライフルーツのパン、セロリと赤ピーツのゼリー。
真ん中のフォアグラに乗っているのは胡麻ではなくスパイス。
それほどインパクトのあるアミューズではありませんでした。

1900R (6)
パンです。残念ながら、温かくはないです。

1900R (7)
1つずつ頂きました。

1900R (8)
前菜です。

1900R (9)
ムール貝のフリット、サフランで味付けしたムール貝のピューレを添えて。
真ん中に添えてあるのはマッシュポテトです。かなり濃厚なお料理ですが、
黄色いピューレはパンを使って一滴残らず、大変美味しく頂きました。

1900R (10)
ここで、シャンパンおかわり!

1900 (11)
カミサンのお友達はトイツのピンカス・オーガニックビール。

1900 (12)
そしてカミサンはチェコのピルゼンです。苦味とコクがあるオトナの味。

あと1種類、ベルギーのアルコール度高めのが他に1本あり、
残念ながらフランスの1664クローネンブールは置いてないとのこと。

1900R (11)
5種類のキノコのスープ。さっぱりしてますが、ちょっとボリュームありますね。
キノコはお腹にたまるんで、半分でいいっす。

1900R (12)
キノコのスープに、ポン菓子風のお米を入れて食べます。
でも、これはいらなかったかな。ボリューム余計増すし。

1900R (13)
カナダ産、猪のバラ肉を塩漬けにして寝かした熟成肉のロースト。
やや塩分強めで、ジビエらしく結構な獣感あります。
特別美味というよりかは、季節のジビエを楽しむ一皿。
獣の脂っ気が強いので、好き嫌いが分かれるところです。
付け合せの野菜はちょっと多目に感じます。肉も半分以下でいいくらい。

1900R (14)
魚料理はホタテ貝のムース、白ワインソース。トリュフと蕪を添えて。
薄味なのはいいのですが、ホタテのエッセンスが弱く、
やや寝ぼけた味なので、食べていて徐々に飽きてきます。
ムースがこの半分くらいだったら、ちょうどいいかもしれませんね。

1900 (17)
ここでお水を。英国のHILDONという中硬水でした。飲みやすい水でしたよ。

1900R (16)
さて、メインディッシュです。結構なボリュームの肉料理です。
これはここのお店の看板料理みたいで、画像検索すると結構出てきます。

1900R (17)
山鶉のソテーです。ササミ(上)、胸肉(下)、モモ肉(右手前)と3部位。
ソースは赤ワインで煮詰めた濃厚なソースですが、塩分多いし重たかった。
胸肉の下に、キャベツとほうれん草が付け合わせとして入っているのですが、
重たいソースにどっぷり浸かってしまって、食べれませんでした。
そもそも付け合わせって箸休めなので、別々に置いてくれたらよかったのに。

1900 (20)
デザートその1.ラ・フランスのコンポート。上の白いのはレモンのメレンゲ。
上に乗っているのはラ・フランスの皮を揚げたもの。これ旨い!
レモンのメレンゲはさっぱりふわふわでとても美味しかったです。
ラ・フランスは素材自体が好きくないので残しました。

1900R (19)
イチジクのケーキ。これもイチジク自体が苦手なんで、自己都合で撃沈。

1900 (22)
最後に、バナナのタルトです。デザートの中ではこれが美味しかったかな。

ル・マンジェ・トゥーと文字通り、どの皿も比較的ボリューム多目です。
全体的に味は濃い目で、やや辛口に評価するならば、
濃厚なお皿が多く、中高年的にはサッパリ目のお皿も間に挟んで欲しかった。
素材を活かした一皿ってのもあってよかったんじゃないかな。
あと、欲を言えばパンは温かかったら嬉しかったね。 
客室内の居心地、接客は100点どころか120点、これ以上は望めないくらい最高。
神楽坂は立地上きちきちに押し込める店が多いですが、ここはゆったり。
ギャルソンヌも気配り上手で、ハキハキと明るく、気分良く食事ができると思います。 
帰るとき、シェフを含めた皆さんで手厚くお見送り頂きましたことは嬉しかったです。
ミシュラン2つ星でありながら、お値段的にはかなりリーズナブルだと思います。 
でも、正直な感想はお値段なりで、ミシュラン2つ星のハードルを越えたとは思えない。
きょうのお料理は実力をフルに発揮してのクオリティなのか、めっちゃ気になる。 
食べログでも、平均評価は高いのですが、最近再訪して評価を下げる方もいました。 
なんか、きょうはカミサンとそのお友達に悪いことしちゃったなって。。。(lll __ __) 
まあ弟子の不足とか、スランプとか、商売長くやってれば人間色々ありますからね。
谷シェフが本領発揮したお皿、いつか食べてみたいです! 

鉄道コムへ19:00個別ページコメント(0)トラバ(0)
神楽坂グルメ 

2015年07月19日

2050
秋葉原の帰り、銀座線の末広町から乗って、日本橋で東西線に乗り換えて飯田橋へ。
きょうは梅雨が明けて暑いんで、スタミナつけようと思って神楽坂の志満金へ。
神楽坂というよりは、飯田橋のほうが近いんですけどね。
前からここ気になってて、入ってみたかったんですよ。

2050 (1)
こんな感じの店内です。ガラガラ? 
いえいえ、今夜は丑の日並みの混雑で、お客さんが引いてから撮影しました。

2050 (2)
まずは肝焼き。ウマ(*'ー'*)
うざくもオーダーしてたんですが、スルーされてました。まあ、いっか。

2050 (3)
きましたぁ〜。うな重です。

2050 (4)
ふたの裏に「志満金」って入ってます。

2050 (5)
ほぉ〜、素晴らしい景色だ。

2050 (6)
うな重は3クラスで下から雪(ゆき)、寿(ことぶき)、雅(みやび)があります。
これは寿なんですが、十分すぎるうなぎのボリュームです。
(この上の雅だと、鰻が重なって出てくるらしい・・・)
鰻のお味なんですが、やや脂の乗ったふっくらした鰻です。
タレは塩分少な目の甘めのタレで、結構わたくし好み。焼きも素晴らしい。
でも、感動的に旨いとは言い難く、悪く言えば通好みというよりは素人好み。

2050 (7)
最後に温かいお抹茶を頂けるのは卓越したサービスですね。

鉄道コムへ20:50個別ページコメント(0)トラバ(0)
神楽坂グルメ | うなちゃん(*^o^*)

2015年03月25日

1124
さて、教科書も買ったんで、帰りにカナルカフェでランチと思いましたが・・・
オープン前から15mの行列。引いたわぁ〜Σ( ̄ロ ̄lll)

1124 (1)
で、少し歩いて神楽坂のル・クロ・モンマルトルへ。

1124 (3)
約2,000円のランチです。前菜もメインも選べるプリフィックスです。

1124 (2)
ここ、初めて入ります。飛び込みで入れたのはわたしたちまで。
このあと、予約以外は全てお断りでした。

1124 (4)
とりあえず、久しぶりの再会に乾杯( ^^)/▽☆▽\(^^ ) カンパーイ!

1124 (5)
前菜は魚介のテリーヌです。

1124 (6)
メインは鴨胸肉のロースト、チェリーソース。

1124 (7)
デザートはこの中から・・・

1124 (8)
お友達はイチゴ。

1124 (9)
わたしはピスタチオのクレームブリュレにしました。

鉄道コムへ11:24個別ページコメント(0)トラバ(0)
お昼ゴハン / ランチ | 神楽坂グルメ

2015年01月28日

1216
神楽坂の久露葉亭に来ました。これからお教室の新年会です。

1216 (1)
「クロバテイ」ですが、クローバー亭って読ませるんですかね。

1216 (2)
なになに、襖絵大蛇図?

1216 (3)
とりあえず、入ってみましょう。

1216 (4)
古民家風の店内です。

1216 (5)
2階に上がると・・・あー、これこれ、襖絵大蛇図(ふすまえだいじゃず)って。

1216 (6)
絵師の山藤孝哲氏が三日間泊まり込みで描いたとか。

1216 (7)
襖6枚に描かれています。

1216 (8)
ヤマタノオロチですかね。

1216 (9)
結構、迫力ありますね。

1216 (10)
まあ絵はこれくらいにして、新年会の会場へ。

1216 (11)
これはお隣の部屋。

1216 (12)
きょうは11人で新年会です。

1216 (13)
シャンパン出してもらいました(^O^)v

1216 (14)
さて、お料理スタート。

1216 (15)
まずは南瓜の胡麻豆腐。

1216 (16)
お造り2点。ブリとマグロです。

1216 (17)
鯛の焼き物です。

1216 (18)
煮物は鍋で来ました。固形燃料で加熱。

1216 (19)
合鴨の小鍋です。

1216 (20)
あ、火が通ってきましたね。

1216 (21)
最後にお食事。土鍋ごはんです。

1216 (22)
イクラと鮭の炊き込みです。

1216 (23)
個別に取り分けてくれます。これはウマい!
やっぱ土鍋で炊いたご飯って美味しいですよね。

1216 (24)
最後に甘味で終了。

鉄道コムへ12:16個別ページコメント(0)トラバ(0)
お教室 | 神楽坂グルメ
   過去の記事へさかのぼります



presented by 支配人 with 時々ちーちくりん