支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろ!
って思いますよね。ほとんどカメラ記事書きません。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、ゆっくりしておくれやす(#^.^#)

プロレス

スーパージュニア2024決勝戦

18-1400 (1)
さて、決勝戦は石森とデスペラード。
デスペラードはコーナーマットを外されたコーナーポストに
石森を叩きつける。ここから大きく流れが変わった。

18-1400 (2)
リバースタイガードライバーを頭から脳天杭打ち。

18-1400 (3)
そして必殺のピンチェ・ロコに繋いだ。

18-1400 (4)
エル・デスペラードの勝利。

18-1400 (5)
今回、悲願の初優勝。

18-1400 (6)
敗者の石森と拳を突き合せるデスペラード。


  • 「スーパージュニア2024決勝戦」へのコメントはコチラから (0)
  • 内藤哲也 vs 辻陽太は内藤の貫禄勝ち

    13-0300 (1)
    さて、楽しみにしていたワールドプロレスリング。

    13-0300 (2)
    今夜はNJCを制した辻が同門の内藤に挑む。

    13-0300 (3)
    IWGPのベルトを賭けて、ゴングです。

    13-0300 (4)
    辻のエグい攻めが光る。

    13-0300 (5)
    ヤングライオン時代にボストンクラブで内藤に敗れた報復?

    13-0300 (6)
    ジーンブラスターに来た辻を内藤はモンキーフリップで放り投げる。

    13-0300 (7)
    そこへ、内藤がまさかの掟破りのジーンブラスター。

    13-0300 (8)
    とどめは内藤の旋回式デスティーノ。

    13-0300 (9)
    文句なしのカウント3。

    13-0300 (10)
    内藤が王座を防衛。

    13-0300 (11)
    内藤が一言「陽太、強くなったな」。


  • 「内藤哲也 vs 辻陽太は内藤の貫禄勝ち」へのコメントはコチラから (0)
  • 辻陽太がNJC2024優勝だってね

    07-0130 (1)
    さて、NJC2024決勝戦は後藤 vs 辻。

    07-0130 (2)
    中盤で試合の流れを変えた昇天改。しかし辻は返す。

    07-0130 (3)
    気合を入れる後藤。

    07-0130 (4)
    辻に凄まじい蹴りを見舞うが・・・

    07-0130 (5)
    即時に辻がニーを突き上げる。

    07-0130 (6)
    しかし、ジーンブラスターを狙う辻に後藤がカウンターのラリアット。
    辻の巨体が一回転したほど。

    07-0130 (8)
    後藤がレインメーカーを狙ったところを、
    辻がショートレンジのジーンブラスター。

    07-0130 (9)
    足元がおぼつかない後藤に対して・・・

    07-0130 (10)
    再度のジーンブラスター。

    07-0130 (11)
    辻が後藤からカウント3を奪う。

    07-0130 (12)
    NJC2024は辻が優勝。新興勢力はここまで来たのか。


  • 「辻陽太がNJC2024優勝だってね」へのコメントはコチラから (0)
  • 棚橋 vs オカダ

    22-2123 (1)
    テレビつけたらいきなりこんなのやってた。

    000
    BS朝日のコレですね。

    22-2123 (2)
    オカダさん若い。

    22-2123 (3)
    22-2123 (4)
    22-2123 (5)
    温泉に来てまでこれ観なくても・・・

    22-2123 (6)
    でも、観ちゃいます。

    22-2123 (7)
    22-2123 (8)
    22-2123 (9)
    22-2123 (10)
    22-2123 (11)
    22-2123 (12)
    22-2123 (13)
    22-2123 (14)
    22-2123 (15)
    22-2123 (16)
    22-2123 (17)
    22-2123 (18)
    22-2123 (19)
    22-2123 (20)
    22-2123 (21)
    22-2123 (22)
    22-2123 (23)
    なかなかいい試合でしたね。

    22-2123 (24)
    22-2123 (25)
    22-2123 (26)
    オカダさん泣き過ぎ

    22-2123 (27)
    22-2123 (28)
    22-2123 (29)
    22-2123 (30)
    22-2123 (32)
    もう、ホント泣きすぎ

    22-2123 (33)
    オカダが去った新日本、次は誰がエースになるのか。。。


  • 「棚橋 vs オカダ」へのコメントはコチラから (0)
  • オカダ・カズチカ退団?

    28-0130 (1)
    ワールドプロレスリング観てたら・・・

    28-0130 (2)
    えっ!

    28-0130 (3)
    マジか。。。

    28-0130 (4)
    2.24札幌大会を最後に退団。いったいどこへ・・・


  • 「オカダ・カズチカ退団?」へのコメントはコチラから (0)
  • 新日本プロレス 1.4 東京ドーム

    05-0400 (1)
    さてお待ちかね、1.4 東京ドーム。

    05-0400 (2)
    オカダのいないメーンイベントなんて・・・

    05-0400 (3)
    デッドフォールっぽいDDTを内藤が放つ。これがSANADAには致命傷に。

    05-0400 (4)
    最後は正調式デスティーノ。内藤がIWGP戴冠。

    05-0400 (5)
    ジュニアのタイトルマッチはヒロムとデスペラード。

    05-0400 (6)
    1度目のピン・チェロコ。

    05-0400 (7)
    さすがに2度目のピン・チェロコはしんどい。

    05-0400 (8)
    デスペラードに王座が移動。

    05-0400 (9)
    ヒロムはしばらく動けなかったくらい。


  • 「新日本プロレス 1.4 東京ドーム」へのコメントはコチラから (0)
  • 棚橋が社長だってね

    23-1300
    不遇の時代の功労者だからね。いいんじゃないですか。


  • 「棚橋が社長だってね」へのコメントはコチラから (0)
  • 金丸がレフェリー?

    03-0300 (1)
    今夜のワールドプロレスリング。えっ、金丸がレフェリー?

    03-0300 (2)
    SHO vs タイチのレフェリーを金丸が引き受けた。

    03-0300 (3)
    うわぁ、カウントめっちゃゆっくりやん!
    逆に、タイチが下のときはめっちゃ早い。

    03-0300 (4)
    なんどもフォールを試みるタイチだが、カウントがゆっくり過ぎて...

    03-0300 (5)
    しかし試合中盤、SHOと金丸が同士討ちしてしまう。
    しかもトーチャーツールで。

    03-0300 (6)
    うずくまる金丸。

    03-0300 (7)
    この隙にレッドシューズ海野レフェリーがカウントを3つ。タイチの勝利。


  • 「金丸がレフェリー?」へのコメントはコチラから (0)
  • G1クライマックス決勝戦

    03-0130 (1)
    さて、今夜のワールドプロレスリングはG1クライマックス決勝戦。
    まず内藤哲也の入場。

    03-0130 (2)
    続いて3連覇を狙うオカダカズチカの入場。

    03-0130 (3)
    8月13日の試合なんで、ネットで調べれば結果は分かりますが、
    今夜の放送まで楽しみにしておりました。

    03-0130 (4)
    内藤はレインメーカーを始終避けていましたが、
    オカダは果敢に受けてましたね。
    さすがに数回に及ぶデスティーノにオカダは沈みました。
    オカダは負けて尚強しといった印象です。

    03-0130 (5)
    30分を越える激闘、熱かったです。

    03-0130 (6)
    しかし41歳を数える内藤にはなかなかキツかったでしょう。
    お疲れさまでした。


  • 「G1クライマックス決勝戦」へのコメントはコチラから (0)
  • G1クライマックス、準決勝

    27-0230 (1)
    キャプション、後で書きます。

    27-0230 (2)
    27-0230 (3)
    27-0230 (4)
    27-0230 (5)
    27-0230 (6)
    27-0230 (7)
    27-0230 (8)
    27-0230 (9)
    27-0230 (10)
    27-0230 (12)
    27-0230 (11)
    27-0230 (13)
    27-0230 (14)
    27-0230 (15)
    27-0230 (16)
    27-0230 (17)
    27-0230 (18)
    27-0230 (19)
    27-0230 (20)
    27-0230 (21)
    27-0230 (22)
    27-0230 (23)
    27-0230 (24)
    27-0230 (25)
    27-0230 (26)
    27-0230 (27)
    27-0230 (28)
    27-0230 (29)
    27-0230 (30)
    27-0230 (31)
    27-0230 (32)
    27-0230 (33)
    27-0230 (34)
    27-0230 (35)


  • 「G1クライマックス、準決勝」へのコメントはコチラから (0)
  • IWGPヘビー級王者のSANADAがまさかの敗退...

    20-0300 (1)
    さて、今夜のワールドプロレスリングは・・・

    20-0300 (4)
    もちろん、真夏の祭典、G1クライマックスです。

    20-0300 (3)
    今夜はベストエイトの準々決勝。

    20-0300 (2)
    Aブロックを断トツの首位で通過。

    20-0300 (5)
    リーグ戦全勝でトーナメントに臨む王者SANADAであったが・・・

    20-0300 (6)
    EVILを不意に食らってしまい・・・

    20-0300 (7)
    まさかの準々決勝敗退。まじかぁ〜。


  • 「IWGPヘビー級王者のSANADAがまさかの敗退...」へのコメントはコチラから (0)
  • 武藤敬司の引退試合@東京ドーム

    12-0200 (1)
    3月12日のワールドプロレスリングで放送。

    12-0200 (2)

    12-0200 (3)
    で、武藤 VS 内藤が組まれたのだが・・・

    12-0200 (4)
    同日、その前哨戦に岡田 VS 清宮の遺恨戦が組まれた。が・・・

    12-0200 (5)
    オカダの圧勝。

    12-0200 (6)
    きょうは恐い顔してましたねー。

    12-0200 (7)
    さて、メインエベント。武藤敬司入場。

    12-0200 (8)
    武藤敬司の引退試合がスタート。

    12-0200 (9)
    相手は内藤哲也。

    12-0200 (10)
    武藤は蝶野正洋のSTF・・・

    12-0200 (11)
    橋本真也のジャンピングDDT・・・

    12-0200 (12)
    三沢光晴のエメラルドフロウジョン・・・

    12-0200 (13)
    そして武藤の得意な足4の字。

    12-0200 (14)
    シャイニングウィザードと、必殺技を繰り出すが・・・

    12-0200 (15)
    最後は内藤のデスティーノを食らい・・・

    12-0200 (16)
    3カウント。

    12-0200 (17)
    武藤敬司、天を仰ぐ。

    12-0200 (18)
    お疲れ様でした。


    お好きな方はこちらもどうぞ。


  • 「武藤敬司の引退試合@東京ドーム」へのコメントはコチラから (0)
  • オカダカズチカ、放送事故レベルでマジギレする

    05-0200 (12)
    1.21横浜アリーナで事件は起こった。

    05-0200 (2)
    オカダが稲村に技をかけているところに・・・

    05-0200 (4)
    清宮が死角から足の甲で顔面キック。

    05-0200 (6)
    これにブチ切れたオカダは清宮をメッタ打ち。
    こんなオカダ選手、初めて見たわ。

    05-0200 (8)
    試合にならないレベルで両者もみあったので・・・

    05-0200 (9)
    無効試合になりました。最近じゃ珍しいよね。


  • 「オカダカズチカ、放送事故レベルでマジギレする」へのコメントはコチラから (0)
  • ワールドプロレスリング 1.4東京ドーム

    05-0400 (1)
    さて、今夜は1.4東京ドームの試合。

    05-0400 (2)
    まずはジェイ・ホワイト VS オカダ・カズチカ。

    05-0400 (3)
    圧倒的にジェイのほうが戦績いいのよね。ジェイはオカダにとってまさに天敵。

    05-0400 (4)
    試合時間30分を過ぎてから。
    ジェイがオカダにレインメーカーを仕掛けるが、オカダがそれを・・・

    05-0400 (5)
    なんと、掟破りのブレードランナーで返す。

    05-0400 (6)
    ジェイはアタマからマットにのめり込んだ。

    05-0400 (7)
    弱ったジェイにレインメーカー。

    05-0400 (8)
    ジェイの体がくの字に。

    05-0400 (9)
    ここで3カウント。

    05-0400 (10)
    オカダ・カズチカが新王者に。

    05-0400 (11)
    今回、引退前の武藤敬二が新日マットは最後ということで・・・

    05-0400 (12)
    SANADAは武藤に容赦なくラウンディングボディープレス。

    05-0400 (13)
    武藤も月面水爆をお返ししようとするが、棚橋に膝に悪いと止められる。

    05-0400 (14)
    最後はBUSHIにシャイニング・ウィザートを決め、
    海野がデスライダーで仕上げ。

    05-0400 (15)
    武藤組の勝利。

    05-0400 (16)
    次はジュニアの4WAYマッチ。

    05-0400 (18)
    マスター・ワトが大活躍。
    レシエンテメンテ II でデスペラードを攻め込むも、
    石森がマーティー浅見レフェリーを場外へ引き込みカウントを妨害。
    しかしデスペラードはここで戦闘不能に。

    05-0400 (17)
    さらにワトはチャンピオンの石森にロックオン。
    石森のブラディ―クロスをかわし、レシエンテメンテ II で逆襲。
    3カウントは逃すも、石森は戦闘不能に。

    05-0400 (19)
    残ったヒロムに通天閣ジャーマン。

    05-0400 (20)
    レシエンテメンテ II をヒロムにかわされ、このタイミングで・・・

    05-0400 (21)
    タイムボム II に切り返される。

    05-0400 (22)
    3カウント入って高梁ヒロムが優勝。

    05-0400 (23)
    最後にウィル・オスプレイ VS ケニー・オメガ。

    05-0400 (24)
    4年ぶりに来日したケニー・オメガが衰えているかどうかがカギ。
    以前にも増してエグい攻めを執拗にするケニー。

    05-0400 (25)
    30分を過ぎてからも激しい攻防。
    オスプレイが至近距離からのヒドゥンブレードで攻めれば・・・

    05-0400 (26)
    ケニーはVトリガーで流れを変える。

    05-0400 (27)
    オスプレイのスーパーオスカッターで勝負あったかと思ったが、
    ケニーはカウント2で跳ね返す。

    05-0400 (28)
    そしてオスプレイはスタイルズクラッシュ。

    05-0400 (29)
    オメガはダルマ式ジャーマンで返す。

    05-0400 (30)
    しかし、続くカミゴェはオスプレイの動きを完全に止めた。

    05-0400 (31)
    最後はケニー必殺の片翼の天使。

    05-0400 (32)
    ゾンビ VS ゾンビのような凄惨な試合にピリオドを打った。

    05-0400 (33)
    しかしケニー・オメガは強かった。凄いね。
    そのうちオカダともやるんだろうけど…

    05-0400 (34)
    最後に、オカダが「1,2,3,ダー!」で終了。


  • 「ワールドプロレスリング 1.4東京ドーム」へのコメントはコチラから (0)
  • アントニオ猪木さん死去

    01-1639
    朝からネットニュースで既出ですが、猪木さん、お亡くなりになりました。
    晩年は難病を患っていましたからね。

    z (1)
    テレ朝で蔵出し映像流してましたね。
    カール・ゴッチのジャーマンスープレックスを受ける猪木。

    z (2)
    タイガー・ジェットシンとの遺恨試合を忘れられません。

    z (3)
    不沈艦スタン・ハンセンにお得意のコブラツイスト。

    z
    もちろん、ウエスタンラリアートの洗礼も受けました。

    z (4)
    引退時にはモハメッド・アリから花束が。

    z (5)
    猪木さん、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


  • 「アントニオ猪木さん死去」へのコメントはコチラから (2)
  • ☆この記事へ頂いたコメント☆

    1. Posted by ぎら   2022年10月04日 11:44
    我々の年少時代は新日本プロレス、全日本プロレスと共にあったと言っても過言ではなかったですね。故人の冥福を慎んでお祈り致します。

    2. Posted by 支配人♪   2022年10月04日 11:45
    > 我々の年少時代は新日本プロレス、
    > 全日本プロレスと共にあったと言っても過言ではなかったですね。
    猪木、馬場とツートップでした。
    でも猪木さんからすると、馬場さんは相当短命でしたね。

    7月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん♪
    みゃ〜♪
    にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫
へ ポチッとclickお願いします
    記事検索
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ
    JULY
     梅雨真っ只中、7月に入りました。ジメジメするし湿気が多いわで梅雨はイヤですね。梅雨が明けたら明けたで、猛暑が待っている。ホント夏ってイヤですよね。いいこと? ウニが美味しい季節くらいかな。
     先月6月末で決算を迎え、個人的に今月来月は忙しい季節です。う゛〜、仕事したくねぇ〜。なかなか前倒しで出来ない性格なので、毎度のこと徹夜を強いられます。
     今月も頑張って更新していきますので、ちーちくりん共々よろしくお願い申し上げます。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
    訪問者数♪

      累計アクセス
      • 今日:
      • 累計:

      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      最新コメント
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      所要時間
      金沢八景
      初台南〜幸浦 65min

      中華街
      初台南〜横浜公園 45min

      北浦和
      飯田橋〜浦和南 40min

      新木場
      西神田〜新木場 25min

      田園調布
      下道 30min

      五反田
      下道 25min

      瀬田
      下道 25min

      府中本町
      初台〜稲城
      30min

      越谷T
      下道4号
      45min

      昭和島
      西神田〜平和島
      出たら直進して
      右車線のスロープ
      30min
      タグ絞り込み検索