支配人のたららんな日々♪

某カメラ店のオーナーブログです。
普通、カメラ屋やってたら当然カメラの記事だろ!
って思いますよね。ほとんどカメラ記事書きません。
介護も一段落して、連日撮り鉄に没頭しております。
遊び人ブログですが、ゆっくりしておくれやす(#^.^#)

温泉

義父を連れて京王高尾山温泉・極楽湯へ

100
ご覧ください! この義父の満面の笑み!!
と言いたいところですが、お顔は伏せております。

02-0834 (3)
京王高尾山温泉へ。きょうはハイシーズンの入場料1,300円。

03-2103 (4)
長らく使用を中止していたうたた寝処ですが・・・

02-0834 (4)
やっと解放になりました。

02-0834 (6)
でわでわ。

00
連休中ではありますが、朝のうちはすいてます。

00
義父も大喜びでした。前から温泉入りたいって言ってたからね。

02-0834 (7)
わたくし、なぜか能登屋のタオルを使っております。


  • 「義父を連れて京王高尾山温泉・極楽湯へ」へのコメントはコチラから (0)
  • 朝風呂

    09-0730 (2)
    さて、朝食の前にひとっ風呂浴びます。

    09-0730 (3)
    内湯へ。

    09-0730 (4)
    露天風呂なんですが…

    09-0730 (5)
    雨降ってるからなぁ…

    09-0730 (6)
    09-0730 (7)
    09-0730 (8)
    09-0730 (9)
    しんどそう。

    09-0730 (10)
    09-0730 (11)
    色々なシャンプーあります。


  • 「朝風呂」へのコメントはコチラから (0)
  • つつじ荘の露天風呂へ

    08-2143 (1)
    さて、カラオケの後は温泉タイム。

    08-2143 (5)
    夜は24時まで入れます。

    09-0730 (5)
    露天風呂へ。

    08-2143 (2)

    08-2143 (3)

    08-2143 (4)
    貸し切りでゆっくりはいれました。


  • 「つつじ荘の露天風呂へ」へのコメントはコチラから (0)
  • つつじ荘の大浴場

    08-1524 (1)
    つつじ荘の大浴場です。

    08-1524 (2)
    ここが脱衣場。

    08-1524 (3)
    大浴場です。

    08-1524 (4)
    もちろん、温泉です。

    08-1524 (5)
    あ、、、ヘ(X_X ;)/


  • 「つつじ荘の大浴場」へのコメントはコチラから (0)
  • 最後に・・・

    23-0810
    最後にやっぱり白猿の湯に入ってきました。うん、何度入っても"いい湯"です。


  • 「最後に・・・」へのコメントはコチラから (0)
  • 藤三旅館 桂の湯 再び

    23-0752 (1)
    昨日入ったんですけど、桂の湯を再掲しなければなりません。

    23-0752 (2)
    はい、内湯です。

    23-0752 (3)
    内湯の向うに露天があって・・・

    23-0752 (4)
    こういう状態。

    23-0752 (6)
    昨夜は露天風呂の周囲が真っ暗でしたけど・・・

    23-0752 (5)
    昼間はこんな感じです。

    23-0752 (7)
    そして、大事な物を見落としていました。

    23-0752 (8)
    画面右下、分かりますか?

    23-0752 (9)
    そう、もう1つ湯船があったのです。

    23-0752 (10)
    ここ、いいっすねー。

    23-0752 (11)
    豊沢川の清流との一体感がたまらないです。

    23-0752 (12)
    写真で伝わりますかね。

    23-0752 (13)
    この露天風呂も野趣があっていいですね。オススメです。


  • 「藤三旅館 桂の湯 再び」へのコメントはコチラから (0)
  • 藤三旅館 白猿の湯

    23-0010 (1)
    さて、お待ちかね、白猿の湯です。

    23-0010 (2)
    ここは24時前は誰かしら入っていて、なかなか撮影チャンスは無いです。
    フロントに一声かけると、誰も居ないのを確認してから撮って下さいとのこと。
     
    23-0010 (3)
    対角線に2つの階段があって、下に降りて行きます。
    写真で分かる通り、脱衣所も対角線に2つあります。
    バリアフリーなんてクソ喰らえ的ですけど、それが素晴らしい。
    (バリアフリーは貸切の銀の湯で対応)
     
    23-0010 (4)

    23-0010 (5)
    手前には水風呂。以前、こんなのあったっけ? ちょっと思い出せない。

    23-0010 (6)
    藤三旅館さんの立ち湯、本当にいい温泉です。
    前回来たときも良かったって思いましたが、
    再訪して改めて良かったと感じました。
    この空間、不思議なオーラがあって、とても惹きつけるものがあります。
    なんかパワースポット的なものを強く感じます。
    たぶん、生きているうちにまた行くとは思います。

    23-0010 (7)
    右上に浅瀬がありますから、背の低い方はここに入れば。
    身長140cmくらいでも充分対応できます。

    23-0010 (8)

    23-0010 (9)

    23-0010 (10)

    23-0010 (11)

    23-0010 (12)

    23-0010 (13)

    23-0010 (14)
    36年前と変らない風貌です。

    23-0010 (15)
    この澄んだ透明度が凄い。まあ混浴だとむしろこれが辛いけど。

    23-0010 (16)
    常にこうやって湯船からジャージャーお湯が流れ出ております。
    そう、ガチでかけ流しなんです。ポンプで源泉を引いてるんじゃなくて、
    この湯船の底から新しいお湯が湧き出て、
    湯が酸化せず常にフレッシュなのはもちろん、
    古いお湯と常に入れ替わるので衛生面でも理想的です。

    23-0010 (17)
    浴槽内に浸かるのは連続して5分以内が理想なんだと。

    このお湯は「女性専用」または「混浴」のいずれかであり、
    「男性専用」の時間帯はありません。
    ちなみに、今回の宿泊で3回このお湯に浸かりましたが、
    3回共に若い女性が入ってきました。もちろんカップルで。
    さすがに独りはきっついですよね。
    湯船にタオル入れるのは禁止なんで、基本は全裸。
    うわぁ〜、チャレンジャーだなぁ〜って思いました。
    もちろん、なるべくそちらに視線を持っていかないように
    極力配慮しましたけど、中にはガン見している人もいましたね。
    夜遅い時間だと利用者も少ないのですが、
    18時前後に入ってきたカップルもいて、
    さすがに彼氏は配慮が無いなって思いました。
    自分だったら誰もいない時まで待ってから連れと混浴して、
    誰か入ってきたらバスタオルでサポートして、すぐ浴衣で隠してあげるかな。

    とにかくいいお湯です。是非お出掛け下さい。


  • 「藤三旅館 白猿の湯」へのコメントはコチラから (0)
  • 藤三旅館 桂の湯

    22-2330 (1)
    これから桂の湯へ。

    22-2330 (2)
    桂の湯は常に男湯・女湯と分離されているので、
    時間割による入室制限は無くいつでも入れますが、
    朝9時半(チェックアウト30分前)から清掃入ります。

    22-2330 (3)
    入ってすぐがドレッサー。

    22-2330 (4)
    左に進むと脱衣所。

    22-2330 (5)
    これが内湯です。右側のガラスの向うに露天がうっすら見えます。

    22-2330 (6)
    これが露天風呂。夜は眺望が真っ暗です。


  • 「藤三旅館 桂の湯」へのコメントはコチラから (0)
  • 藤三旅館 白糸の湯・銀の湯

    22-1711 (1)
    以前は無かったお湯ですね。

    22-1711 (2)
    白糸の湯・銀の湯です。

    22-1711 (3)
    左が白糸の湯、右が銀の湯。

    22-1711 (4)
    まず、白糸の湯から。

    22-1711 (5)
    男湯タイムです。

    22-1711 (6)
    脱衣所。

    22-1711 (7)
    これが湯船。左側は水風呂、そして見えないけど左奥にサウナ。

    22-1711 (8)
    こんどは銀の湯。フロントで鍵を借ります。

    22-1711 (9)
    ちょっと入ってみます。

    22-1711 (10)
    小さな湯船です。

    22-1711 (11)
    湯温がめちゃくちゃ熱かった。

    22-1711 (12)
    外は涼しい。

    22-1711 (13)
    露天じゃないけど雪見風呂です。

    22-1711 (14)
    現場からは以上です。


  • 「藤三旅館 白糸の湯・銀の湯」へのコメントはコチラから (0)
  • 最後に洞窟風呂に入ります@銀山温泉能登屋

    21-1605 (3)
    あら、入浴中。

    21-1455 (18)
    一旦部屋に戻りました。
    フロントに空いたら電話下さいってお願いした。

    21-1605 (1)
    やっと空いた。チェックアウトまで1時間、ちょっとだけカツい。

    22-0900 (1)
    洞窟風呂へ。

    22-0900 (2)
    昨日よりちょっと湯温高め。

    22-0900 (3)
    ここ独り占めはめっちゃ極楽。


  • 「最後に洞窟風呂に入ります@銀山温泉能登屋」へのコメントはコチラから (0)
  • 銀山温泉 能登屋の大浴場と露天風呂

    21-1646 (1)
    さて、新館白銀の4階にある大浴場。

    21-1646 (2)
    入ってみます。

    21-1646 (3)
    脱衣所。

    21-1646 (4)
    浴室です。ここは仕切りもあって体を洗うのに便利です。

    21-1646 (5)
    内風呂。

    21-1646 (6)
    内風呂の向うに露天風呂が見えますね。

    21-1646 (7)
    これが露天風呂。いいとこ3人。3、4人も入ったら息苦しいかもです。

    21-1646 (8)
    露天風呂からの眺めです。


  • 「銀山温泉 能登屋の大浴場と露天風呂」へのコメントはコチラから (0)
  • 銀山温泉 能登屋の展望露天風呂(冬季閉鎖中)

    21-1610 (1)
    さて、能登屋で気になる展望露天風呂。

    21-1610 (2)
    冬季は閉鎖中なんだけどね。でも、気になります。

    21-1610 (3)
    閉鎖中なんですが、通路の施錠はされていないようです。

    21-1610 (4)
    最初はこんな階段を上がります。

    21-1610 (5)
    さらにこの扉の向うへ。

    21-1610 (6)
    この扉も開きますね。

    21-1610 (7)
    また階段。

    21-1610 (8)
    よっこらしょ。

    21-1610 (9)
    この上か。

    21-1610 (10)
    ここまで82段あります。外に出られます。

    21-1610 (11)
    外はこんな感じ。

    21-1610 (12)
    あれが露天風呂の小屋です。

    21-1610 (13)
    途中、除雪しないと進めません。それに小屋は施錠されています。
    仲居さんに聞いたら、冬季はお湯は抜いたままなんだと。

    21-1610 (14)
    露天っちゃ〜露天だけど、屋根付きで目隠しあるから、
    それほどの開放感は無さそうあなぁ。。。と思いきや・・・

    xx
    あ、悪くないですね。(能登屋さんオフィシャルから)


  • 「銀山温泉 能登屋の展望露天風呂(冬季閉鎖中)」へのコメントはコチラから (0)
  • 銀山温泉 能登屋の洞窟風呂

    21-1605 (1)
    フロント左脇にある洞窟風呂の入口。

    21-1605 (2)
    貸し切りに出来ます。

    21-1605 (3)
    札をひっくり返して…  いざ、参らん!

    21-1605 (4)
    ここが脱衣所。

    21-1605 (5)
    アメニティ。

    21-1605 (6)
    洞窟風呂への仕切り扉。

    21-1605 (7)
    少しモワッとしてます。

    21-1605 (8)
    おぉ〜。

    21-1605 (9)

    21-1605 (10)

    21-1605 (11)
    反対側から。奥に降りてきた階段が見えますね。

    21-1605 (12)

    21-1605 (13)
    水は出るようですが、洗い場として推奨されてません。
    (シャンプー、石鹸類は大浴場で使ってね)

    21-1605 (14)
    源泉かけ流し。また湯温がちょうどいいのだ。

    21-1605 (9)
    洞窟風呂、サイコーです。野趣溢れるし、貸し切りだし。
    家族やカップルで利用出来ますからね。


  • 「銀山温泉 能登屋の洞窟風呂」へのコメントはコチラから (0)
  • 銀山温泉に到着

    21-1444 (1)
    さて、まもなく銀山温泉です。

    21-1444 (2)
    あ・・・

    21-1444 (3)
    銀山観光センター 大正ろまん館です。
    銀山の入口にあります、関所的な感じですかね。

    21-1444 (4)
    続いて左手に銀山荘。

    21-1444 (5)
    ここも高級旅館です。

    21-1444 (6)
    でも、やっぱ銀山温泉といえば能登屋旅館一択。
    第1駐車場にクルマを入れます。ここからは徒歩で向かいます。

    21-1444 (7)
    能登屋第1駐車場を出るとこんな感じ。

    21-1444 (8)
    しろがねばしを渡ります。

    21-1444 (9)
    これが銀山マップ。銀山温泉周辺地図です。

    21-1444 (10)
    ようこそ銀山温泉へ。

    21-1444 (11)
    あ、足湯かな。

    21-1444 (12)

    21-1444 (13)
    源泉が沸いてますね。

    21-1444 (14)
    いい雰囲気です。
    連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなりましたね。

    21-1444 (15)
    ここ、ライブカメラの位置です。


    ここですね。

    21-1444 (16)
    能登屋旅館に到着。36年前から憧れていた念願の宿泊です。


  • 「銀山温泉に到着」へのコメントはコチラから (0)
  • 朝風呂@光明神々温泉(人工)

    27-0828 (1)
    チェックアウトまで90分あるので、朝風呂へ。
    昨夜と湯舟が逆転しています。

    27-0828 (2)
    今朝の男湯はかもめの湯。

    27-0828 (4)
    昨夜のさけの湯よりちょっと狭いかな。

    27-0828 (5)
    なるほど。さけの湯は便所に男子小用があったのですが、
    こちらは個室のみ。もともと女湯用に設計されています。

    27-0828 (6)
    浴槽もちょっと狭い。

    27-0828 (7)
    外は大雪。

    27-0828 (8)
    露天風呂です。

    27-0828 (9)
    猛吹雪なんですけど、なかなかスマホじゃ分からんのです。

    27-0828 (10)
    これならお分かりいただけますか? ブリザードです。
    風呂の上に屋根はありますが、めっちゃ吹き込んでくる。

    27-0828 (11)
    女湯のほうも・・・

    27-0828 (12)
    同じく人工温泉です。


  • 「朝風呂@光明神々温泉(人工)」へのコメントはコチラから (0)
  • 6月のちーちくりん♪♪
    ちーちくりん
    今月もヨロシク♪
    記事検索
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ
    ろくがつ
     もう6月。日中はなかなか暑いですよね。でも、日没後になるとちょっと冷える。微妙な気候ですね。
     最近、撮り鉄の頻度がかなり落ちてて、、、少し真面目に撮らないといけませんね。
     今月もちーちくりん共々よろしくお願い致します。
    わたしのお店♪
    コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!

    ネットショップ フォトベルゼへようこそ!
    訪問者数♪

      累計アクセス
      • 今日:
      • 累計:

      最新コメント
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      GPV
      ゴミの日
      戸山

      若松

      集荷時刻
      post
      post (1)

      post (2)

      post (3)
      所要時間
      金沢八景
      初台南〜幸浦 65min

      中華街
      初台南〜横浜公園 45min

      北浦和
      飯田橋〜浦和南 40min

      新木場
      西神田〜新木場 25min

      田園調布
      下道 30min

      五反田
      下道 25min

      瀬田
      下道 25min

      府中本町
      初台〜稲城
      30min

      越谷T
      下道4号
      45min

      昭和島
      西神田〜平和島
      出たら直進して
      右車線のスロープ
      30min
      苦手なもの
      x
      ドア位置
      x
      カテゴリ♪
      外為 / 日経平均

      QRコード
      QRコード
      タグ絞り込み検索