支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろ!
って思いますよね。ほとんどカメラ記事書きません。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、ゆっくりしておくれやす(#^.^#)

歴史 / 史跡 / 遺跡

五月雨に振り残してや光堂

23-1133 (4)
タクシーで第二駐車場に着いたら・・・

23-1140 (1)
ここから先は徒歩で境内へ。

23-1140 (2)
樹齢・・年の、杉ですかね。

23-1140 (3)
あれっ、拍子抜けするくらい近かった。

23-1140 (4)
ここで参拝券を求める。

23-1140 (5)
あっちだって。

23-1140 (6)
これがこんじき堂を覆っている覆い堂。

23-1140 (7)
かつての古い覆い堂は壊さず右側に移築しているんですね。

23-1140 (8)
でわでわ、金じき堂に行ってきます。

xx

はい、こんなんでした!

23-1140 (21)
いま上野に行けばこんなの見られます。

23-1140 (16)
あ、芭蕉の句がありますね。

23-1140 (17)
ここが出口。

23-1140 (18)
あ、、、

23-1140 (19)
芭蕉の像。

23-1140 (20)
新旧覆い堂。

さて、この先はプライベート。
見たい方はパスワードを入れてね。
ニックネームは任意。パスワードなんですが、
わたくしが中尊寺こんじき堂に来る前に泊まっていた
藤〇旅館は〇〇〇〇〇〇温泉。ローマ字6文字を小文字で入れてね。続きを読む


御成門から東京タワーのイベント会場へ

20-1008 (1)
ちょっと出遅れたかな。

20-1008 (1)
三田線に乗って・・・

20-1008 (2)
御成門へ。

20-1314 (1)
A1出口へ。

20-1008 (3)
駅名が御成門なんだけど、実際にある御成門。

20-1008 (4)
将軍が増上寺詣での時に使ったので御成り門なんだって。

20-1008 (5)
東京タワーは芝プリンスの向こうに。

20-1008 (6)
駅から580mってことですね。

20-1008 (8)
見えてきた、東京タワー。


20240120_101440
わぉ、並んでる並んでる。

20240120_101453
ここが最高尾。

20240120_101523
坂の下まで並んでます。

20240120_102040
坂を上がっても蛇腹にぐーるぐる。

20240120_103238
やっと整理券貰えました。既に第1グループの発券は終了。
第2グループで入ります。


  • 「御成門から東京タワーのイベント会場へ」へのコメントはコチラから (0)
  • クリスマスシーズンのセナド広場

    07-1900 (1)

    07-1900 (2)

    07-1900 (3)

    07-1900 (4)

    07-1900 (5)

    07-1900 (6)

    07-1900 (7)

    07-1900 (8)

    07-1900 (9)

    07-1900 (10)
    クリスマスシーズンのセナド広場です。
    例年、指向を変えて装飾されています。冬の風物詩ですね。


  • 「クリスマスシーズンのセナド広場」へのコメントはコチラから (0)
  • 聖ドミニコ教会

    07-1859 (1)
    タイルの敷き詰められたモザイクの通りを過ぎると・・・

    07-1859 (2)
    聖ドミニコ教会です。


  • 「聖ドミニコ教会」へのコメントはコチラから (0)
  • ライトアップされた聖ポール天主堂

    07-1816 (1)
    さて、お腹一杯だし。聖ポール天主堂まで歩くか。

    07-1816 (2)
    見えてきましたね。

    07-1816 (3)

    07-1816 (4)

    07-1816 (5)
    ライトアップしている聖ポールです。

    07-1816 (6)
    クリスマスシーズンは映えますね。

    07-1816 (7)
    天主堂の前の階段を上がると、ご覧の景色。
    左側にホテルリスボアが見えます。

    07-1816 (8)
    イエズス会記念広場が一望できます。

    07-1816 (9)
    聖ポール天主堂の後ろ側に入れる時間です。
     
    07-1816 (10)

    07-1816 (11)
    天主堂の脇にトイレがあります。

    07-1816 (12)
    キレイなトイレなんですけどね。
    最初からペーパーホルダーがありませんから、紙も当然ありません。

    07-1816 (13)
    サンパウロ坂から。

    07-1816 (14)
    ロミオとジュリエットの像です。

    07-1816 (15)
    ちなみに後ろはユニクロです。


  • 「ライトアップされた聖ポール天主堂」へのコメントはコチラから (0)
  • ライトアップされた聖アントニオ教会

    07-1812 (3)
    ちょうどブルーモーメントの時間。いい雰囲気ですね。


  • 「ライトアップされた聖アントニオ教会」へのコメントはコチラから (2)
  • ☆この記事へ頂いたコメント☆

    1. Posted by もり   2023年12月13日 09:40
    おはようございます。
    中国本土?にはビザが必要になったのですね?何があっても不思議ない国ですから仕方がありませんね。
    マカオすごく懐かしく拝見しています。旧市街地にはポルトガル料理を食べることができるお店もありました(タコが美味しかった)。
    パン屋さんやジェラート(坂の途中にあるお店ですか?)も懐かしく拝見しております。
    カジノ(リスボアのある旧カジノ地区)に入ると、サクラやそのスジのお姉ちゃんがたくさんいましたが、今はどうなんでしょうかね?
    あと印象に残っているのが、市街地のバスの飛ばすこと。F1さながらの運転にびっくりしました。

    2. Posted by 支配人♪   2023年12月14日 00:59
    > おはようございます。
    お返事遅くなりました、こんばんわ。

    > 中国本土?にはビザが必要になったのですね?
    まあ、そんなことをしても誰も得しないんですけどね。

    > 何があっても不思議ない国ですから仕方がありませんね。
    はい、政府はまったく愚かです。

    > 旧市街地にはポルトガル料理を
    > 食べることができるお店もありました(タコが美味しかった)。
    あぁ、その手もありましたね。

    > カジノ(リスボアのある旧カジノ地区)に入ると、
    > サクラやそのスジのお姉ちゃんがたくさんいましたが、
    かつてほど治安は悪くは無いと喪いますよ。

    > あと印象に残っているのが、市街地のバスの飛ばすこと。
    > F1さながらの運転にびっくりしました。
    道路がガタガタで飛ばすから、まあ揺れますね。

    カモエス公園(白鴨巣公園)

    07-1703 (1)
    カーザ庭園の並びに、カモエス公園があります。

    07-1703 (2)
    クリスマス仕様ですね。

    07-1703 (3)
    こんな噴水のモニュメントがあります。

    07-1703 (4)
    噴水の前には大きなタイルのモザイク画があります。


  • 「カモエス公園(白鴨巣公園)」へのコメントはコチラから (0)
  • プロテスタント墓地

    07-1656 (2)
    カーザ庭園のすぐ前の教会の右脇を進む。

    07-1656 (3)
    ここに墓地の入口がある。

    07-1656 (5)

    07-1656 (6)

    07-1656 (7)
    プロテスタント墓地です。

    07-1656 (1)
    宣教師の奥さんが日本で死んじゃって、
    ご主人が政府に墓地の提供を懇願して出来た。
    マカオ初のプロテスタントの墓地です。

    07-1656 (8)
    墓地の入口には老木が。金属の柱で支えてますね。

    07-1656 (9)
    澳門キリスト教聖堂および墓地でした。


  • 「プロテスタント墓地」へのコメントはコチラから (0)
  • カーザ庭園

    07-1650 (1)
    聖アントニオ教会からすぐ。

    07-1650 (2)
    お洒落なゲートがあります。

    07-1650 (3)
    入ってみましょう。

    07-1650 (4)
    ここはカーザ庭園っていうらしい。

    07-1650 (5)
    見事な庭園と洋館。あのマンションが残念ですが。

    07-1650 (6)

    07-1650 (7)
    中には入れないようです。

    07-1650 (8)
    素敵な洋館ですよね。

    07-1650 (9)
    あれ、外壁の向こうに墓地がある。


  • 「カーザ庭園」へのコメントはコチラから (0)
  • 聖アントニオ教会

    07-1641 (1)
    聖ポール天主堂から徒歩数分。バロック様式の教会に着きました。

    07-1641 (2)
    聖アントニオ教会です。

    07-1641 (3)
    上のほうしか陽が当たらなくなってしまいました。

    07-1641 (4)
    これも世界遺産です。

    07-1641 (5)
    入口のタイルがステキです。中へ入ってみましょう。

    07-1641 (6)
    こじんまりした礼拝堂です。

    07-1641 (7)
    以上、聖アントニオ教会でした。


  • 「聖アントニオ教会」へのコメントはコチラから (0)
  • 聖ポール天主堂

    07-1626 (1)
    さて、聖ポール天主堂へ急ぎます。

    07-1626 (2)
    大三巴街です。

    07-1626 (3)
    いつもすごい人です。

    07-1626 (4)
    人並みを掻き分けて進みます。

    07-1626 (5)
    広場に出れば、聖ポール天主堂が見えます。

    07-1626 (6)
    なんとかギリギリデーフ。
    遅くなると、冬場は天主堂の下の方に陽が当たりません。

    07-1626 (7)
    ファサードしか残ってませんが、マカオのランドマークです。


  • 「聖ポール天主堂」へのコメントはコチラから (0)
  • 津軽藩ねぷた村@弘前

    07-1116 (1)
    津軽藩ねぷた村に来ました。

    07-1116 (2)
    "ねぶた NEBUTA" じゃなくて "ねぷた NEPUTA" です。

    07-1116 (3)

    07-1116 (4)

    07-1116 (5)
    中に入ってみます。

    07-1116 (6)
    ステージの左右にねぷたが二基入ってます。

    07-1116 (9)
    パノラマ撮影で。

    07-1116 (7)

    07-1116 (8)

    07-1116 (10)
    津軽三味線の生演奏が始まります。

    07-1116 (11)
    約10分ほどの演奏です。

    07-1116 (13)
    上から。

    07-1116 (12)
    三味線の音って上に行きますね。上で聴いたほうが音響がいいです。

    07-1116 (14)

    07-1116 (15)
    こんな雰囲気でねぷたは運行されます。
    行かれたもりさんによると、城下町だけあってとても風流だとか。

    07-1116 (16)
    以上、津軽藩ねぷた村でした。


  • 「津軽藩ねぷた村@弘前」へのコメントはコチラから (0)
  • 立佞武多の館@五所川原

    07-0944 (1)
    五所川原の立佞武多の館に来ました。

    07-0944 (2)
    弘南バスも通ります。

    07-0944 (3)
    この建物ですが、フロントのガラスが右にスライドします。

    07-0944 (4)
    上の方にレールがあるの分かりますか?
    ここに大きい立佞武多が三基収納されています。

    07-0944 (5)
    昨夜のお祭りで動いてた3基が見れます。

    07-0944 (6)
    朝9時からやってます。

    07-0944 (7)

    07-0944 (8)

    07-0944 (9)
    これは小さい方ですかね。

    07-0944 (10)
    ここが入口。

    07-0944 (11)
    レイアウトです。

    07-0944 (12)
    やっぱ本物はデカイ。

    07-0944 (13)

    07-0944 (14)
    エレベーターで上へ上がります。

    07-0944 (15)

    07-0944 (16)

    07-0944 (17)

    07-0944 (19)

    07-0944 (18)
    着きました。

    07-0944 (20)

    07-0944 (21)
    上から。

    07-0944 (22)

    07-0944 (23)
    かぐや姫です。

    07-0944 (24)

    07-0944 (25)
    カッコいいっすね。

    07-0944 (25x)
    あれ、行灯が消えた。

    07-0944 (26)
    上映会タイムです。あ、五所川原のストーブ列車。

    07-0944 (27)

    07-0944 (29)
    立佞武多のサクセスストーリーを紹介します。

    07-0944 (30)
    上映会が終わると再び点灯。

    07-0944 (31)

    07-0944 (32)

    07-0944 (33)

    07-0944 (34)

    07-0944 (35)
    余力があったら行ってみたいですね。
    今夜一泊すれば見れますが、そう簡単には宿が取れません。

    07-0944 (36)
    以上です。

    07-0944 (37)
    お祭りもいいですが、ここから出すとこってドラマチックですよね。
    なんか、サンダーバードみたいな。


  • 「立佞武多の館@五所川原」へのコメントはコチラから (0)
  • 三内丸山遺跡

    06-1422 (1)
    東北道を青森で降ります。

    06-1422 (2)
    高速降りてからすぐですね。

    06-1422 (3)
    あ、ここかな。

    06-1422 (4)
    観光バスいっぱいです。

    06-1422 (5)
    着きました。三内丸山遺跡です。

    06-1422 (6)
    ここが入口。

    06-1422 (7)
    世界遺産なんですね。

    06-1422 (8)
    ユネスコマークがあります。

    06-1422 (9)
    入場券を買ったら、ここから入場。

    06-1422 (10)
    こっちが遺跡ね。

    06-1422 (11)
    このトンネルを抜ければタイムスリップ。

    06-1422 (12)

    06-1422 (13)
    なんか、雰囲気たっぷりです。

    06-1422 (14)
    奥に大きいのが見えます。

    06-1422 (15)

    06-1422 (16)

    06-1422 (17)
    以降、興味ある方は勝手に読んでください。

    06-1422 (18)

    06-1422 (19)

    06-1422 (20)
    まず、大きいのから攻めます。住居から。

    06-1422 (21)
    住居内部です。

    06-1422 (22)

    06-1422 (23)
    次に・・・なんだっけ?

    06-1422 (24)
    骨組しかありませんが、当時3階建の建築があったらしい。
    これはレプリカですけどね。

    06-1422 (25)
    この中にその根拠たる土台の基礎が・・・

    06-1422 (26)
    ドームの室内です。

    06-1422 (27)
    なるほど。

    06-1422 (28)
    あの3階建ての足場の基礎工事の跡です。
    柱の太さや土にかかった圧から、3階と推定しています。

    06-1422 (29)

    06-1422 (30)

    06-1422 (31)
    こっちにも。

    06-1422 (32)
    これはまた違った感じですね。

    06-1422 (33)

    06-1422 (34)

    06-1422 (35)
    当時のゴミ捨て場です。ちゃんと分別してくださいね。

    06-1422 (36)
    高床式住居です。

    06-1422 (37)

    06-1422 (38)

    06-1422 (39)

    06-1422 (40)

    06-1422 (41)
    お墓?

    06-1422 (43)

    06-1422 (42)
    これがお墓です。

    06-1422 (44)

    06-1422 (45)

    06-1422 (46)

    06-1422 (47)

    06-1422 (48)

    06-1422 (49)

    06-1422 (50)

    06-1422 (51)

    06-1422 (52)

    06-1422 (53)

    06-1422 (54)

    06-1422 (55)
    まあ、興味はまだまだありますが、酷暑に遺跡回るってのはしんどいっす。
    ただ、世界遺産を見れたのは大きな収穫です。


  • 「三内丸山遺跡」へのコメントはコチラから (0)
  • 閑かさや岩にしみ入る蝉の声@山寺(宝珠山立石寺)

    12-1544 (1)
    あれ、青い子いるなぁ。。。

    12-1544 (2)
    なんだろ? ENR-1000という投排雪保守用車です。
    ここ、山寺駅ですね。

    12-1544 (3)
    立谷川にかかる山寺宝珠橋です。

    12-1544 (4)
    あ、大きな屋根。本堂かな?

    12-1544 (5)
    この階段はちゃうんか。

    12-1544 (6)
    立石寺はもっと右ですね。

    12-1544 (7)
    けど、ちょっと上がってみた。

    12-1544 (8)
    どれどれ・・・

    12-1544 (9)
    向うに山寺駅が見えます。

    12-1544 (10)
    ちょうど電車が来てますね。

    12-1544 (11)
    ここが立石寺への入り口。

    12-1544 (12)
    20代の頃から、立石寺には興味がありました。

    12-1544 (13)
    けど、これを上がるのはねぇ。。。奥の院まで1,015段です。

    12-1544 (14)
    まあ、途中の本堂くらいは拝んでおきますか。

    12-1544 (15)
    立派な本堂です。

    12-1544 (16)
    まあ、境内だけうろちょろ。奥の院へは断念。

    12-1544 (17)
    閑かさや岩にしみ入る蝉の声・・・芭蕉が山寺で読んだ句です。
                               
    12-1544 (18)
    ちなみに、本堂から奥の院まで、こんなに距離があります。

    12-1544 (19)
    ここですよ、ここ!

    12-1544 (20)
    眺めが素晴らしい「五大堂」です。

    12-1544 (21)
    人の気配がありますね。スマホで30倍ズームなんで画質荒いですが。
    そのうち、行ってみたいです。あ、冬がいいかな。でも雪が多いか。


  • 「閑かさや岩にしみ入る蝉の声@山寺(宝珠山立石寺)」へのコメントはコチラから (0)
  • 6月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    今月もヨロシク♪
    記事検索
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ
    ろくがつ
     もう6月。日中はなかなか暑いですよね。でも、日没後になるとちょっと冷える。微妙な気候ですね。
     最近、撮り鉄の頻度がかなり落ちてて、、、少し真面目に撮らないといけませんね。
     今月もちーちくりん共々よろしくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
    訪問者数♪

      累計アクセス
      • 今日:
      • 累計:

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      GPV
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      所要時間
      金沢八景
      初台南〜幸浦 65min

      中華街
      初台南〜横浜公園 45min

      北浦和
      飯田橋〜浦和南 40min

      新木場
      西神田〜新木場 25min

      田園調布
      下道 30min

      五反田
      下道 25min

      瀬田
      下道 25min

      府中本町
      初台〜稲城
      30min

      越谷T
      下道4号
      45min

      昭和島
      西神田〜平和島
      出たら直進して
      右車線のスロープ
      30min
      苦手なもの
      x
      ドア位置
      x
      カテゴリ♪
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索